通信費

UQモバイルの評判|使って分かったメリット・デメリット8選

格安SIMで通信が圧倒的に速い「UQモバイル」

格安SIMで通信が圧倒的に速い「UQモバイル」格安SIMでは通信の遅さが問題になる時が多いですが、通信の速さで他者を圧倒しているのが「UQモバイル」です。

格安SIMでは、スマホの利用が増える平日の昼間などは通信が遅くなりがちです。しかし、UQモバイルを使っていて、速度の遅さは感じたことがありません。

UQモバイルはau系の格安SIMなので、au端末を使うこともできます。詳しく解説していきます。

続きを読む

イオンモバイルの評判|実際に使ってみて分かったメリット・デメリット8選

イオンモバイルは必ず検討するべき

イオンモバイルは必ず検討するべき競争が続く格安スマホの中で、イオンモバイルは順調に会員数を増やしています。

これまでイオンモバイルは代理店としての展開でした。その時は評判が悪かったのですが、イオン自体が格安スマホのサービスを開始したことで、サービスが格段に良くなっています。

これまでは3プランしか選べませんでしたが、現在は10プランを用意しています。どのプランでも最安値を争っているだけでなく、通信は安定しており保証も大手キャリア並みとなっています。

今回は「イオンモバイル」について詳しく解説していきます。

続きを読む

楽天モバイルの評判まとめ|実際に使用して分かったメリット・デメリット9選

格安スマホ契約数のうち20%を占める「楽天モバイル」

格安スマホ契約数のうち20%を占める「楽天モバイル」現在格安スマホが人気となっていますが、その中でもシェアの20%を占めているのが「楽天モバイル」です。

楽天モバイルが人気の理由は、通信が安定していることに加えて安さです。プランの安さは他の会社と大きな差はありませんが、新しいスマホが半額で買えるといった超お買い得なキャンペーンを随時行っています。

さらに、楽天ポイントが貯まったり、ユーザーは楽天市場での買い物で楽天ポイントが2倍になったり特典が多いです。今回は、楽天モバイルについて詳しく解説してきます。

続きを読む

mineo(マイネオ)格安スマホの評判|メリット・デメリット7選

格安スマホのmineo(マイネオ)

格安スマホのmineo(マイネオ)関西電力グループのケイ・オプティコムが運営している格安SIM「mineo」(マイネオ)は、契約数が40万を突破し人気となっています。

人気となっている理由は、通信が安定していること、データ専用プランでも050から始まるIP電話の通話専用番号がもらえるプランがあるためです。電話番号がもらえて最安値700円ということもあり、人気となっています。

また、mineo(マイネオ)はドコモ回線・au回線が選べることも特徴です。auを使っていた方には、そのままスマホを使えるメリットがあります。

今回は「mineo」(マイネオ)について、詳しく解説してきます。

続きを読む

IIJmioのメリット・デメリット6選|格安スマホ第2位のMVNO

格安スマホ業界第2位「IIJmio」(アイアイジェイミオ)

格安スマホ業界第2位「IIJmio」(アイアイジェイミオ)格安SIMは様々な企業が参入して、価格競争が起きています。例えば、楽天スマホやUQモバイルは、大規模な広告展開をしているので、ご存知の方も多いと思います。

その格安スマホの中でいち早く参入し、業界第2位のシェアとなっているのが「IIJmio」(アイアイジェイミオ)です。聞きなれない名前かもしれませんが、ビックカメラが展開しているBIG SIMもIIJmioがサービスを展開しています。

これだけ競争が激しい中でもシェアをキープできているのは、価格とサービスの差別化が出来ているからです。詳しく解説していきます。

続きを読む

スマホの実質0円・一括0円が廃止!格安スマホを検討しよう

2016年2月よりスマホの0円施策が廃止に

2016年2月よりスマホの0円施策が廃止に「そろそろスマホの契約が2年経つので、次の新しいプランを探そう」と思って携帯ショップに行くと、今のプランの高さに驚くと思います。

数年前までは、商品券の高額キャッシュバックが問題になっていました。総務省からの通達で、キャッシュバック施策が出来なくなり、実質携帯代は高くなってしまいました。

さらに、総務省は2016年2月より「スマホの0円販売」を禁止することになりました。

これまでは2年間使用すれば端末代は無料の機種が多かったのですが、この総務省からの通達により、端末代も支払う必要があります。つまり、今は更に携帯代が高くなっているのです。

続きを読む

LTE使い放題の格安SIM「U-mobile」の評判とお得なプラン4選

LTEが無制限で使い放題の「U-mobile」

LTEが無制限で使い放題の「U-mobile」多くの人がドコモ・ソフトバンク・auなどのキャリアから格安SIMに乗り換えていますが、最近ではLTE使い放題の格安SIMも登場してきました。

通常は通信量7GBまでといった規制があり、「月末になると速度が遅くなる」というユーザーも多いです。しかし、LTE使い放題の格安SIMを使えばそういった心配も無くなります。

LTE使い放題の格安SIMを提供している会社は少ないですが、今回はその中でLTE使い放題を月額2,480円で展開している「U-mobile」(ユーモバイル)について詳しく紹介していきます。

続きを読む

速度制限なしのLTEルーター「スマモバ」の評価と口コミを徹底検証

ドコモの通信回線でLTE使い放題の「スマモバ」

ドコモの通信回線でLTE使い放題の「スマモバ」「外でパソコンやタブレットを使うから、LTE使い放題のモバイルルーターが欲しい」と思う人は多いです。

モバイルルーターで最も通信速度が早いのは「WIMAX」ですが、WIMAXは通信が安定しないという大きなデメリットがあります。特に、建物内ではほとんど繋がらないので、購入したことを後悔する人がとても多いです。

WIMAXよりも通信速度は遅いものの、安定した通信が出来るのが「LTE」です。ドコモ・ソフトバンク.auのスマホでもLTE回線が利用されています。しかし、LTE回線でデメリットとなっているのが「通信量の制限」です。

一般的なスマホの契約では、通信量が月間7GBを超えると速度制限が掛かります。速度制限になる人は通信量が多くなってしまう動画を見ていることが多いですが、速度制限が掛かるとほとんど見ることが出来なくなってしまいます。

そこで、外でパソコン・タブレット・スマホを使う人にオススメなのが「LTE使い放題」のスマホやモバイルルーターを使うことです。今回紹介する「スマモバ」では、iPhoneやモバイルルーターを格安で使うことができ、安定した通信が出来るので人気となっています。

続きを読む

インターネット料金を安くする方法|通信費の節約は格安SIMを活用しよう

インターネット料金は格安SIMで劇的に安くできる

 
インターネット料金は格安SIMで劇的に安くできるあなたはインターネット料金にどれくらいのお金を掛けているでしょうか?

例えば、家の光回線(月額5,000円)+スマホ代(月額8,000円)=月額13,000円という方はとても多いです。年間だと15万6千円もインターネット料金に払っていることになります。これでは、お金が貯まるはずがありません。

そこで、今回は格安SIMに1本化したインターネット料金を安くする方法をご紹介します。月額5,261円でインターネットが快適に使える方法なので、インターネット料金を半額以下にすることが可能です。

今回対象としているのは、動画やゲームなど通信量が多い方には向きません。容量の大きいプランなのである程度動画を見ることが可能ですが、家で長時間楽しみたいのであれば制限のない光回線を利用しましょう。

続きを読む

コスパ最強のスマホは白ロムの「iPhone6」だ!今が最も安いタイミングだ!

 

格安でスマホを買うなら「iPhone6」を選ぶべき!

格安でスマホを買うなら「iPhone6」を選ぶべき!「そろそろスマホを買い替えたいけど、大手キャリアだと月々の料金が高くなってしまう。」と悩んでいる方は多い。

大手キャリアの場合、通話+7GBの通信で8,640円が相場だ。さらに、2年間は継続しなければならず、もし途中で解約した場合は解約料や端末代金も発生してしまう。

そこで、今買い替えるなら一番お得な選択肢が「iPhone6」の白ロム端末だ。iPhone6が使えて月々の料金が安くなり、2年間継続しなかったとしても解約料は掛からない。

この方法は、格安SIMカードを活用することが必要となる。詳しく解説していく。

続きを読む

通信量節約アプリ「Opera Max」で携帯代を安くする!画像・動画も圧縮できる

 

通信量を節約できると携帯代が安くなる

通信量を節約できると携帯代が安くなる数年前まで通信量は5,500円の固定というプランが多かったが、最近では各大手キャリアともに最大5GBなどの容量制限があるプランばかりとなっている。

格安SIMカードも同様に、2GB〜10GBで選ぶプランが多くなっている。これは、高品質の動画や通信量が過剰に発生するアプリが多くなったことで、各社で使い放題のサービス提供が厳しくなったためだ。

通信量の容量制限があるため、多くの方が容量オーバーをしてしまっている。容量オーバーをした場合、費用を払いさらに容量を大きくするか、月末まで低速のまま我慢する2択になる。

そこでオススメしたいのが、通信量節約アプリ「Opera Max」だ。「Opera Max」をインストールしておくだけで、ホームページを見るだけでなくアプリや動画まで通信量を節約できる。詳しく解説していく。

続きを読む

Y!モバイルの一周年記念キャンペーンが超おトク!データ通信量が2倍に!

 

「Y!モバイル 一周年記念キャンペーン」が超おトク!

「Y!モバイル 一周年記念キャンペーン」が超おトク!Y!モバイルが2015年8月1日にサービス開始一周年を迎えることを記念して、「Y!モバイル 一周年記念キャンペーン」が6月11日から開催されている。

他社からの乗り換え(MNP)で契約すると、データ通信容量が2年間2倍になるというキャンペーンだ。スマホプランMであれば通常3GBだが、2年間は6GBになる。

ここまで安くなると、格安SIM会社よりも安く使用することができる。詳しく解説していく。

続きを読む

DMMモバイルの7GBが値下げ!全14プランにおいて業界最安値に!

 

DMMモバイルが7GBプランの値下げに踏み切る

DMMモバイルが7GBプランの値下げに踏み切る2015年現在で、最もオススメの格安SIMは「DMMモバイル」だ。

今回、5月28日にDMMモバイルから7GBプランの料金改定が発表された。データSIMプランで2,040円→1,880円、通話プランで2,740円→2,580円に値下げされる。

DMMモバイルが今回値下げに踏み切ったのは、NTTぷららが展開している「ぷららモバイルLTE」の7GBプランが1,886円(データSIM)・2,586円(通話)に改定されたことを受けた対抗策だ。DMMモバイルは全14プランで業界最安を目指すと宣言しており、今回も早急に対策を行った。

DMMモバイルは安いだけでなく、通信も安定している。また、データを使い切ってしまってもバースト機能が使えたり、繰越が可能だったりとサービスも素晴らしい。

続きを読む

無料通話アプリ「SkyPhone」の評判|メリット・デメリット4選

 

無料通話アプリで普通の通話よりも高音質!

無料通話アプリで普通の通話よりも高音質!「無料通話アプリは音質が悪い」という印象を覆すのが、クアッドシステムが展開する「SkyPhone」だ。

CD音質並みのクリアな音質で無料音声通話が楽しめるだけでなく、電話番号やメールアドレスなどの登録も一切不要だ。

SkyPhoneを実際に使ってみて、メリット・デメリット4選を紹介していく。

続きを読む

格安スマホのメリット・デメリット・注意点8選|通信費用を50%以上節約する

 

格安スマホのメリット・デメリットを把握しよう

格安スマホのメリット・デメリットを把握しようあなたが電話をあまり使わないのであれば、格安スマホに変えることでかなりの節約ができる。

現在、各キャリアで定番のプランは月額8,000円(税別)だ。下記の内容となっている。

基本使用料:2,700円(カケホーダイ込み)
インターネット利用料:300円
インターネット通信量:5,000円(5GB)

毎月8,000円(税抜)なので、年間で96,000円(税抜)をスマホに支払っていることになる。家族2人だと192,000円(税抜)だ。

大手キャリアのスマホ利用料があまりに高いので、格安スマホに切り替える方が急激に増えている。しかし、安いからといって安易に切り替えてしまうと、後悔してしまう場合も多い。

今回は、格安スマホのメリット・デメリットを紹介する。

続きを読む