臨時出費は予算化することが重要

臨時出費は予算化することが重要「毎月3万円貯金しよう!」と目標を立てても、臨時出費が重なり貯金できないという方が多いです。

「友人の結婚式があったから」「病院に行ったから」「車検だったから」といった理由で、毎月の貯金が削られていきます。結局お金が貯まらない典型的なパターンです。

そこでオススメなのが、「臨時出費の年間予算を立てること」です。年間で臨時出費を想定しておき、別に管理をすることで家計の管理がしやすくなります。

今回は、把握しておくべき臨時出費について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

把握しておくべき臨時出費8選

把握しておくべき臨時出費8選臨時出費の年間予算を計画するには、どのような出費が発生するかを考えましょう。一般的な臨時出費を挙げていきます。
 
 
・プレゼント代
誕生日・父の日・母の日・クリスマス・記念日・バレンタイン・新築祝い・結婚祝いなど、様々なプレゼントがあります。ざっくりと見積もっておき、多めに別貯金として貯めましょう。

・病院代
病院や薬代も年間で考えると高いです。予算に入れておきましょう。

・車
車検やタイヤの交換など、臨時出費が多いのが車です。年間の維持費はある程度計算できるので、年額を算出して毎月積み立てておきましょう。

・冠婚葬祭
慶弔費やご祝儀なども大きな出費です。

・旅行
旅行の費用は少しずつ貯めておきましょう。予算化して目標を持って貯めると、モチベーションアップにもなります。

・家
固定資産税・将来掛かるリフォーム・家具や家電など、大きな出費となります。毎月積み立てておきましょう。

・帰省
毎年遠い実家に帰る方は、帰省費用も必要となります。

・教育費
子供の入学金や教科書・制服など、急にお金が必要になるタイミングがあります。

 

多めに見積もっておくことが重要

多めに見積もっておくことが重要臨時出費を予算立てする中で重要なのは、多めに見積もっておくことです。

多めに取っておいて使わなければ、貯金に回せばいいだけです。もしくは、来年は予算以上の臨時出費があるかもしれないので、持ち越ししておきましょう。

臨時出費を予算化しておけば、家計簿の管理が楽になります。ぜひ実践してみてください。