節約デートをしよう

節約デートをしよう夏休みのデートスポットといえば、テーマパークや海といった場所が定番だ。しかし、毎回のように定番スポットに行っていては、入場料・ランチ代・飲み物などかなりの費用が掛かってしまう。

そこで、今回は節約デートとしてオススメのビール工場を紹介する。関東で人気があるビール工場は、「サントリー武蔵野工場」と「キリン横浜ビアビレッジ」の2つだ。

ビール工場の見学デートはビールが無料で飲めるので、お酒好きにはたまらない。作りたてのビールは、普段飲むビールよりも格別に美味しい。




 

サントリー武蔵野工場

サントリー武蔵野工場サントリー武蔵野工場は、人気の見学会なので事前にネット予約をすることをオススメする。

急に行きたくなった時は、電話を掛けておいた方が良い。当日キャンセルがあるので、ネットで予約×になっていても空いている可能性があるそうだ。

プレミアム・モルツが試飲できるので、ビール好きにはたまらない。ビールが飲めない方や車で来場された方にも、ノンアルコールビールやジュースもあるので楽しめる。

おつまみは4種類が出てくる。その時によって違うと思うが、おせんべいやスナック菓子などビールに合うおつまみなので、嬉しいサービスだ。

ビール工場と一緒に、「府中中央市場」「府中郷土の森」と散策するのがベストコースだ。府中の森を散歩した後、工場見学しのどを潤し、帰りに市場で魚を買って帰るのは贅沢な気分を味わえる。

 


キリン横浜ビアビレッジ

キリン横浜ビアビレッジキリン横浜ビアビレッジも、事前にインターネット予約が必要だ。途中、麦汁の試飲や簡単なクイズなどがあり、子供連れでも楽しめる。

工場見学が終わると、最後に1人3枚のチケットが渡される。1枚につき1杯のビールが飲めるので、3杯も試飲することができるのだ。もちろん、おつまみも付いてくる。

敷地内にあるレストランではここでしか飲めないビールもあるので、工場見学の後にレストランでBBQとビールを楽しめる。

横浜ビアビレッジは駐車場も完備されており、車で来る人のためにノンアルコールビールやジュースも用意されている。ビールが飲めない人でも楽しめるようになっている。

 

工場見学は楽しい

工場見学は楽しい今回は関東のビール工場見学を紹介したが、その他にも様々な工場見学がある。子供連れであれば、お菓子の工場見学なども良いだろう。

小学生の子供がいると、夏休みに入り自由研究の宿題がある。工場見学を自由研究の題材にしても面白い。

カップルでもご家族でも楽しめる工場見学。今度の休みに行ってみよう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ