都内で格安シェアハウスなら「STEP CLOUD」(ステップクラウド)がオススメ!

1

「都内で暮らしたいけどお金が無い」という方へ。都内でも家賃3万円から住むことができるシェアハウスを紹介します。

家賃が安いだけではありません。敷金・礼金・仲介手数料は不要となっており、水道代・光熱費・ネット・共益費も全て込みの金額となります。家具家電も付いており、部屋も綺麗で個室・鍵付きなので、セキュリティも心配ありません。

今回は、都内で格安シェアハウスを展開している「STEP CLOUD」(ステップクラウド)を紹介します。




STEP CLOUD(ステップクラウド)とは?

2

「STEP CLOUD」(ステップクラウド)は、都内各所でシェアハウスを展開している株式会社スマートデイズのシリーズです。

特徴としては、初期費用が保証料の1万円のみという点です。引っ越す時にネックになるのが初期費用となっており、家賃5ヶ月分程度が必要となります。すぐに貯まる金額ではありませんね。

ステップクラウドのシェアハウスであれば、トランク1つで入居することが可能です。部屋・共用スペースはとても綺麗です。

 


シェアハウスのメリット5選

Exif_JPEG_PICTURE

「シェアハウスてプライバシーがなさそう」「セキュリティは大丈夫?」といった疑問もたくさんあるかと思います。まずは、シェアハウスのメリットについて詳しく解説します。
 
 
家賃が安い

最も大きなメリットとしては、やはり家賃の安さでしょう。都内で同じくらいの1ルームに住む場合でも、半額〜2/3程度の安さに抑えられます。
 
 
光熱費込み

シェアハウスが安くなっている理由として、光熱費を全員で分担できることです。1人暮らしをするよりも光熱費がはるかに安くなるので、安い家賃を設定できるのです。
 
 
人との出会いがある

シェアハウスに住む人は、人との関わりが好きな人が多いです。色々な人との出会いがあり、仲良くなりやすいのがシェアハウスの特徴です。中には恋人が出来たり、結婚する人もいます。
 
 
防犯面でも安心

同じ家に他の人も住んでいるため、一人暮らしよりも防犯面で安心です。帰ったら誰かいるという安心感も大きいです。
 
 
生活リズムが乱れにくい

シェアハウスに住むと、他の人も生活しています。一人暮らしをするとダラダラと過ごしがちですが、誰かいると不思議とダラダラしなくなるものです。

 

シェアハウスのデメリット3選

4

次に、シェアハウスのデメリットを詳しく紹介します。
 
 
プライバシーの問題

シェアハウスは鍵付きの個室が用意されますが、リビングやトイレは共用です。また、家を出る時などは音で分かるので、そういった状況が苦手な方にはオススメしません。
 
 
生活パターンがバラバラ

赤の他人と一緒に住むため、生活パターンはバラバラです。中には夜勤の人もいるので、音が気になってしまうかもしれません。生活パターンが違うと、生活リズムが崩される可能性もあります。
 
 
共用スペースの時間がかぶる

トイレやお風呂の時間がかぶってしまうと、ストレスですね。朝急いでいる時などは、はがゆい思いをすることになります。

これは仕方のないことですが、朝は駅のトイレを使うようにするなど工夫が必要です。

 

それでも格安すぎるシェアハウス

5

シェアハウスにはデメリットもあるものの、都内で初期費用が掛からず格安で住めるのは大きなメリットです。

シェアハウスで家賃を大きく抑えることで、他の趣味に回すことができます。住んでいる人たちにも左右されますが、友達を作るにもいい環境です。

都内各所に展開しているので、一度部屋をチェックしてみてください。

シェアハウス「ステップクラウド」の公式ページはコチラから