首都圏に住んでいる方はカレコのカーシェアリングを利用しよう

首都圏に住んでいる方はカレコのカーシェアリングを利用しよう節約生活を目指す上で、車の費用削減は必須だ。車の費用を大きく削減する方法として、カーシェアリングの活用がある。

首都圏に住んでいてカーシェアリングを活用したい方は、タイムズカープラスだけでなく「カレコ」(careco)も選択肢に検討してみてほしい。

カレコ(careco)のカーシェアリングは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏4県だけに特化したカーシェアリングサービスだ。ステーション数は4県だけで約800個所に展開している。山手線内エリアでは、業界最多のステーション数を誇っている。

三井物産が100%出資しているので、資本力がありエリア拡大に積極的だ。サービス開始からわずか1年ほどで、タイムズカープラスやオリックスカーシェアと並ぶトップ3のカーシェアリング会社となった。

2014年7月には料金を値下げし、タイムズカープラス以上の格安料金となっている。詳しく紹介していく。




 

カーシェアリングで削減できる費用

カーシェアリングで削減できる費用都市部で生活をする場合、駐車場代で3万円といった地域も珍しくない。車を持っているだけで、下記の費用が掛かる。

・車の購入費
・ローンの場合は金利
・車検費用
・自動車税や重量税
・自賠責保険料
・任意保険料
・ガソリン代
・駐車場代

車を持っていれば、自分の好きなようにカスタマイズできることだ。好きなカーナビを取りつけて好きな曲を入れたり、車内のモニターを取り付けたりできる。

今回紹介する「カレコのカーシェアリング」は、このメリットが無い代わりに、車の維持費を無くすことができる。

土日しか使わないにも関わらず、車に月6万円を払っている方も多くいる。この費用を見直すことができれば、大きな節約になる。

 


カーシェアリングのメリット

カーシェアリングのメリットカーシェアリングとは、自動車を共同利用するサービスだ。

レンタカーは一度使うたびにレンタカー会社へ返却する必要があるが、カーシェアリングは共同使用だ。その分、利用金額が安くなっている。

カーシェアリングの会社は、「タイムズカープラス」「カレコ」「オリックスカーシェア」の3強となっている。これまではタイムズカープラスが他を圧倒していたが、2014年の価格改定により「カレコ」が遜色のないサービスを展開している。

レンタカーは1回借りるごとに窓口で手続きが必要だが、カーシェアリングはスマホやホームページで予約をすれば、すぐに乗ることができる。

ガソリン代も利用料に含まれており、満タンにして返す必要もない。

また、カーシェアリングに登録しておけば、どこのステーションでも借りることができる。例えば、外出先や出張先でも予約をして借りることが可能だ。

カーシェアリングのメリットをまとめると、下記となる。

・とにかく安い
・ちょい乗りができる
・ガソリンを満タンにして返却する必要がない
・レンタカーよりも気軽に借りられる
・旅行先で借りられる
・いろんな車種を楽しめる

近くにタイムズやカレコ(三井のリパーク)のカーシェアリングステーションがあるのであれば、ぜひ活用してほしい。

 

カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングのデメリットカーシェアリングにはデメリットもある。詳しく解説していく。
 
 
・他の予約が入っていると乗れない

他の予約が先に入ってしまっていると、乗りたいのに乗れないケースがある。ステーションに1台しかない場合など、借りられないケースがあることを認識しておこう。
 
 
・荷物を積みっぱなしにできない

当たり前だが、荷物を積みっぱなしにすることができない。チャイルドシートやゴルフクラブを積んでおくといった使い方はできない。
 
 
・車のカスタムができない

自分の気に入ったカーナビを取り付けたり、芳香剤を使うといったことができない。
 
 
・時間内に返却する必要がある

もちろん延長はできるが、次に予約が入っている場合は延長ができない。費用は利用時間によって決まるので、少し長めに予約を入れておこう。
 
 
・乗り捨てができない

レンタカーは他の店舗に返却することができるが、カーシェアリングは借りたステーションに返却する必要がある。
 
 
・使用者のマナーが問われる

レンタカーと違ってお店で毎回清掃しないので、前の使用者が汚く使うことも考えられる。また、全て禁煙なのでタバコは吸えない。
 
 
カーシェアリングはこれらのデメリットがあるが、その分価格はレンタカーよりも格安だ。しかも、思い立ったらすぐに借りることができるので、レンタカーよりも使い勝手は格段に良い。

 

首都圏特化型で三井のリパークに展開

首都圏特化型で三井のリパークに展開カレコのステーション数は約800ヶ所と、カーシェアリング会社ではトップクラスだ。三井のリパークで展開されている。

東京に住んでいて、車は乗らないという方は多い。しかし、カレコのサービスを利用することで、スマホ1台で24時間365日いつでも車を利用することができる。

ガソリンを満タンにする必要もなく、料金は夜だと12時間で2,500円だ。昼間でも3時間2,000円で利用できる。

2014年7月の料金体系変更で、驚くべきなのは6時間まで距離代金が掛からないことだ。6時間パックは3,800円なので、どれだけ走ってもこれ以上の料金は掛からない。

料金プラン

料金プラン1
料金プラン2
 

今ならお得なプランに入れる

今ならお得なプランに入れるカレコのカーシェアリングは、月額980円となっている。しかし、この980円はカーシェアリングの利用料金として使えるので、実質無料だ。(1ヶ月に1度も使わなかったとしても980円は掛かる)

また、学生の場合は月額料金が無料だ。来年から社会人という方も、4年間は学生プランが適用になるので今のうちから入会しておくことをオススメする。

また、今入会すると下記の特典が受けられるキャンペーンが開催中だ。

①入会金無料 通常1,500円⇒0円
②月会費2ヶ月無料(この間無料利用分は付きません。)
③利用クーポン2,000円分プレゼント!
④特別料金(10%OFF)(例えば6時間パック3,800円⇒3,420円、平日プラン80円/10分⇒72円/10分に) ※半年間適用

今だけのキャンペーンなので、入会したいと思っている方は今のうちに入っておこう。

カレコの公式サイトはコチラから

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ