食費を圧倒的に節約するために|スーパーでの買い物術3選あなたが普段行っているスーパーでは、実はあまり知られていない節約術がたくさんある。

節約術といっても、お買い得になる時間帯を狙ったり、5%OFFや冷凍食品半額の日に行くといった内容ではない。

いつスーパーに行っても常に割引が受けられる方法を今回は3つ紹介する。




 

イオンでの食費節約術

イオンでの食費節約術イオンで毎日の食材を買っている方は多いが、きちんと節約できているだろうか?

イオンで買い物をする場合、株主優待のオーナーズカードを持つとお得だ。

約13万円の株を保有すると、半年間で100万円まで使える3%キャッシュバックできるカードがもらえる。最大限使えば3万円だ。

3%キャッシュバックを利用しても、カード払い・WAON2倍・ときめきポイントセールとの併用が可能だ。もちろん、20日・30日5%OFFとも併用できる。

また、株主優待オーナーズカードを持っていると、イオンラウンジも使える。最大4名様が利用できて、コーヒー・お茶・ジュースがセルフサービスで飲み放題になっている。1組30分までだが、タダなのでカフェに行くよりも良い。

専門店でも割引を受けられる。一部店舗でカードを見せると割引が受けられるので、ぜひチェックしてみよう。

 

イトーヨーカドーで安く買う方法

イトーヨーカドーで安く買う方法イトーヨーカドーでは「8」のつく日がお得だ。電子マネー「nanaco」で8のつく日(8日、18日、28日)は、食料品・衣料品・住まいの品が5%OFFになる。nanacoで決裁すると常に1%分のポイントが付くので、それに加えて5%OFFはお得だ。

また、nanacoにチャージする場合には、クレジットカードを利用するとさらにお得になる。「漢方スタイルクラブカード|還元率1.75%の最強カード徹底紹介」でも紹介した、nanacoとの連携だ。漢方スタイルクラブカードでチャージをすると、クレジットカードのポイントが1.75%貯まる。さらにnanaco決裁をすることで、1%分のポイントがもらえるので、還元率は2.75%となる。

nanacoカードは、国民年金、国民健康保険、固定資産税などの税金を払うことができる。nanacoポイントは付かないが、クレジットカード分の1.75%がポイント還元されるので、自営業の方は必ず活用しよう。

8のつく日は、nanacoカードを無料(通常300円)で発行できるのも、覚えておこう。

 


ダイエーで安く買う方法

ダイエーで安く買う方法ダイエーもイオン同様に、株主優待を必ず活用するべきだ。日曜日はOCMカード利用で5%OFFを実施しているが、株主優待カードを持つことで、毎日5%OFFを受けられる。

また、イオンは自分で株を買って本人のみ使用できる物だが、ダイエーは他の人が買った株主優待を使用することができる。

株主優待はオークションに多数出品させれている。割引の上限金額によって価格は違うが、とても安く買うことができる。

 

まとめ

まとめ以前「食費を節約するためにあなたが必ず読むべき記事7選」という記事を書いた。この記事は食費を節約するためのレシピやまとめ買いなどの節約術だ。

今回は食材を削ったりまとめ買いをするということではなく、我慢せずに継続して割引が受けられる節約術だ。カードを作ったり株主優待を買うのは面倒だが、最初が面倒なだけでずっと割引が受けられる。

あなたが使っているスーパーがあれば、積み重ねるとかなりの節約になる。必ず使いこなそう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ