一人暮らし

一人暮らしの電気代平均は4,199円|3,000円以下を達成するための4つの節約術

一人暮らしの電気代平均は4,199円

電気代

一人暮らしで電気代を安くしたいと思っている方へ。

一人暮らしの電気代を節約する前に、まずは平均値を把握しておきましょう。一人暮らしの電気代は全国平均4,199円となっています。

しかし、季節やその人の状況によって電気代は幅があります。ほとんど家にいない会社員の方よりも、学生の方が電気代が高くなりがちです。また、夏や冬は冷暖房の電気代が高くなってしまういます。

電気代の平均値とあなたの状況を把握して、まずは電気代の目標値を決めましょう。平均の4,199円に近い方は、3,000円以下を目標にすると良いです。

電気代を3,000円以下にするために、実践すべき電気代の節約術を4つ紹介します。

続きを読む

一人暮らしの水道代|平均額と節約術4選

1

一人暮らしの水道代は節約するべき?

1

一人暮らしを始める上で、気になることの1つが「水道代」です。

これまで実家暮らしの人にとって、水道代のシステムは全く分かりません。電気代やガス代と違って、水道代は少し特殊でもあるのです。

また、人によって水道代を節約するべき人、節約しなくてよい人がいます。詳しく解説していきます。

続きを読む

コスパ最強の外食14選|一人暮らしの食費を節約する

食費を節約したい一人暮らしの方へ

1

「自炊の方が節約できるのは分かっているけど、忙しくて続かない!」という一人暮らしの方へ。

家族で住んでいると自炊のメリットは大きいですが、一人暮らしの場合は自分だけのために料理を作る必要があります。毎日自炊しないと食材が腐ったりすることもあるので、スーパーで安くなっているお惣菜を買ったり、外食をする人も多いです。

今回は、食費を節約したい一人暮らしの方へ、コスパ最強の外食を紹介します。

続きを読む

一人暮らしのあなたが実践すべきお金の管理術3選

1

一人暮らしで効率の良いお金の管理術

1

一人暮らしをしていると「いつの間にかお金がなくなっていた」という方が多いです。

それは、お金の管理が全くできていないことが原因です。お金の管理が出来ていないので、自分の家計の中で何が問題なのかも分かっていません。

「毎日仕事が忙しくてお金の管理まで手が回らない」という方は多いです。そこで今回は、最も手間が掛からずにお金の管理ができる方法を紹介します。

続きを読む

一人暮らしは自炊・外食の使い分けが重要!食費を3万円以内に抑えよう

1

一人暮らしでは自炊と外食はどっちが安いの?

1

一人暮らしをする中で、自炊が続かずに外食ばかりになってしまう方も多いです。

総務省の調査では、一人暮らしの家庭で食費平均は43,845円となり、外食比率は40%に上ります。

「全体」
食費平均  : 43,845円
外食費   : 17,435円
外食の割合 : 40%

「男性」
食費平均  : 48,099円
外食費   : 21,325円
外食の割合 : 44%

「女性」
食費平均  : 37,335円
外食費   : 11,534円
外食の割合 : 31%

男性に対して、女性は外食の割合が31%程度になっているのが特徴的ですね。自炊をする方が節約に繋がることは確かですが、3食自炊をするのは本当に大変です。

今回は、一人暮らしの自炊・外食をどうするか詳しく解説します。

続きを読む

一人暮らしの暖房費を節約する方法11選

1

一人暮らしの暖房費を節約するには?

1

一人暮らしでは、効率的に暖房器具を使わないと光熱費が格段に高くなってしまいます。

夏に比べて、冬の電気代は1.5倍程度になります。暖房に使用する電気量は多く、暖房費を節約しないと家計の大きな支出となってしまいます。

一人暮らしなのに、部屋全体を暖める必要はありません。無駄な電気代を使っているケースが多く見られるので、この記事を読んでしっかりと暖房費の節約術を行いましょう。

暖房費は工夫することで、半額以下にすることも可能です。詳しく解説していきます。

続きを読む

食費を抑える!一人暮らしの節約献立レシピ14選

main1

一人暮らしの人は節約献立レシピを覚えるべき

節約献立レシピ

あなたが一人暮らしをしているのであれば、節約献立レシピを覚えることで食費を大きく減らすことができます。

一人暮らしだとコンビニや外食が多くなってしまいがちですが、家で作る習慣を作りましょう。レシピをしっかりと覚えて色んな節約レシピが作れるようになれば、自炊も苦にならなくなります。

今回は、一人暮らしにオススメの節約献立レシピを14個紹介します。

続きを読む

手取り18万円の一人暮らし|家計の内訳と貯金をする方法3選

手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能

手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能「手取り18万円でも一人暮らしは可能でしょうか?」という問い合わせを受けました。

手取りとは、本来の給与から税金や社会保険料を差し引いた金額です。年収で言うと、ボーナスも含めると300万円前後になります。

年収300万円なので決して高い給料ではありませんが、かなり低い金額でもありません。一人暮らしは十分に可能ですし、この金額で一人暮らしが出来ないのは問題です。

しかし、一人暮らしをしても貯金が出来ないのでは不安ですね。結婚資金や将来のことを考えると、一人暮らしで生活力を付けつつ貯金もする必要があります。

今回は、手取り18万円での一人暮らしについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

一人暮らしの食費は平均42,202円|月2万円に抑えるための3つの方法

一人暮らしの食費目標は月2万円

一人暮らしの食費目標は月2万円「節約のために食費を抑えたいが、すぐに挫折してしまう」という悩みを持っている人はとても多いです。

総務省の調査によると、一人暮らしの食費は月平均40,202円となります。あなたの家庭では、4万円を下回っているでしょうか?

食費を節約したいのであれば、月2万円を目標にしましょう。1日あたり660円と程度ですね。1日3食であれば、1回の食事につき220円なので、かなりハードルは高いです。

今回は、一人暮らしの食費節約術について、詳しく解説していきます。

続きを読む

一人暮らしの大学生が絶対に行うべき節約術4選

一人暮らしはお金が無い!

一人暮らしはお金が無い!大学生になって一人暮らしを始めた方は、想像以上にお金の面で苦労する方が多いです。

一人暮らしは「家に帰る時間を気にしなくていい」「急なお泊りができる」「プライベートな空間を持てる」といったメリットもたくさんありますが、その分生活費は実家暮らしに比べると格段に負担が大きくなります。

調査によると、一人暮らしの方は生活費を「ほとんど親から+バイト代」が51,7%を占めます。中には「ほとんどバイト代+親から」18.1%、「全てバイト代」7.7%という人もいますが、4分の3はかなりの割合を親に頼っています。

一人暮らしをしている学生の年間平均支出額は218万円にも上りますが、大学生がいる世帯の平均年収が800万円程度のため、4分の1以上が子供の支出になってしまいます。子供が2人いると、2倍になってしまいますね。

今回は、一人暮らしの大学生が絶対に行うべき節約術を4つ紹介します。

続きを読む

一人暮らしの初期費用相場は70万円!その後の生活費を抑える節約術5選

 

一人暮らしをしたい方へ

一人暮らしをしたい方へこれから一人暮らしをしたいというあなたへ。

一人暮らしを始める時、どれくらいのお金が掛かるか把握しているだろうか?お金が掛かるということを認識していても、いくら貯めれば一人暮らしが出来るのかを把握している人は少ない。

今回は、一人暮らしの初期費用・生活費がどれだけ必要かを説明しつつ、一人暮らしに欠かせない節約術を紹介していく。

続きを読む

一人暮らしの電気代平均は4,199円|3,000円以下を目指そう

 

一人暮らしの電気代は3,000円以下に抑えよう

一人暮らしの電気代は3,000円以下に抑えよう一人暮らしのあなたは、毎月どれくらい電気代が掛かっているだろうか?

一人暮らしの電気代は、平均で4,199円だ。部屋の大きさや家にいる時間により異なるが、これより高い方は明らかに使いすぎている。

あなたが電気代を安くしたいのであれば、3,000円以下を目指してほしい。今回は、電気代を3,000円以下にするための方法を3つ紹介する。

続きを読む

一人暮らしの節約術|生活を劇的に快適にするアイテム5選

 

一人暮らしで節約するために欠かせないアイテム5つ

一人暮らしで節約するために欠かせないアイテム5つこの春から一人暮らしを始めたばかりの人へ。

「自炊をするぞ!」「オシャレな部屋にするぞ!」と意気込んでいたものの、忙しくてなかなか手が回っていない方も多いだろう。仕事をしながら、もしくは学校に行きながら家のことをやるのは大変だ。

今回は、一人暮らしを劇的に快適にしてくれるアイテムを5つ紹介する。価格が安い商品で、買うと節約につながるものばかりなので、参考にしよう。

続きを読む

一人暮らしの引越し費用・生活費を節約する9つの方法

 

一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大

一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大春は、一人暮らしを始める方が多い時期だ。あなたは一人暮らしにどれくらいの費用が掛かるか把握しているだろうか?

驚くかもしれないが、初期費用として最低でも70万円は用意しておく必要がある。家賃68,000円の家に一人暮らしする人を例に挙げる。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

あなたは家賃68,000円(他共益費2,000円)の家に住む場合、家賃の6ヶ月分は家の初期費用として見ておこう。

地域や物件によって異なるが、敷金2ヶ月分・礼金1ヶ月分・仲介手数料1ヶ月分・前払い家賃1ヶ月分が相場だ。

その他、火災保険料や鍵の交換費用も掛かるため、家を契約するだけでかなりのお金が掛かってしまう。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

敷金 : 136,000円
礼金 : 68,000円
仲介手数料 : 68,000円
前払い家賃 : 68,000円
火災保険料 : 25,000円
鍵の交換費 : 20,000円

合計    : 385,000円
 
 
 
・引越し費用(55,000円)

また、引越し費用も当然用意する必要がある。荷物の量や距離にもよるが3~7万円が相場となっている。

例えば、愛知県から東京都まで単身引越しサービスを利用した場合、大体55,000円前後だ。
 
 
 
・生活必需品(190,000円)

次に、必要最低限の家具・電化製品・インテリアを揃えよう。

洗濯機 : 30,000円
テレビ : 30,000円
冷蔵庫 : 20,000円
電子レンジ : 10,000円
テーブル : 10,000円
ベッド : 40,000円
その他 : 50,000円

合計 : 190,000円

「その他」は、キッチン雑貨やカーテン、照明器具といった物だ。最低限の物を新品で揃えるだけで、これだけの費用が掛かってしまう。
 
 
 
・給料日までの生活費(40,000円)

社会人の場合、最初の給料日までの生活費も確保しておく必要がある。

食費   : 20,000円
日用品 : 5,000円
交際費 : 5,000円
交通費など : 10,000円

合計 : 40,000円

ギリギリの生活をしたとしても、40,000円は確保しておくべきだろう。

この費用を全て合計すると67万円だ。給料日までの生活費は4万円でギリギリなので、大体70万円が相場となっている。今回は、一人暮らしの引っ越し費用・生活費を節約する9つの方法を紹介する。

続きを読む