格安スマホを契約する上で知っておくべき「白ロム端末」

格安スマホを契約する上で知っておくべき「白ロム端末」「携帯代を安くしたいけど、今までiPhoneを使っていて慣れてるから変えたくない」という人は多いです。

楽天モバイルやイオンモバイルなど、端末と一緒に購入できるものの最新のiPhoneは販売されていません。格安の端末が販売されています。

そこでオススメなのが「白ロム端末」です。私も白ロム端末で格安SIMと契約していますが、使い勝手は大手キャリアと全く変わりません。詳しく解説していきます。




 

白ロム端末とSIMフリー端末の違いとは?

白ロム端末とSIMフリー端末の違いとは?白ロム端末とは、docomo・ソフトバンク・auなどで販売されたスマホで、SIMカードを抜いた状態の商品です。

消費者が一度買った端末なので、取り扱い上は中古品となります。しかし、全く使っていない白ロム端末も数多く展開されています。

主に白ロム専門店で展開されており、新品にも関わらず定価の半額程度で買えることも多いです。

対してSIMフリー端末とは、どのキャリアのSIMカードも使える端末です。

例えば、docomoで購入した端末は、docomoのSIMカードしか使えないように設定されています。対してSIMフリー端末は、どのSIMカードも使用可能なのです。

様々なSIMカードが使える反面、価格は白ロム端末と比べてかなり高く設定されています。

 


白ロム端末のメリット2選

白ロム端末のメリット2選まずは、白ロム端末を購入する上でのメリットを紹介します。
 
 
高機能な機種が格安で購入できる

白ロム端末で一番のメリットは、新品・未使用の高機能な端末を安く購入できることです。

なぜ格安になっているのか?それは、大手キャリアのキャンペーンで端末が格安で販売されることがあるためです。

例えば、iPhone6sが発売された時には、iPhone6は一括0円になるなど格安で販売されました。

このキャンペーンを利用して、iPhone6を契約しすぐに売ってしまう人が出てきます。このような端末が白ロム端末として販売されます。

白ロム端末の価格は、キャンペーンで投げ売りされた端末ほど安くなっています。
 
 
格安SIMが利用できる

白ロム端末を購入する理由は、格安SIMが使えるためです。

ほとんどの格安SIMは、docomoの電波を借りて運用しています。docomoの電波を借りている格安SIMの会社であれば、docomoの白ロム端末を購入すればSIMカードを差してそのまま使用することが可能なのです。

また、auから電波を借りているSIMカードの場合、auの白ロム端末でそのまま使用することが出来ます。しかし、こちらはSIMロック解除が必要なケースがあります。

この場合も、白ロム専門店ではSIMロック解除をした状態で売られていることがほとんどなので、心配いりません。

 

白ロム端末のデメリット2選

白ロム端末のデメリット2選次に、白ロム端末のデメリットを2つ紹介します。
 
 
通信不能状態になるケースがある

白ロム端末の場合、スマホが通信不能状態となるケースがあります。このような状態を「赤ロム」といいます。

通信不能状態になる理由は、購入して転売した人が利用料を払わなくなるためです。月々の支払いで端末代を支払う契約では、支払いが滞ると端末が使えなくなります。

白ロム専門店では、「ネットワーク利用制限△」という記載がされています。使えなくなる可能性はかなり低いですが、赤ロムになった場合に返品・交換ができるお店で購入しましょう。
 
 
テザリングが出来ない場合がある

テザリングとは、スマホの通信でパソコンやタブレットを使用することです。大手キャリアでは必ずテザリングが出来ますが、白ロム端末で格安SIMと契約する場合にはテザリングが出来ない場合があります。

例えば、DMMモバイルの場合、iPhoneではテザリングが可能ですが、アンドロイドではテザリングが不可となっています。契約する格安SIMのホームページで詳細の記載があるので、必ずチェックしましょう。

 

オススメの白ロム端末

オススメの白ロム端末私がオススメする白ロム端末を紹介します。2017年1月25日の情報なので、詳しくは白ロム専門店の価格を確認してください。
 
 
・iPhone6s 16GB

iPhoneの1世代前であるiPhone6sは、税込62,800円で販売されています。

24ヶ月使用したと仮定すると、月2,616円となります。格安SIMが月々1,910円(通話+5GB)の場合、月に4,526円で運用できることになります。

iPhone6sが使えるにも関わらず大手キャリアよりも圧倒的に安く、契約の2年縛りもありません。
 
 
・iPhone6 Plus 16GB

もう1世代前で大画面のiPhone6 Plusは、税込47,800円です。月々1,991円と格安です。

最近のiPhoneは最新版と大きな差が無いため、大画面がいい人はiPhone6 Plusをオススメします。
 
 
・GALAXY S6

おサイフケータイ・指紋認証・ワイヤレス充電に対応しており、容量も32GBあります。カメラも1,600万画素となり、処理速度などもスマホの中で最上級の機種です。

税込47,800円なので、月々の支払いは1,991円です。
 
 
このように、SIMフリー端末で購入するよりも、白ロム端末はかなり格安です。半額程度になる機種が多いです。

 

白ロムの購入は「イオシス」がオススメ

白ロムの購入は「イオシス」がオススメ白ロム端末の専門店は「イオシス」がオススメです。

その他に有名なお店だと「ムスビー」や「ダイワンテレコム」というお店があります。また、Amazonやヤフオクでも購入することができます。

しかし、Amazonやヤフオクの場合、白ロム端末が赤ロム状態になった場合の保証が受けられるかどうか分かりません。白ロム端末を購入する時は、可能性としては低いものの赤ロムになった時の保証は必ず必要です。

イオシスは他の専門店に比べ、価格が安く品揃えも圧倒的に豊富です。また、秋葉原など実店舗も展開しているので、安心感があります。赤ロムになった場合、すぐに交換もしくは返金が受けられます。

私も過去2回イオシスから購入していますが、対応が良く故障したこともありません。SIMフリー端末を購入するよりも圧倒的に安いので、ぜひ検討してみてください!

「イオシス」の公式サイトはコチラから