「節約しているつもり」になっていないか?

「節約しているつもり」になっていないか?「節約をしているのに全然お金が貯まらない!」と言う方へ。あなたは節約をしているつもりかもしれないが、本当に節約になっているだろうか?

節約はケチとは違う。ケチな方はとことんお金を使わないが、節約家はムダな事にお金を使わないだけで、必要な時にはお金を惜しまない。

お金が貯まらない人は、「やめるだけ節約」を実践してもらいたい。頑張って節約をするのではなく、やめるだけで相当な効果がある。

 

節約しているつもりの人(スーパー編)

節約しているつもりの人(スーパー編)あなたが下記に当てはまっているのであれば、「節約しているつもり」だけの可能性が高い。

・スーパーの日替わり特売品をチェックしている
・毎日のようにスーパーに行く
・ポイント3倍デーは必ず行く

これを実践している方は、かなりの節約家に思える。しかし、スーパーなどに買いに行く頻度が増えるので、結局はお金を使ってしまっているのだ。

スーパーはお客様に物を買わせるレイアウトになっている。本日の目玉商品目当てで行って、目玉商品だけを買う人はほとんどいない。他にも安い物があると、ついつい買ってしまうのだ。

節約ができる人は、スーパーに行く頻度が少ない。週に1回スーパーに行って、買う物を事前にチラシをチェックして決めておく。

スーパーに行く頻度が少なく、ムダな物は買わない。節約をするには、スーパーに行くのを「やめるだけ」で良いのだ。

 


日用品をストックしない

日用品をストックしない日用品のストックが多い人は要チェックだ。次に使う分はストックしておいてもよいが、それ以上にストックを持つ必要は無い。

ドラッグストアの特売日が来るたびに、「日用品は腐る物じゃないから」といって買う方が多い。しかし、ストックが多いと収納スペースがいっぱいになり、管理ができなくなる。

ストックをたくさん持っている方は、知らず知らずのうちに洗剤やボディソープなどたくさん使ってしまう傾向がある。必要な分だけストックしよう。

 

「やめるだけ節約」を実践しよう

「やめるだけ節約」を実践しよう今回はスーパーとドラッグストアを例に挙げたが、他にも「やめるだけ節約」を実践できることは多いはずだ。

「やめるだけ節約」で余った時間を自己投資に使えば、さらにお金が貯まるようになる。

お金が貯まらない人は、無駄な時間が多くて自己投資に使う時間が極端に少ない。「節約しているつもり」状態は今日から卒業しよう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ