財布を開く回数を減らす

財布を開く回数を減らす「あなたは1日に何回財布を開いていますか?」

この問いに答えられない人は意外に多い。お金を貯められない人の典型的な特徴だ。

あなたが節約をしてお金を貯めたいのであれば、必要なことは大きく分けて2点だ。

①クレジットカードや銀行口座を変更して、お金が自動的に貯まるようにする。

②お金への意識を変える

今回は、②の「お金への意識を変える」ことの1つの方法として、財布を開く回数を減らすことを解説する。


 

支出への意識が低いと、財布を開ける回数が増える

あなたが節約生活をしたいのであれば、財布を開ける回数は1日に1~2回までにするべきだ。

「出勤前にセブンでコーヒーを買って、駅で新聞を買う。昼ごはんはそばを食べて、そのあと自動販売機でジュースを買って、、、」という方は、当たり前だがお金は貯まらない。

何か欲しいものがあった時、無意識に財布を開いてしまっているのだ。こういった方は、携帯代・保険料・光熱費といった本来節約できるお金にも無頓着だ。

節約への第一歩として、財布を開ける回数に制限を付けてみてはいかがだろうか?

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ