節約は固定費から

節約は固定費からあなたは月にどれぐらいの通信費を支払っているだろうか?

携帯代に7000円、家のパソコンに3800円・・・という方は多い。節約をする上で最も大切なのが固定費の削減なので、通信費が高い方は必ず見直してほしい。

今回は、プロバイダの乗り換えキャンペーンを賢く活用する節約術を紹介する。

 

プロバイダを見直す

プロバイダを見直すまず、プロバイダとは、インターネット接続業者のことだ。

例えば、あなたがNTTフレッツ光のインターネットを利用しているとする。この場合、NTTと契約するのと同時に、プロバイダとも契約をする必要がある。

プロバイダに月額料金900円、フレッツ光の利用料に2700円で、合計3800円とする。プロバイダを見直す場合、フレッツ光を使っていることには変わりが無いので、通信速度や使い勝手は変わらない。

例えば、プロバイダを楽天ブロードバンドに見直すとする。楽天ブロードバンドでは、最初の1年間がプロバイダ料金無料キャンペーンを開催しているため、900円×12ヶ月=10800円が節約できる。

フレッツ光を使い続けるため、工事も必要ない。契約の変更手続きをするだけで、1万円以上の節約になるのだ。

 


乗り換えをする場合の注意

乗り換えをする場合の注意プロバイダの乗り換えキャンペーンを利用する場合、注意してほしいのは現在の契約だ。プロバイダを解約する場合、一定の期間が過ぎる前に解約すると違約金が発生する場合がある。

この仕組みは携帯電話と同じだ。1年縛りや2年縛りが存在するので、契約の期間を確認しよう。

また、解約を急ぐとインターネットを使えない期間が発生してしまう。新しくプロバイダに入る場合、いつから入れるのかを確認して今までのプロバイダを解約しよう。

 

プロバイダを比較する

プロバイダを比較するプロバイダを比較する場合は、比較サイトで探すのが効率的だ。「ブロードバンドサービス徹底比較サイト」を使えば、あなたの地域でどのプロバイダが一番安いかがすぐに分かる。

フリーダイヤルで無料相談も受け付けており、あなたに合ったプロバイダを紹介してくれる。各プロバイダの乗り換えキャンペーンをチェックして、通信費を削減しよう。

「ブロードバンドサービス徹底比較サイト」はコチラから

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ