光熱費

プロパンガスの節約は「みんなのプロパン相談広場」の業者見直しで解決できる!

プロパンガスは業者の見直しで節約できる!

プロパンガスは業者の見直しで節約できる!「今月はガス代が15,000円を超えてしまった・・・。でもうちはプロパンガスだからしょうがない。」と諦めている人が多いですが、プロパンガスは業者を見直すことで大きく節約することが可能です。

都市ガスは公共料金となっており、価格の決定や変更には国の許可が必要です。しかし、プロパンガスは公共料金ではなく業者が自由に価格設定が出来るため、どうしても高くなってしまいます。

プロパンガスは、業者によって価格が全く違います。その中には価格の安い業者も多いのですが、そもそも「プロパンガスの業者を見直してガス代を節約できる」ということを知っている人は少ないです。

今回は、無料でプロパンガスの会社を見直しできる「みんなのプロパン相談広場」というサービスを紹介します。

続きを読む

日本エコシステム「じぶん電力」のメリット5選|電気が安くなるだけでなく災害対策になる!

電力自由化で検討すべき「じぶん電力」

電力自由化で検討すべき「じぶん電力」日本エコシステムが電力自由化に伴い「じぶん電力」のサービスをスタートしました。

2016年4月に電力自由化がスタートし、各社で特徴のある様々なプランが始まりました。その中でもユニークでお得なのが、太陽光発電を専門にしている日本エコシステムの「じぶん電力」というプランです。

じぶん電力のプランは、日本エコシステムが無料で太陽光発電を設置します。自宅の屋根を日本エコシステムに貸し出すようなイメージです。太陽光の設置・メンテナンスには一切費用が掛からず、電気を安く利用することができます。

今回は、じぶん電力のメリットを5つ紹介します。

続きを読む

ソフトバンクでんきのメリット4選|電気代の割引に検討すべき

2016年4月に始まった「ソフトバンクでんき」

2016年4月に始まった「ソフトバンクでんき」2016年から始まった「電力自由化」

これまでは関東だと東京電力のように契約先が決められていましたが、2016年より電気の販売が自由化されたことで、ソフトバンク・ENEOSなどの企業でも電力を販売することが出来るようになりました。

「ソフトバンクやENEOSが電気を作っているの?」と思うかもしれませんが、電気を供給しているのは今まで通り電力会社が行っています。関東であれば東京電力が作っていることに変わりないので、販売する会社を変更したとしても電気の質は全く変わりません。電気を色んな会社が売るようになったと理解しておきましょう。

電力自由化は大きなニュースとして取り上げられていますが、電気を作っている電力会社は変わらないので、大きな金額の差はありません。しかし、各社で割引やポイント制度があるので、長い目で見れば節約に繋がります。1度申し込むだけで継続的に割引が受けられるので、ぜひ電力自由化で会社を変更することを検討してみましょう。

今回は、テレビCMでもよく見る「ソフトバンクでんき」を紹介します。

続きを読む

電気代を劇的に安くする節約術|30%削減する6つの方法

 

電気代の節約術は一生役立つ

電気代の節約術は一生役立つあなたが節約生活をしたいのであれば、毎月必ず発生する「電気代の節約」に取り組もう。

まずは、あなたの家庭が平均よりも電気を使っているかどうか把握しよう。2人世帯における年間電気料金平均額は111,300円、3人世帯なら130,188円、4人世帯なら141,828円という調査結果が出ている。1人暮らしの場合は、42,309円が平均的な年間電気料金となる。

例えばあなたが3人世帯であれば、月10,849円が平均的な電気代だ。これ以上電気代を支払っているのであれば、今すぐ節約術の実践が必要となる。

今回は、電気代を30%削減するための6つの方法を紹介する。

続きを読む

トイレの水道代を節約する方法4選|水道の28%はトイレで使っている

 

水道代の節約はトイレから

水道代の節約はトイレから水道代を節約する上で、最も大事なのは「トイレ」だ。

水道代の節約といえば、お風呂やキッチンだと思うかもしれない。しかし、家庭で最も水を使用しているのがトイレで、全体の28%となっている。

トイレ: 28%
お風呂 : 24%
キッチン : 23%
洗濯 : 17%
洗顔など : 8%

1人が1日に遣う水の量は、約230ℓだ。その内の28%なので、64.4ℓをトイレで使用していることになる。今回は、トイレでの水道代節約術を紹介する。

続きを読む

イオンカードを持っていれば水が無料でもらえる|水道代の節約と健康に

 

1日につき7.6リットルまで水が無料でもらえる

1日につき7.6リットルまで水が無料でもらえるイオン系列のスーパーであるイオン・マックスバリュ・ダイエー・マルエツなどで、水のサービスを行っているのはご存知の方が多いだろう。

専用容器を持っていけば、イオンカードを持っているだけで無料でもらうことができる。お店によっては「ピュアウォーター」「アルカリイオン水」など水の種類が違うが、私は「ピュアウォーター」を無料でもらっている。

1日につき7.6リットルまで無料なので、スーパーに行くたびにもらっておくことで水道代を節約できる。また、水道水に比べ健康に良い水なので、今まで活用していなかった方はぜひ使いこなしてほしい。

続きを読む

暖房の電気代を圧倒的に節約する方法3選

 

暖房の電気代は家計を圧迫する

暖房の電気代は家計を圧迫する暖房の電気代は高く、冬場の家計を圧迫する。

一人暮らしなのにエアコンで部屋全体を暖めたり、家族暮らしなのに電気ストーブを使うなど、無駄な電気代を使っているケースが多く見られる。

冬は電気代だけでなく、灯油代・ガス代など様々な費用が掛かってしまう。最適な暖房器具を選ぼう。

続きを読む

暖房費を圧倒的に節約する方法13選

 

光熱費のカットは暖房費節約が重要

光熱費のカットは暖房費節約が重要一般家庭の光熱費のうち、暖房費の占める割合は26%だ。節約生活をする上で、暖房費用のカットは欠かせない。

冷房は7月~8月しか使用しない方が多いが、暖房は11月~3月にわたって長期間使う場合が多い。これから寒くなってくる季節なので、暖房に対する準備は今のうちから始めよう。

暖房対策をする上で、重要なのは下記の3点だ。

・暖房器具の使い方を知る
・暖房効率を上げる
・暖房器具以外の寒さ対策をする

詳しく解説していく。

続きを読む

扇風機を活用して電気代節約|エアコンより20倍お得

 

エアコンよりも電気代が20倍安い扇風機

エアコンよりも電気代が20倍安い扇風機梅雨明けが発表された途端、連日35度以上の猛暑日が続いている。この猛暑で体調を崩した方もいるのではないだろうか?

これだけ暑くなると、エアコンが欠かせなくなる。しかし、クーラーにばかり頼っていると、電気代が高くなってしまう。

そこで、エアコンよりも電気代が20倍安い扇風機を活用することをオススメする。扇風機を賢く使って、暑い夏を乗り切ろう。

続きを読む