お金を使わないようになるためには

お金を使わないようになるためには「毎月いつの間にかお金が無くなっている。」という方へ。

お金を貯めたい!と決意したにも関わらず、数か月すると元のお金が貯まらない家計になってしまう。そういった方は、お金が貯まるようになるステップが分かっていない。

今回は「お金を使わない生活」を目指す上で、大切な7つのステップを解説していく。


 

「お金を使わない生活」をするための7つのステップ

「お金を使わない生活」をするための7つのステップお金を使わない生活をするためには、家計の管理⇒目標の策定⇒実践が必要になる。7つのステップを紹介していく。

1.「断捨離」をする

まず行ってほしいのが「断捨離」だ。

部屋から不要な物を捨てて、自分の必要な物だけに囲まれて生活をする。これだけで、お金を使わない生活に近づける。

物が少ないシンプルライフを送っていると、買い物をする時に「物を無駄に入れたくない」という気持ちが出る。自分にとって必要な物だけを残してみよう。

↓断捨離の方法は下記の記事をチェック
断捨離のやり方をマスターしてお金を使わない体質になる

2.家計を管理する

お金を使わない生活をするためには、家計の管理は必須だ。

家計の管理をしていると、「今月は使い過ぎだな。」と思うようになる。これだけで、お金を無駄に使うことが格段に減る。家計簿の各項目ごとに把握できるようになるには、数か月が必要になる。

「家計簿は続かない!」という方は、自動家計簿作成サービスを利用しよう。このサービスを使えば、挫折することは無いはずだ。

↓自動家計簿サービス「マネーフォワード」の詳細はコチラから
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

3.各項目の予算を決める

家計簿を数ヶ月間記帳すると、自分の家計で何にいくら使っているのかが把握できる。次のステップとして、「各項目の予算」を決めよう。

食費4万円、通信費1万5千円、光熱費1万2千円といった形で、手が届く範囲で予算を決めよう。予算内で生活することで、どれくらい毎月貯金できるようになるかが把握できる。

4.目標を1つずつクリアする

各項目の予算を決めたら、毎月1つ〜2つだけ目標をクリアできるようにしよう。「今月は食費を4万円以内に抑える。」「今月はスマホの料金を見直す。」といった形で、1つずつ無理せずに行動することが大切だ。

これを毎月繰り返していけば、半年ほどで理想の家計に近付いていく。各項目ごとの節約術は、節約部の各記事を参考にしよう。代表的な記事は下記を見てほしい。

↓食費の節約術はコチラ
食費を抑える方法|食費節約に欠かせない4つの知識

↓通信費の節約術はコチラ
Xperia Z3の白ロムを購入!格安SIMで携帯代を月3,691円で運用する

5.買いだめは最小限にする

買いだめを多くしてしまう人は、自分のルールが無い人だ。「洗顔料は最後の1つになったら買う。」「電池は残り4本になったら買う。」といった形で、ルールを決めておこう。

6.「安いから買う」をやめる

スーパーの特売品を「安いから買う」という方は多い。しかし、その安い物は本当に必要だろうか?

今日は魚を買おうと思っていて、サバが安かったという理由であれば問題ない。しかし、お菓子が安かったから、ジュースが安かったからといった理由だと、そもそも買わなくてもよい物かもしれない。

「安いから」よりも「必要だから」という視点で買い物をしよう。

7.複数の銀行口座を使い分ける

お金を使わない生活を実践している方は、複数の銀行口座を使い分けている場合が多い。銀行口座を役割・目的別に使い分けることで、お金の流れが見えるようになる。

今貯金はいくらあるのか、生活費はいくら使えるか、突発的なお金が必要な場合にいくら残しているのか、といった把握をすることで、目標も定まってくる。

↓銀行口座の使い分けは下記の記事をチェック
銀行手数料は無料が当たり前!引き出し手数料・振込手数料は0円にできる!

 


お金を使わない生活をするための意識改革

お金を使わない生活をするための意識改革お金を使わない生活をするためには、「お金の管理」をすることが何よりも大切だ。

お金を管理して目標を立てることで、あなたのお金の使い方は全く違ってくる。ただお金を使わないというだけだと続かないので、きちんと予算を決めてあなたに必要な物は惜しまずに買うようにしよう。

これを機会に、自分の生活を見直してみてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ