10万円貯めるのは仕組みを作れば簡単!

1

「あと半年で10万円を貯めよう!」と一念発起しても、すぐに挫折してしまうケースが多いです。

挫折する理由は、計画を立てずに「食費を減らす」「交際費を減らす」ということだけ決めて行うためです。10万円を半年で貯めるには、月に約17,000円を貯める必要があります。

ここから逆算して各項目の目標を決めることで、貯金10万円は必ず達成できます。今回は、10万円を貯める方法について詳しく解説していきます。




10万円貯める方法①「先取り貯蓄」

2

「余ったお金を貯金する」という方は、必ず挫折します。例えば半年で10万円を貯めると決めたら、毎月17,000円を先取り貯蓄しましょう。

先取り貯蓄を行うには、「自動入金サービス」を活用することをオススメします。毎月決まった金額を自動で入金してくれて、手数料も無料です。先取り貯蓄を自動化できるのです。

また、口座を分けることも重要です。1つの口座で管理している方は、今月いくら貯まったのかが把握できません。

ネット銀行の口座を作って自動入金をすると、別口座に貯まるので管理が楽です。

↓「銀行口座の選び方」については下記の記事をチェック!
毎月自動で入金できる自動入金サービス|導入している銀行3選

 


10万円貯める方法②「家計管理」

家計簿

貯金をするために、家計管理は必ず行う必要があります。

月に17,000円の貯金をすると決めたら、どの項目を削れば17,000円を削減できるか検討します。しかし、家計が管理出来ていない家庭では、計画を立てることが出来ません。

家計管理ができるようになると、「今月はこの項目を使いすぎたな」「この項目はもっと削れそう」といった気づきが必ずあります。家計管理を行うと、こういった気づきがあることで浪費が少なくなるのです。

↓「家計管理」については下記の記事をチェック!
理想的な収入に対する支出の割合|2つの家計簿を紹介する

 

10万円貯める方法③「固定費の節約」

4

節約をして10万円を貯めたいと思ったら、まずは大きな出費である「固定費」から削減しましょう。

通信費・車の費用・保険など、毎月の大きな出費を削減できると節約効果が高いのです。

また、一度見直せばその後は我慢する必要もなくお金が貯まるので、食費や光熱費といった変動費よりも固定費の削減から取り組みましょう。

↓「固定費の節約」については下記の記事をチェック!
固定費の徹底的に節約する方法5選

 

10万円貯める方法④「収入を増やす」

副収入

「家計管理をして節約しても貯金10万円に届かない!」という方は、収入を増やすことで貯金10万円を達成しましょう。

最近では個人で収入を増やせる方法がたくさんあります。

その中で、必ず出来るようになるべきなのは「フリマアプリの活用」です。フリマアプリは急速に普及し、誰でも簡単に売買が可能になりました。

特に服や子供のおもちゃなど、子育て世代には本当にオススメです。格段に安く買えるだけでなく、不要な物を売ることで収入が得られます。

また、最近では覆面調査の案件が多くなりました。サービス業の人で不足によりサービス低下が問題となっており、各社で覆面調査が実施されています。

無料で外食できるだけでなく、報酬までもらえるので家計が助かります。

↓「覆面調査」の詳細についてはコチラ
ミステリーショッパーのお勧めサイト3選を比較|副収入・節約に効果大!

 

10万円を貯めるのは難しくない!

6

今回は10万円貯める方法を4つ紹介しました。

あなたの家庭でも実践できる方法があるはずです。10万円を貯めるのは難しくありません。

また、10万円貯めたら何をするか考えましょう。何のためにお金を貯めているかがハッキリしていると、モチベーションが変わってきます。

ぜひ、実践してみてください。