生活費

車を持たない生活をしよう|手放せば年間50万円節約できる

マイカーは究極のムダ

1

あなたが家計を見直して節約をする上で、まず考えてほしいのがマイカー費用の削減です。

家計の固定費で、住宅の次に負担が大きいのがマイカーです。住宅費を0円には出来ませんが、マイカーは持たなければ車の費用を0円にすることが可能です。

車を持たない生活は不便を感じるかもしれません。マイカーを持っていれば、好きな時にどこでも行けて便利です。しかし、ほとんどのサラリーマンは週末限定ドライバーにも関わらずマイカーを持っており、とても無駄な使い方です。

車に乗るのは土日だけで、毎週遠出はしないので近くのショッピングセンターに行く程度でしょう。まずはあなたの家計で車に対する月々のコストを算出してください。

下記が一例です。

・駐車場代 : 月15,000円
・ガソリン代 : 月5,000円
・任意保険 : 年間50,000円
・自動車税 : 年間40,000円
・車検費用 : 2年で100,000円

首都圏郊外の相場なので、もっと首都圏に近い方はさらにお金が掛かっています。この一例だと、年間コストは38万円となり、月に31,600円が掛かっています。

あなたが月に5回しか車に乗らないのであれば、1回につき6,000円以上が掛かってします。さらに、この金額は車体費用を入れていないので、ローンがあればさらに増えます。

車無しでは生きていけない!という方はマイカーを持つべきですが、都市部に住んでいるのであれば車を持たない生活を送ることも検討してみましょう。

続きを読む

お部屋探しアプリ「じぶん仲介」のレビューとメリット・デメリット5選

1

「じぶん仲介」は今までにないお部屋マッチングサービス

1

最近リリースされて話題となっているお部屋のマッチングサービスアプリ「じぶん仲介」をご存じでしょうか?

じぶん仲介は、今住んでいる人から情報が得られるお部屋探しアプリです。ネットを使って自分で調べられるようになったとはいえ、今そのエリアに実際住んでいる人の方が情報量が多いです。

ネットだけでは分からないお店・病院・騒音・治安・学校など、そのエリアに住んでいる様々な情報を得ることが可能です。

また、あなたが自分の住んでいる物件の周辺情報を投稿し、そのエリアに引っ越したユーザー毎に、5,000円分のギフトカードが進呈されます。

今回は、「じぶん仲介」について詳しく紹介します。

続きを読む

パナソニックのビルトイン食洗機を検討中|メリット・デメリットと選び方

 

家事を劇的に楽にしてくれる「食洗機」

家事を劇的に楽にしてくれる「食洗機」「毎日の家事を楽にしたい」と思ったら、費用対効果の高い家電が「食洗機」「全自動洗濯機」「ロボット掃除機」だ。

私は現在「ビルトイン食洗機」の購入を検討している。食洗機は主に2種類あり、外に出すタイプとキッチンに埋め込むタイプだ。

埋め込み式は費用が高いが、キッチンのスペースが必要ないのがメリットとなっている。パナソニックの食洗機が最も性能が良いため、メリット・デメリットを紹介していく。

続きを読む

ロボット掃除機を比較してみた|2015年で最もオススメの機種は?

 

ロボット掃除機は圧倒的な人気

ロボット掃除機は圧倒的な人気家電の中で、欲しいものランキングの上位に必ず上がるのが「ロボット掃除機」だ。

ルンバが2002年に登場して以来、日本ではシャープ・パナソニック・東芝がロボット掃除機を発売した。また、今年中にはダイソンがロボット掃除機の発売を予定している。

国内のシェアは、アイロボットのルンバ(76.0%)・シャープのココロボ(8.8%)・ツカモトエイム(6.3%)となっている。発売から13年が経過しているが、未だにルンバが圧倒的な人気だ。

私もロボット掃除機を買うことに決めているので、詳しく機能を調べてみた。今回は、私が調べ尽くした内容を紹介する。

続きを読む

湯シャンの方法と絶大な効果|シャンプー・コンディショナーを節約する

 

湯シャンとは?

湯シャンとは?あなたは「湯シャン」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

湯シャンとは、シャンプーやコンディショナーを一切使用せず、水またはぬるま湯のみで、髪や皮脂汚れを落とす方法だ。

湯シャンが流行っているのは、薄毛予防に効果があるためだ。これまでシャンプーで落とし過ぎていた皮脂を残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能を取り戻してくれる。

湯シャンの火付け役はタモリだった。頭皮に良いということで湯シャンを実践しており、福山雅治・YOUなどの芸能人も湯シャンをしていることが広まり、若者を中心に実践している。

今回は、湯シャンの方法と効果について解説していく。

続きを読む

一人暮らしの引越し費用・生活費を節約する9つの方法

 

一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大

一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大春は、一人暮らしを始める方が多い時期だ。あなたは一人暮らしにどれくらいの費用が掛かるか把握しているだろうか?

驚くかもしれないが、初期費用として最低でも70万円は用意しておく必要がある。家賃68,000円の家に一人暮らしする人を例に挙げる。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

あなたは家賃68,000円(他共益費2,000円)の家に住む場合、家賃の6ヶ月分は家の初期費用として見ておこう。

地域や物件によって異なるが、敷金2ヶ月分・礼金1ヶ月分・仲介手数料1ヶ月分・前払い家賃1ヶ月分が相場だ。

その他、火災保険料や鍵の交換費用も掛かるため、家を契約するだけでかなりのお金が掛かってしまう。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

敷金 : 136,000円
礼金 : 68,000円
仲介手数料 : 68,000円
前払い家賃 : 68,000円
火災保険料 : 25,000円
鍵の交換費 : 20,000円

合計    : 385,000円
 
 
 
・引越し費用(55,000円)

また、引越し費用も当然用意する必要がある。荷物の量や距離にもよるが3~7万円が相場となっている。

例えば、愛知県から東京都まで単身引越しサービスを利用した場合、大体55,000円前後だ。
 
 
 
・生活必需品(190,000円)

次に、必要最低限の家具・電化製品・インテリアを揃えよう。

洗濯機 : 30,000円
テレビ : 30,000円
冷蔵庫 : 20,000円
電子レンジ : 10,000円
テーブル : 10,000円
ベッド : 40,000円
その他 : 50,000円

合計 : 190,000円

「その他」は、キッチン雑貨やカーテン、照明器具といった物だ。最低限の物を新品で揃えるだけで、これだけの費用が掛かってしまう。
 
 
 
・給料日までの生活費(40,000円)

社会人の場合、最初の給料日までの生活費も確保しておく必要がある。

食費   : 20,000円
日用品 : 5,000円
交際費 : 5,000円
交通費など : 10,000円

合計 : 40,000円

ギリギリの生活をしたとしても、40,000円は確保しておくべきだろう。

この費用を全て合計すると67万円だ。給料日までの生活費は4万円でギリギリなので、大体70万円が相場となっている。今回は、一人暮らしの引っ越し費用・生活費を節約する9つの方法を紹介する。

続きを読む

激安引越し業者は0円引越しサービス「ゼロコシ!」がオススメ

 

一人暮らしはお金が掛かる

一人暮らしはお金が掛かる一人暮らしに掛かる初期費用を、把握しているだろうか?

初めて一人暮らしをする場合、初期費用は最低でも70万円を見積もっておこう。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

まずは家を契約する必要がある。家を契約する場合、合計で家賃の6ヶ月分は用意しよう。

例えば、あなたが家賃68,000円(他管理費2,000円)の家に住むとする。地域や物件によって異なるが、敷金2ヶ月分・礼金1ヶ月分・仲介手数料1ヶ月分・前払い家賃1ヶ月分が相場だ。

その他、火災保険料や鍵の交換費用も掛かるため、家を契約するだけでかなりのお金が掛かってしまう。

敷金 : 136,000円
礼金 : 68,000円
仲介手数料 : 68,000円
前払い家賃 : 68,000円
火災保険料 : 25,000円
鍵の交換費 : 20,000円

合計    : 385,000円
 
 
 
・引越し費用(55,000円)

引越し業者に依頼する場合、荷物の量や距離にもよるが3~7万円が相場となっている。

例えば、愛知県から東京都まで単身引越しサービスを利用した場合、約55,000円だ。今回の記事では、激安引越し業者を利用した節約術を紹介する。
 
 
 
・生活必需品(190,000円)

次に、必要最低限の家具・電化製品・インテリアを揃えよう。

洗濯機 : 30,000円
テレビ : 30,000円
冷蔵庫 : 20,000円
電子レンジ : 10,000円
テーブル : 10,000円
ベッド : 40,000円
その他 : 50,000円

合計 : 190,000円
 
 
 
・給料日までの生活費(40,000円)

社会人の場合、最初の給料日までの生活費も確保しておく必要がある。

食費   : 20,000円
日用品 : 5,000円
交際費 : 5,000円
交通費など : 10,000円

合計 : 40,000円

全ての金額を足すと、670,000円が必要になる。これに加え、地方から上京する方は交通費なども発生するのだ。この初期費用は、決して贅沢はしていない。

続きを読む

iPhoneを売る前に必ずやっておくべき3つのこと

 

不要になったiPhoneは高値で売ることができる

不要になったiPhoneは高値で売ることができる不要になったiPhoneを高値で売りたいという方へ。

各携帯会社では、新しい機種を買う時にiPhoneの下取りキャンペーンを行っている。しかし、下取りキャンペーンを利用するよりも、iPhoneの買取をしている業者に売る方が高値で売ることができる。

今回は、高値で売れる業者の紹介と、売る前に必ずやっておくべき3つのことを紹介する。

続きを読む

コインランドリーで布団を洗うとクリ―ニングの半額以下に

 

汗で布団が汚れてしまった時は

汗で布団が汚れてしまった時は毎日暑い日が続き、朝起きると布団が汗で濡れてしまっている。そのまま使い続けると、汚れが目立ちダニが発生してしまう。

クリーニングで丸洗いをしようとすると、かなり高い。近所のクリーニング屋で掛け布団(羽毛)・敷布団(綿)を洗おうとした場合、1枚4500円で合計9000円が掛かる。

しかも、クリーニングだと2週間ほど時間が掛かるので、その間に布団をどうするか困ってしまう。

そこで、今回はクリーニングの半額以下で布団が丸洗いできるコインランドリーの活用法を紹介する。

続きを読む

ドラッグストアがスーパーよりも安い3つの理由

 

ドラッグストアは安い

ドラッグストアは安いドラッグストアに行くと「安い!」と思う日用品や食品をよく見かける。近くのスーパーよりも格段に安くなっていて、日用品を目当てにドラッグストアに行く人も多いだろう。

今やドラッグストアでは、あらゆる物を買うことができる。日用品・食品が豊富に取り揃えられており、薬品や化粧品以外のコーナーの方が大きいほどだ。

しかし、なぜドラッグストアでは安く日用品や食品が手に入るのだろうか?今回はその理由を3つ紹介する。

続きを読む

配偶者控除の見直し|家計の今後を考える

 

配偶者控除の見直しは家計に影響する

配偶者控除の見直しは家計に影響する

現在、ニュースでよく見かける「配偶者控除の見直し」は、あなたの家計に大きな影響をもたらす。妻がパートをしている家計は、気になっている方が多いはずだ。

安部政権が成長戦略の一環として示した配偶者控除の見直しは、さまざまな意見が飛び交っている。女性の社会進出を妨げている事は否定しないが、今後の流れ次第ではあなたの家計に大きな影響を与えるだろう。

「配偶者控除」は、専業主婦や一定の収入にとどまる主婦がいる世帯の税負担を減らす制度だ。しかし、控除があるがために、控除の上限額である103万円までしか働かない女性が多くなっている。

この103万円を超えると、夫の給料に掛かる税金が高くなる。例えば、年収600万円で社会保険料が60万円の場合だと下記の金額となる。

「配偶者控除あり」
所得税192,500円+住民税301,500円=494,000円

「配偶者控除なし」
所得税230,500円+住民税334,500円=565,000円

つまり、配偶者控除が無くなってしまうと、税金が71000円高くなってしまう。これは、家庭にとって大きな痛手だ。

続きを読む

単身の引越しなら圧倒的に安い「100円引越し」を選ぼう

 

5~7万円の引越し費用が100円に!

5~7万円の引越し費用が100円に!あなたが単身で引越しをする場合、通常期で5万円・繁忙期で7万円近くお金が掛かってしまう。

その引越し費用が「100円」になるサービスが今注目されている。2011年にスタートしたこのサービスは、評判も上々だ。

現在では様々な業者で同様のサービスが展開されており、距離や荷物の量に制限はあるものの、近距離の単身引越しなら問題が無いサービスとなっている。詳しく解説していこう。

続きを読む