カーシェアリング

カーシェアリング比較!車代を3分の1にする

drive

カーシェアリングは大手3社を徹底比較して決めるべき

車

家計の出費は車を持つかどうかで、全体の支出が大きく変わります。

車を購入して7年使用するとしても、車両代や保険・車検などを7年で割り振ってみると、月に4万~5万円は使っているはずです。

貯金をするためには、住宅の次に大きな出費となる車を処分すれば、家計は大きく改善しますね。

しかし、普段の生活に必要だから車を所有しているので、簡単には手放せないでしょう。そこでオススメしたいのが「カーシェアリング」です。

最近はカーシェアリングが全国に広がっており、活用することで車を所有する必要がなくなります。

カーシェアリングでは、維持費が掛からず使った分を支払うだけです。車両代・駐車場代・車検代・保険代・ガソリン代が必要ないのは嬉しいですね。

今回は、カーシェアリングの大手3社を徹底比較します。

続きを読む

カーシェアリングの大手3社を比較|どうやって選ぶべき?

 

カーシェアリングは取り入れるべき節約術

カーシェアリングは取り入れるべき節約術家計を苦しめる出費の中で、大きな割合を占めるのが「車」だ。

車の購入費だけでなく、車検・自動車税・任意保険・ガソリン代・駐車場代といった様々な費用が掛かってしまうためだ。通勤で車を使う場合は仕方ないが、土日だけしか乗らないにも関わらず車を所有している人は多い。

車を手放すことができれば、家計は大きく助かる。そこで取り入れてほしいのが「カーシェアリング」だ。

カーシェアリングはレンタカーとは違う。手続きはスマホで予約するだけで、駐車場に行けばすぐに乗れる。レンタカーのように、店舗に行って説明を受ける必要はない。

また、15分から借りることができるので、ちょっとスーパーに行ったりすることも可能だ。

↓カーシェアリングのメリット・デメリットは下記の記事をチェック
カーシェアリングのメリット・デメリット|車代を節約する

カーシェアリングを活用することができれば、車に対する費用は激減する。今回は、カーシェアリングの大手3社を比較して、選ぶ方法を紹介していく。

続きを読む

カーシェアリングは学生のうちに契約しよう!月会費が無料になる!

 

カーシェアリングの契約は学生のうちに

カーシェアリングの契約は学生のうちにあなたが今年学生から社会人になるのであれば、今のうちにカーシェアリングへ入会することをオススメする。

カーシェアリングは、タイムズカープラス(タイムズ)、オリックスカーシェア、カレコ(三井のリパーク)が3強となっている。駐車場で車が借りられるため、レンタカーと違い面倒な手続きがない。

メンテナンス不要で保険にも加入済みのため、時間に対する利用料のみで車を利用できる。車を持つよりも、圧倒的に費用を節約できるのだ。

しかし、カーシェアリングは月会費が掛かるのがデメリットだ。月会費は1,000円ほどで、1,000円分は利用料として充当できるため、1,000円以上利用すれば実質無料となる。しかし、全く利用しなくても月会費は1,000円掛かるため、入会に二の足を踏んでしまう。

そこでオススメするのが、カーシェアリングの「学生プラン」だ。各社では、学生プランだと月会費が無料となっている。

「タイムズカープラス」
学生プラン入会で月額基本料金(1,030円)が4年間無料

「オリックスカーシェア」
学生プラン入会で月額基本料金(2,000円)が5年間無料

「カレコ」
学生プラン入会で月額基本料金(980円)が4年間無料

続きを読む

カレコのカーシェアリングはタイムズよりも安い!首都圏の方は必見!

 

首都圏に住んでいる方はカレコのカーシェアリングを利用しよう

首都圏に住んでいる方はカレコのカーシェアリングを利用しよう節約生活を目指す上で、車の費用削減は必須だ。車の費用を大きく削減する方法として、カーシェアリングの活用がある。

首都圏に住んでいてカーシェアリングを活用したい方は、タイムズカープラスだけでなく「カレコ」(careco)も選択肢に検討してみてほしい。

カレコ(careco)のカーシェアリングは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏4県だけに特化したカーシェアリングサービスだ。ステーション数は4県だけで約800個所に展開している。山手線内エリアでは、業界最多のステーション数を誇っている。

三井物産が100%出資しているので、資本力がありエリア拡大に積極的だ。サービス開始からわずか1年ほどで、タイムズカープラスやオリックスカーシェアと並ぶトップ3のカーシェアリング会社となった。

2014年7月には料金を値下げし、タイムズカープラス以上の格安料金となっている。詳しく紹介していく。

続きを読む