通信費

格安スマホにDMMモバイルが登場!メリット・デメリットを解説

 

通信費は早急に見直すべき支出

通信費は早急に見直すべき支出2014年に話題になった「格安スマホ」。その中で、2014年12月からサービスを開始したのが「DMMモバイル」だ。

携帯代に月々8,000円、パソコンの通信費に月々3,000円払っている方は多い。しかし、合計で月々11,000円は明らかに払い過ぎだ。

節約をする上で、固定費の節約は必須だ。家・車・保険に次いで、通信費は見直すべき支出と認識してほしい。

今回は、DMMモバイルの詳細と活用法を紹介する。

続きを読む

Yahoo!WiFiで通信料を節約する|月額料金2,743円で速度は文句なし!

 

月額料金2,743円(税別)で速度は文句なし!

月額料金2,743円(税別)で速度は文句なし!外でパソコンを使いたい、タブレットでネットに接続したいという方へ。

外でパソコン・タブレット・スマートフォンを使う機会が増えたため、モバイルルーターの需要が急激に伸びている。

モバイルルーターは、これまでWiMAXが最も人気であった。地下や建物内の電波は弱いものの、速度制限が無く高速通信が可能なためだ。

しかし、WiMAXにもひけを取らない速度で、地下や建物内でも繋がるモバイルルーターが増えている。その中で、最もオススメなのが「Yahoo!WiFi」だ。

Yahoo!WiFiは、月額料金2,743円(税別)で利用できる。モバイルルーターも無料なので、発生するのは月額使用料のみだ。

入会すれば、今だけの特典として「2年間の速度制限無し」「Yahoo!プレミアム会員半年無料」のメリットがある。

このモバイルルーターを使って回線を一つにまとめれば、パソコン・タブレット・スマホの通信料を節約できる。詳しく解説していく。

続きを読む

「楽天モバイル」が格安スマホに参入|メリット・デメリットを紹介

 

大手キャリアに比べ3分の1の料金でスマホが使える

大手キャリアに比べ3分の1の料金でスマホが使える楽天とグループ会社のフュージョン・コミュニケーションズは、格安スマホ「楽天モバイル」を新しく発表した。キーワードは「3分の1の料金」だ。

ドコモ・ソフトバンク・auに比べ、3分の1の料金(月に2GBの通信プランで30分の通話をした場合)で運用できる点が、今回最も注目すべき点だ。

大手キャリアの場合、月に2GBの通信定額プランと30分の通話をすると大体6,500円。楽天モバイルの場合、2.1GBの通信とプリインストールされている楽天でんわアプリを使えば、通話料込みで2,200円程度で収まる。

月に4,300円が節約できれば、1年間で約50,000円だ。家族4人の場合、1年間で約20万円の節約ができることになる。

今回は、楽天モバイルについて詳しく解説していく。

続きを読む

ワイモバイルのMNPは格安!携帯代を半額に節約しよう

 

携帯代は圧倒的に節約できる

携帯代は圧倒的に節約できる「節約をして家計を楽にしたい」と思っている人にとって、携帯代の節約は欠かせない。

毎月8,000円ほどの携帯代を支払っている方は多い。大手3キャリアであるDoCoMo・Softbank・auでスマホを持っていると、大体8,000円前後になる。

しかし、毎月8,000円の携帯代は高すぎる。年間だと96,000円にも上るため、この費用を圧縮できると家計がかなり楽になる。

今回は、新たに8月からサービスを開始した「ワイモバイル」(Y!Mobile)を紹介する。ワイモバイルを活用すれば、携帯代を半額にすることも可能だ。詳しく解説していく。

続きを読む

「楽天でんわ」が3分無料キャンペーン開催中!何度でも利用可能

 

楽天でんわの新キャンペーン「3分無料」

楽天でんわの新キャンペーン「3分無料」通話料を節約できるスマートフォンアプリ「楽天でんわ」から、新しく3分無料キャンペーンが開催されている。

3分無料キャンペーンは、楽天でんわの新規登録で先着5万名様限定のサービスだ。3分0円(3分以降は30秒20円)のプランが提供され、2015年1月10日までは何度でも使えるという。

今回は、3分無料キャンペーンがお得かどうか検証していく。

続きを読む

通信費を節約するにはWIMAX2+の回線一本化が超お得

 

通信費の節約

通信費の節約あなたの家計で通信費が8,000円以上掛かっているのであれば、今すぐ見直してほしい。

通信費とは、パソコン・タブレット・スマートフォンなどのインターネット回線費だ。例えば、フレッツ光に月5,000円、タフレットに月5,500円、スマートフォンに月5,500円で、合計16,000円を毎月払っているケースがよく見られる。

しかし、通信費に毎月16,000円というのは、明らかに払いすぎだ。通信費を節約することができれば、家計を楽にすることができる。

続きを読む

格安スマホを徹底比較|イオン格安スマホ参入により競争が激化

 

格安スマホの参入

格安スマホの参入毎月の携帯代は、家計を苦しめる代表的な出費だ。

ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアに加え、7月から新たに誕生した「ワイモバイル」。イー・モバイルとウィルコムが合併し、さらにヤフーとの業務提携で生まれた会社だ。街中でも「Y!mobile」の赤い看板をよく目にするだろう。

3大キャリアでスマホを使うと6000円~8000円になる。家族4人が3大キャリアでスマホを持ってしまうと、2万円を大きく超えるだろう。

ワイモバイルはスマホの料金プランを解決するために、3000円程度で使えるスマホを展開している。スマホの料金を一人3000円程度に抑えることができれば、家計は大きく助かる。

今回の記事では、格安スマホに参入したワイモバイルに加え、イオンやビックカメラが展開する格安スマホを比較している。

続きを読む

携帯のかけ放題は本当のお得か?通話サービスを検証する

 

携帯の「かけ放題」は比較してから加入しよう

携帯の「かけ放題」は比較してから加入しよう携帯電話各社が導入した「かけ放題」。契約を検討している方は、ちょっと待ってほしい。

かけ放題とは、国内の音声通話が基本料金2700円でかけ放題になるというサービスだ。NTTドコモが実施したサービスに、ソフトバンクとauが追従した。

NTTドコモ「カケホーダイ&パケあえる」は、提供開始から2ヵ月を待たずして600万契約に達し、上々の評判となっている。

たくさん通話をする方にとって、「かけ放題」はありがたいサービスだ。しかし、全ての人にとってお得なサービスというわけではない。

今回は、これまで節約部で紹介した「楽天でんわ」や「LINE電話」との比較も合わせて、携帯のかけ放題を検証する。

続きを読む

プロバイダの乗り換えキャンペーンを賢く活用する通信費節約術

 

節約は固定費から

節約は固定費からあなたは月にどれぐらいの通信費を支払っているだろうか?

携帯代に7000円、家のパソコンに3800円・・・という方は多い。節約をする上で最も大切なのが固定費の削減なので、通信費が高い方は必ず見直してほしい。

今回は、プロバイダの乗り換えキャンペーンを賢く活用する節約術を紹介する。

続きを読む

LINE電話で通話料を節約|iPhoneでも使用可能に

 

通話料節約の最強アプリ

通話料節約の最強アプリ

携帯代を節約する上で、通話料を削減するためのアプリやIP電話の活用は必須だ。

通話料が半額になる「楽天でんわ」が登場し、注目を浴びた。携帯同士の通話をする上で、今までと変わりなく通話できる「楽天でんわ」は、以前に節約部でも紹介している。

↓楽天でんわの記事はコチラ
通話料が半額になる「楽天でんわ」は最強の携帯代節約アプリ

今回は、最近ニュースやネットで話題になっている「LINE電話」を紹介する。格安のLINE電話が登場したことで、大手携帯電話各社も通話に関するサービスが展開されている。NTTドコモからは、6月1日より月額2700円の通話料定額制プランが導入され、他の会社からも同様のサービスが出る予定だ。

これまで、携帯電話の通話料は30秒で21.6円、1分間で43.2円という料金体系だった。少し時間が長引くと、簡単に500円を超えてしまう。

LINE電話は今までAndroid版だけだったが、iPhone版も新しくリリースされた。通話に関するサービスが多く出てくる中で、私たちは様々なサービスを理解して、使いこなす必要がある。通話料を節約したいという方は、楽天でんわの記事と今回の記事を読んで、自分に合ったサービスを使いこなしてほしい。

続きを読む