節約術

美容院の節約術|劇的に節約できる6つの方法

美容院は高い!節約術を駆使すると3分の1以下にできる!

1

美容院に掛かる費用は、家計の中で大きな出費となります。

カット4,000円を6回行くと、年間24,000円が掛かります。カラー・パーマをする人は、さらにかなりの金額が掛かりますね。家族全員分のカット代となると、年間10万円を超える家庭も多いです。

しかし、美容院代は工夫をすることで大きく節約が可能です。年間の美容院代を3分の1にすることも十分に可能です。

今回は、美容院代の節約術について、6つの方法を紹介します。

続きを読む

一人暮らしの電気代平均は4,199円|3,000円以下を達成するための4つの節約術

一人暮らしの電気代平均は4,199円

電気代

一人暮らしで電気代を安くしたいと思っている方へ。

一人暮らしの電気代を節約する前に、まずは平均値を把握しておきましょう。一人暮らしの電気代は全国平均4,199円となっています。

しかし、季節やその人の状況によって電気代は幅があります。ほとんど家にいない会社員の方よりも、学生の方が電気代が高くなりがちです。また、夏や冬は冷暖房の電気代が高くなってしまういます。

電気代の平均値とあなたの状況を把握して、まずは電気代の目標値を決めましょう。平均の4,199円に近い方は、3,000円以下を目標にすると良いです。

電気代を3,000円以下にするために、実践すべき電気代の節約術を4つ紹介します。

続きを読む

3人家族の食費は平均いくら?食費を5万円以内にする節約術3選

食費の目標はエンゲル係数から考える

1

「食費を節約したい!」と思っている方は、まずは全体の平均値を把握してみましょう。

食費は安くすればいいという費用ではありません。栄養バランスや満足感を考えずに、食べなければ食費は安くなります。しかし、結局は体調を壊し医療費などが高くつくだけで、全く意味がなくなってしまいます。

そこで、まずは平均値を把握して、自分の家庭との金額差を知りましょう。そして、食費の目標金額を設定し、1日当たりの金額を把握することで節約につながります。

3人家族の場合、食費の平均は約68,000円となっています。消費支出の平均が約296,000円のため、エンゲル係数(消費支出に対する食費の割合)は23.0%となります。平均よりも下を目指すのであれば、3人家族で月50,000円が目安になります。

食費が月50,000円ということは、1日当たり1,666円となります。1食500円が目安になりますが、3人家族で1食500円というのは達成に努力が必要となります。

食費をエンゲル係数で考えるのは、その人によって適した食費は異なるためです。エンゲル係数が25.0%を超えているのであれば、平均以上だと思ってください。目標値としては、エンゲル係数を20%程度にすることが理想です。

エンゲル係数の他に、収入から目安を出す方法もあります。消費支出を把握できていない方が参考にしてください。

一般的に食費は収入の15%以下が望ましいので、月の収入が30万円ならば4万5千円、40万円ならば6万円が目安となります。

まずは、現状で月にどれくらいの食費が掛かっているかを把握して、目標値を決めましょう。

続きを読む

水道光熱費を20%削減する節約術17選

1

水道光熱費は長い目で見ると大きな節約になる

1

水道光熱費の節約術と聞くと「電気をこまめに消す」「お湯を使わない」といった我慢をする方法を想像する方が多いです。

しかし、我慢をしなくても水道光熱費を節約する方法はたくさんあります。水道光熱費は一生涯掛かる費用なので、節約術を実践すると長い目でみて効果が大きいです。

今回は、水道光熱費の節約術について詳しく解説していきます。

続きを読む

美容費の節約術5選|月5000円以内に抑えるべき

1

美容費は節約効果が高い

1

あなたは美容のために月いくら掛けていますか?

基礎化粧品・美容院代・エステ・ネイルなど、お金を掛けるといくらでも掛かってしまうのが美容費です。そして、一生掛かっていく費用なので、節約術を実践していけば長い目で見ると節約効果が高い支出です。

ただ節約すればいいだけの支出ではないので、難しいんですよね。今回は美容費の傾向と節約術について、紹介していきます。

続きを読む

節約・貯金をする方法|主婦のあなたがやるべき節約術7選

1

節約上手な主婦はここまでやっている!

1

貯金ができる家計を作るには、主婦の方の節約スキルがとても重要です。家計でお金を使うのは、主婦の方が多いからです。

「毎日お弁当を作る」「スーパーの特売品を買う」「コンセントをこまめに抜く」などの節約も大事ですが、細かい節約術だけでは貯金は貯まりません。

今回は、主婦の方が行うべき効果の高い節約術を7つ紹介します。

続きを読む

ガス代を圧倒的に削減する節約術8選

gas

ガスの50%~80%はお風呂で使われている

“ガスの50%~80%はお風呂で使われている”

「ガス代を節約したい!」という方は多いですが、どこでガスが多く使われているかご存知でしょうか?

ガス代の50%~80%はお風呂で使われています。つまり、お風呂でのガス使用量を減らすことが最も重要です。

次にガスが使われているのはキッチンです。料理や洗い物の時に少し工夫をするだけで、ガス代は節約することが出来ます。

今回は、ガス代の節約術について詳しく解説していきます。

続きを読む

光熱費が圧倒的に安くなる節約術10選

kounetsuhi

光熱費の節約術は絶対マスターすべき

“光熱費の節約術は絶対マスターすべき”

節約術の中で、必ずマスターしてほしいのが「光熱費の節約術」です。

光熱費は、全ての人が関係している支出です。毎月1,000円でも節約することができれば、長い目で見ると大きな節約になります。

光熱費の節約術と聞くと、「我慢して使わないようにする」というイメージを持つ方が多いです。しかし、これでは長続きしません。

今回は、光熱費の節約術の中でも、節約グッズを取り入れるだけ、契約を変えるだけといった方法を中心に紹介します。

これまでと同じように使っていても、光熱費は大きく抑えることが可能です。詳しく解説していきます。

続きを読む

ズボラ主婦でも出来る節約術3選

syufu

ズボラ主婦でも節約術は実践できる!

“ズボラ主婦でも節約術は実践できる!”

「節約特集を見ていても、キッチリとした人でないと出来ない」と思ってしまう企画は多いです。

スーパーの特売品をチェックしたり、毎日節約レシピを作るというのは、すぐに挫折しやすい節約術です。特にズボラ主婦の方は、継続できないでしょう。

今回は、ズボラ主婦でも出来る節約術を解説していきます。一つずつ取り入れて、家計を改善させましょう。

続きを読む

アプリを使った節約術5選|あなたは使いこなしてる?

setsuyakuapri-1

節約にアプリの活用は必須!

“節約にアプリの活用は必須!”

最近では、節約術を紹介していく中でもアプリの活用は必須となりました。

家計簿・フリマ・クーポン・格安ショップの活用など、アプリを使って簡単に節約することができます。

今回は、アプリを使った節約術について、詳しく解説していきます。

続きを読む

子育て中でも貯金ができる節約術5選

子育て中はお金が掛かる

子育て中はお金が掛かる「子供が産まれるまでは順調に貯金が出来たのに、産まれてからは全く貯まらない」という家庭は多いです。

児童手当が毎月1万5千円出て、会社からも子供に対する手当がある場合が多いです。しかし、子供の食費・衣服・おもちゃ・ベビーカー・チャイルドシートなど、必要なものはたくさんあります。

今回は、子育て中に実践してほしい節約術をまとめて、詳しく解説していきます。

続きを読む

20代のお金の使い方5選と自己投資するための節約術6選

20代のお金の使い方は重要!

20代のお金の使い方は重要!私は現在31歳ですが、20代のお金の使い方は本当に重要だったと感じています。

20代は貯金も重要ですが、20代にどれだけ自己投資が出来たかどうかで、30代以降の人生が変わってきます。

しかし、自己投資をするためには無駄な浪費を節約する必要もあります。今回は、20代のお金の使い方と節約術について、詳しく解説していきます。

続きを読む

月5万円貯金するために!生活費の節約術5選

生活費は月5万円節約できる!

生活費は月5万円節約できる!「今月も貯金出来なかった…。」と嘆いていますが、何から節約していいか分からないという人は多いです。

「老後には3000万円の貯金が必要」「子供1人につき1000万円の学費が必要」など、不安を煽る情報はよく聞きます。しかし、ほとんどの家庭ではお金を貯められていないのが現状です。

今回は、今貯金出来ていない家庭が月5万円の貯金をするために、必要な5つの節約術を紹介していきます。

続きを読む

一人暮らしの大学生が絶対に行うべき節約術4選

一人暮らしはお金が無い!

一人暮らしはお金が無い!大学生になって一人暮らしを始めた方は、想像以上にお金の面で苦労する方が多いです。

一人暮らしは「家に帰る時間を気にしなくていい」「急なお泊りができる」「プライベートな空間を持てる」といったメリットもたくさんありますが、その分生活費は実家暮らしに比べると格段に負担が大きくなります。

調査によると、一人暮らしの方は生活費を「ほとんど親から+バイト代」が51,7%を占めます。中には「ほとんどバイト代+親から」18.1%、「全てバイト代」7.7%という人もいますが、4分の3はかなりの割合を親に頼っています。

一人暮らしをしている学生の年間平均支出額は218万円にも上りますが、大学生がいる世帯の平均年収が800万円程度のため、4分の1以上が子供の支出になってしまいます。子供が2人いると、2倍になってしまいますね。

今回は、一人暮らしの大学生が絶対に行うべき節約術を4つ紹介します。

続きを読む

プロパンガスのガス代を15%削減する節約術7選

ガス代は15%削減できる!節約術を紹介

ガス代は15%削減できる!節約術を紹介「今月もガス代が高いなぁ。」と悩んでいる家庭は多いです。特にプロパンガスの家庭は、月1万円以上になってしまう場合も多いですよね。

総務省の家計調査によると、2人以上の世帯でガス代の平均額は年間68,510円(月平均5,709円)です。プロパンガスを使用されている方は、もっと高いですね。

都市ガスに比べてプロパンガスが高いのは、都市ガスが公共料金なためです。国によって決められた基準に基づいて価格が決まっており、プロパンガスに比べると割安です。

対してプロパンガスは、販売ガス事業者が自由に価格を決められます。業者や地域によって料金は全く異なるため、節約できる余地が大きいのです。

今回は、プロパンガスのガス代を15%削減する節約術7選をご紹介します

続きを読む