キャッシュバック賃貸で家賃を節約

キャッシュバック賃貸で家賃を節約</span></h2> <p> あなたが新しく引越しをして部屋を探す時に、必ず活用してほしいのが「キャッシュバック賃貸」だ。

賃貸を契約する時には、引越し代金・敷金・礼金・家具・家電など、初期費用が高い。初期費用を少しでも安くするためには、キャッシュバック賃貸がオススメだ。

賃貸情報は174万件の登録があり、Yahoo!不動産などで探す情報と同じ物も多くある。このサイトから申し込むだけでキャッシュバックが最低1万円受けられるので、知らない人は確実に損をしている。


 

なぜキャッシュバックが受けられるのか?

なぜキャッシュバックが受けられるのか?「なぜ賃貸契約をしただけで、キャッシュバックが受けられるの?」と疑問に思った方も多いだろう。

それは、キャッシュバック賃貸は不動産会社からの広告費で運営されているためだ。広告費の一部が契約した方にもキャッシュバックされる仕組みとなっている。

キャッシュバック賃貸が画期的なのは、「掲載」に広告費は掛からないが「契約」した際に広告費が発生することだ。

不動産会社は契約しなければ広告費を払わなくて済むので、無駄なお金が掛からずメリットが大きい。また、キャッシュバック賃貸を利用する方も、1万円以上もらえて家賃が節約できるメリットは大きいのだ。

掲載にお金が掛かる賃貸情報サイトは、例えば「HOME’S」「SUUMO」といったサイトだ。こういったサイトは掲載に対してお金が掛かるが、その費用対効果は分かりづらい。

契約に広告費が掛かるサイトは、今後も増えていくことが考えられる。

 


最低1万円のキャッシュバックが受けられる

最低1万円のキャッシュバックが受けられるキャッシュバック賃貸では、最低でも1万円のキャッシュバックが受けられる。

キャッシュバックが大きい賃貸物件だと、40万円以上の物件もある。(もちろん、家賃も40万程度はする物件だ。)だが、最低でも1万円がもらえるというのは、初期費用を抑えて家賃を節約する上で効果が大きい。

キャッシュバック賃貸から契約しても、他のサイトや不動産会社で賃貸契約をしても、家賃などの条件は全く同じだ。利用しない手はないだろう。

 

174万件の賃貸情報がある

174万件の賃貸情報があるキャッシュバック賃貸では、現在174万件の賃貸情報がある。

これだけ賃貸情報が多い理由として、アパマンショップやミニミニといった大手の賃貸情報会社が情報を掲載しているためだ。

キャッシュバック賃貸の仕組みは画期的で、これからも不動産情報は増え続けていくだろう。

 

キャッシュバックは契約成立後に申請する

キャッシュバックは契約成立後に申請するキャッシュバックを受け取るには、契約が成立後に申請をする必要がある。

会員登録をした上で、キャッシュバックを申請しよう。入金されるまでは、5日~30日程度が掛かる。キャッシュバック賃貸から不動産会社への確認を行い、銀行口座に振り込まれる。

キャッシュバック申請の有効期限は、物件の問い合わせから60日以内なので注意しよう。

 

賃貸物件を探す時には必ずチェックしよう

賃貸物件を探す時には必ずチェックしよう賃貸物件を探す時には、Yahoo!不動産やHOME’Sといったサイトを探す人が多いだろう。

家賃を節約するには、安くて条件の良い部屋探しが重要だ。そこで気に行った部屋があったら、まずはキャッシュバック賃貸を確認しよう。同じ部屋が掲載されている場合、家賃も同じ場合が多いからだ。

契約をした際は、キャッシュバック申請をするだけなので手間も少ない。これだけで1万円以上のキャッシュバックが受けられるので、大きな家賃の節約につながる。

キャッシュバック賃貸の公式サイトはコチラから