湯シャンとは?

湯シャンとは?あなたは「湯シャン」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

湯シャンとは、シャンプーやコンディショナーを一切使用せず、水またはぬるま湯のみで、髪や皮脂汚れを落とす方法だ。

湯シャンが流行っているのは、薄毛予防に効果があるためだ。これまでシャンプーで落とし過ぎていた皮脂を残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能を取り戻してくれる。

湯シャンの火付け役はタモリだった。頭皮に良いということで湯シャンを実践しており、福山雅治・YOUなどの芸能人も湯シャンをしていることが広まり、若者を中心に実践している。

今回は、湯シャンの方法と効果について解説していく。


 

湯シャンの方法

湯シャンの方法まず知っておいてほしいのが、「皮脂は水でほとんど落とす事ができる」ということだ。

お湯の温度が高くなると洗浄力が上がり、40度以上になるとシャンプーと同じレベルの洗浄力になる。湯シャンは、これまでに比べ皮脂を残すことを目的としているため、33度~35度のぬるま湯で行うのが望ましい。

手指の腹で軽くマッサージするように洗い流すと、汚れが落ちやすくなる。ゴシゴシ洗うのはNGだ。

また、バスタオルで髪を拭く時も、ゴシゴシせずに挟み込むようにしよう。

 


とにかく半年続けよう!

とにかく半年続けよう!湯シャンを始めたばかりのころは、シャンプーで落とし過ぎていた脂分が過剰に出るため、髪や頭皮がベタついてしまうことがある。

しかし、ベタつくからといってシャンプーに戻らないでほしい。湯シャンを続けていくうちに、頭皮自体が脂分の分泌をコントロールするようになるためだ。

効果が実感できるのは、恐らく半年が経ってからだ。以前までは皮脂分泌のために栄養分が使われていたが、皮脂を残す事で頭皮が活性化する。

頭皮が活性化すると、丈夫で健康な髪の毛が生えるようになる。薄毛を気にしている方や、頭皮を守りたい方は、ぜひ実践してみよう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ