住宅

都内で格安シェアハウスを探す!家賃3万円・初期費用1万円から!

1

都内で格安シェアハウスなら「STEP CLOUD」(ステップクラウド)がオススメ!

1

「都内で暮らしたいけどお金が無い」という方へ。都内でも家賃3万円から住むことができるシェアハウスを紹介します。

家賃が安いだけではありません。敷金・礼金・仲介手数料は不要となっており、水道代・光熱費・ネット・共益費も全て込みの金額となります。家具家電も付いており、部屋も綺麗で個室・鍵付きなので、セキュリティも心配ありません。

今回は、都内で格安シェアハウスを展開している「STEP CLOUD」(ステップクラウド)を紹介します。

続きを読む

年収500万円で住宅ローンはいくら借りられる?諸費用も含めて計算すべき

 

年収500万円で住宅ローンはいくらまでにすべき?

年収500万円で住宅ローンはいくらまでにすべき?これから家を買う方にとって、住宅ローンをいくらまで借りるかは重要だ。

よく言われているのが「年収の5倍までなら無理なく返せる」という意見だ。あなたが3500万円の家を購入する場合、年収500万円であれば2500万円まで借りてもOKということになる。頭金を1000万円貯めて、家を購入することになる。

しかし、子供はこれから大きくなって、習い事や塾に通うようになる。教育費は月数万円となり、食費や光熱費も増えるだろう。

何も考えずに住宅ローンを借りると、後悔することになる。今回は、年収500万円の人を例に挙げて、住宅ローンについて解説していく。

続きを読む

建売住宅を購入する際の注意点6選|実際に探してみて分かったことを記録してみる

 

建売住宅を購入しようと思う

建売住宅を購入しようと思う私は今年30歳になるが、子供も生まれたのでそろそろ一戸建てを購入したいと思っている。

一戸建てに住もうと思ったのは、長い目で見てマンションよりも費用が掛からないためだ。マンションの場合、毎月の費用として駐車場代・管理費・修繕積立金といった費用が数万円掛かる。同じ金額で購入するのであれば、一戸建ての方が圧倒的に維持費が掛からない。

また、マンションは建物が大きなウエイトを占めるが、戸建は土地の価格が大きい。建物は老朽化して資産としての価値がなくなるが、土地は価格が下がらなければそのままだ。20年〜30年経って売却を考えた時に、資産として残りやすい。

また、中古の物件を購入する場合、仲介手数料が高い。その点、建売住宅であれば仲介手数料が掛からず、諸経費が抑えられる。中古住宅は安いし固定資産税も少ないが、建売住宅の残り少ない物件を買い叩く方が得をすると判断した。

また、注文住宅も検討したが、建売住宅の方が良かった理由はいくつかある。

続きを読む

住宅ローンの借り換えシュミレーションアプリ「モゲチェック」を試してみた!

 

住宅ローンの借り換えシュミレーションは面倒

住宅ローンの借り換えシュミレーションは面倒マンションや一戸建てを住宅ローンで購入して、住宅ローンの乗り換えをせずに払い続けているあなたは必ずチェックしてほしい。

現在は、過去に前例がないほどの住宅金利が低い状況だ。変動金利の場合は年利0.5%台、固定金利でも年利1.2%台となっている。これまで住宅ローンを借りた方で、ここまで低金利で借りた方はいないはずだ。

つまり、今は住宅ローンの借り換えに最も良い状況となっている。住宅ローンの借り換えは手数料が掛かるものの、現在の低金利を考えるとメリットは十分にある。人によっては数百万円単位で支払い額が変わる可能性があるのだ。

しかし、住宅ローンの借り換えは面倒だ。そもそも、今どれくらいの返済が出来ていて、手数料も含めると借り換えのメリットがどれくらいなのかを銀行ごとに計算するには、丸1日あっても足りない。

今回リリースされたアプリ「モゲチェック」は、住宅ローンの借り換えシュミレーションを簡単にできるアプリだ。実際に使ってみたので、詳しく解説していく。

続きを読む

家賃はクレジットカードで払うことで圧倒的に節約できる

 

家賃をクレジットカードで支払える物件は結構ある

家賃をクレジットカードで支払える物件は結構ある毎月高い家賃を払っていて、クレジットカードで支払えればポイントが貯まるのに…と思っているあなたへ。

実は、探してみるとクレジットカードで支払える物件は結構ある。家賃だけでなく、敷金・礼金などの初期費用もクレジットカードで支払うことが可能だ。

節約生活をする上で、出来るだけクレジットカード払いに切り替えることは欠かせない。これから家を選ぶ方も、クレジットカード払いが出来るかどうか必ず確認しよう。

続きを読む