マネーフォワードはReceRecoでさらに便利に!

マネーフォワードはReceRecoでさらに便利に!あなたが節約をしたいのであれば、家計簿を付けるのは必須だ。

家計簿を付けることで、初めて家計の無駄が分かる。しかし、家計簿を付けるのは面倒なので、挫折した経験がある人も多い。

そこで、節約部でオススメしているのが、自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」だ。また、マネーフォワードに「ReceReco」(レシレコ)というレシート自動読み取りアプリを連携すれば、さらに便利になる。

今回は、「ReceReco」(レシレコ)と「マネーフォワード」の連携について詳しく解説していく。




 

マネーフォワードのメリット

マネーフォワードのメリットまずは、マネーフォワードのメリットを詳しく解説していく。

「自動家計簿サービスって何?」と思う方も多いだろう。自動家計簿サービスとは、銀行・クレジットカード・証券会社などの情報を登録しておくと、利用履歴を全て一括管理ができるサービスだ。

今まで自分が口座を持っている銀行や証券会社にログインをして、利用履歴を家計簿に記載していた方も多いと思う。マネーフォワードは利用履歴を自動で割り振ってくれるので、手間が全く掛からない。

例えば、水道代3,500円が銀行から引き落とされていたとすると、勝手に「光熱費(水道代)」に割り振られて、家計簿が入力される。

クレジットカードの利用履歴も全て割り振ってくれるので、可能な限りクレジットカード払いにすると自動で家計簿が付けられるのだ。

例えば、今までクレジットカード2枚を使い、送られてくる明細を自分で家計簿に記載していた方は、マネーフォワードに切り替えることで劇的な時間の節約に繋がるだろう。

利用履歴の割り振りは正確で無い場合もある。例えば、コンビニではほとんど食品しか買わなかったとしても、勝手に食費には割り振られない。

しかし、割り振りは自分で修正することができ、修正した内容をマネーフォワードが記憶してくれる。次回以降は、コンビニで購入した場合も「食費」に割り振られるのだ。

↓マネーフォワードの詳細は下記の記事をチェック
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス

 


「ReceReco」(レシレコ)でさらに便利に!

「ReceReco」(レシレコ)でさらに便利に!マネーフォワードを利用すれば、あなたが何もしなくてもほぼ自動で家計簿を作成することが可能だ。

しかし、欠点が2つある。「現金は自分で入力する」「細かい分類ができない」ことだ。

当たり前だが、現金を使った際には自分でマネーフォワードに入力する必要がある。また、スーパーで日用品と食品を買った場合も、全て「食費」もしくは「日用品」で自動分類されてしまうのだ。

その2つの欠点を改善してくれるのが「ReceReco」だ。ReceRecoのアプリでレシートを撮影すれば、マネーフォワードと連携が可能なので自動で家計簿に追加してくれる。

この方法であれば、現金購入の入力や細かい分類も可能だ。スーパーでクレジットカード購入し、レシートを撮影した場合は家計簿に二重計上されてしまうが、購入履歴から片方を削除してしまえば問題ない。

 

「ReceReco」(レシレコ)の読み取りは優秀!

「ReceReco」(レシレコ)の読み取りは優秀!「ReceReco」の読み取り能力はとても優秀だ。一瞬で読み取り、解析度も素晴らしい。

稀に読み違いもあるが、細部だけ手書き修正すれば問題ない。カメラで撮影するだけで、品目・値段・購入日時・購入場所などが自動で割り振られる。

マネーフォワードとReceRecoを組み合わせれば、家計簿に挫折することはない。細かい部分まで家計簿を付けたい方は、ぜひReceRecoと連携してみよう。

↓マネーフォワードの詳細
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス

「ReceReco」の公式ページはコチラから

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ