お金を使わない生活をしよう

1

お金が貯まる人は、貯まらない人に比べるとお金を使う頻度が圧倒的に少ないです。

価値があると思うものは惜しみませんが、無駄な物は安くても買うことがありません。例えば、コンビニで体に悪いお菓子にお金を出すことはないのです。

お金を使わない生活ができれば、必ずお金が貯まるようになります。今回は、お金を使わない生活について、詳しく解説していきます。




お金を使わない人が心がけていること5選

2

お金を使わないと生活をしている方は、下記のようなことを心がけています。
 
 
・服にお金をかけない

お金を使わない生活をしている方は、服に無駄なお金はかけません。

定番で持っておくべき物を揃えて、高頻度に着ないけど持っておきたい流行の物は、メルカリやネット販売などで安く購入します。

また、アウターなど高頻度で着る物にはある程度お金をかけます。安い物はすぐにダメになってしまうことを知っているからです。

服を買うときには、本当にコスパが良いかどうか考えて購入しましょう。セールで半額になっていた服を10回着るのと、定価で20回着るのであれば価値は同じです。
 
 
・飲食にお金を使わない

外食が多かったり、コンビニに行く回数が多い方はお金が貯まりません。

お金を使わない生活をしたければ、飲食にはお金をかけるべきではありません。現代人は基本的に食べすぎなので、食べる量を少しずつ減らすと体調も良くなります、

特に飲み物に掛かるお金は無駄です。ファストフード店も、利益率が高いのは圧倒的にドリンクなのです。
 
 
・浪費をしない

費用対効果の少ない「浪費」は、やめたくてもなかなかやめられません。

甘いものが好きな人は、体に悪いと思っても食べてしまうのです。

お金を使わない生活をする人は、とにかく浪費が少ないです。コンビニでお菓子を買うのではなく、お腹が空いたら持ってきたバナナを食べるなど、お金を使わずお菓子よりも健康的なものを食べます。

お金を使うときに「これは浪費になるかどうか」を考える癖をつけましょう。
 
 
・複数の口座を使い分けている

お金を使わない生活をしている人は、家計のお金の流れを把握しています。

お金の流れを把握している人は、必ず銀行口座を複数に分けています。生活費用・教育費用・臨時出費用・車の費用などです。

口座を分けずに1つの口座で管理すると、今いくら貯まっているのかが把握できません。必ず銀行口座は複数で管理しましょう。

↓「複数の口座で管理する方法」については下記の記事をチェック!
夫婦の家計管理方法は口座を2つ以上に分けること
 
 
・保険を見直している

家計の出費の中で、保険の費用は大きなウエイトを占めます。

保険は年齢や家族構成によって見直さなければいけませんが、ほとんどの方はほったらかしです。

お金を使わない生活をしている方は、必要最小限の保険にしか入っていません。この差は大きいのです。

最近では、特定の保険会社に属さないファイナンシャルプランナーへの無料相談サービスが充実しています。相談するだけでギフト券やお肉といった豪華なプレゼントもあるので、一度相談してみることをオススメします。

↓「保険の見直し」については下記の記事をチェック!
保険相談は無料で商品券など豪華プレゼントまでもらえる!オススメの保険ショップ3選

 


貯まる人・貯まらない人には違いがある

3

このように、お金を使わない生活ができると、自然にお金が貯まるようになります。

また、お金を使わない生活をしている方は、投資にはお金を惜しみません。本を読む・旅行をするといった自分への投資や、株・投資信託・年金といった未来への投資にお金の時間を掛けます。

あなたも少しずつ実践してみてください。