コンビニではクレジットカード払いをしよう

1

私はコンビニで支払う時に、必ずクレジットカード払いをしています。あなたは何で支払っているでしょうか?

コンビニでの支払い方法の調査では、ほとんどの方が現金や電子マネーでの支払いです。クレジットカード払いを定期的にしている方は18.2%、毎回使っている人は6.9%と少数になっています。

また、コンビニでのクレジットカード払いにためらいがあるかどうかを聞くと、66.5%の人が「ためらいを感じる」という結果になりました。

しかし、コンビニでの支払いは年間だとかなりの金額になります。例えば、あなたが毎日コンビニで300円を支払っている場合、年間で約11万円を支払っています。

現金や電子マネーよりも、クレジットカードの方がポイント還元率が高いです。あなたが還元率1.2%のクレジットカードを使っている場合、年間1,330円分のポイントがもらえることになります。

今回は、コンビニでのクレジットカードば払いについて、詳しく解説していきます。




クレジットカードが使えるコンビニ

2

そもそも「コンビニでクレジットカードが使えることを知らなかった」という方も多いです。

大手コンビニだけでなく、今ではほとんどのコンビニでクレジットカード払いが可能です。大手コンビニの取り扱っている国際ブランドを紹介します。
 
 
「セブンイレブン」
JCB / Visa / MasterCard / アメリカン・エキスプレス / ダイナースクラブ

「ローソン」
JCB / Visa / MasterCard / アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ / UnionPay(中国銀聯) / Discover

「ファミリーマート」
JCB / Visa / MasterCard / アメリカン・エキスプレス / ダイナースクラブ / UnionPay(中国銀聯)

「サークルK・サンクス」
JCB / Visa / MasterCard / アメリカン・エキスプレス / ダイナースクラブ / Discover
 
 
クレジットカード払いをしない理由として、サインや暗証番号がめんどくさいという方が31.2%もいます。

しかし、コンビニでは1万円以下の支払いに対してはサイン・暗証番号は必要ありません。コンビニで1万円以上支払うことはほとんどないですね。

Apple Payも全てのコンビニで対応しています。

 


クレジットカードで支払うことが出来るもの・出来ないもの

3

コンビニではほとんどの商品がクレジットカード払い可能ですが、中には出来ないものもあります。
 
 
・クレジットカード払いが出来るもの

映画やテーマパークの入場券・コンサートチケット・高速バスのチケット・航空券などはクレジットカード払いが可能です。

チケットや航空券は単価が高いので、必ずクレジットカードで支払うようにしましょう。
 
 
・クレジットカード払いが出来ないもの

電気・水道・ガスなどの公共料金は、クレジットカード払いが出来ません。

また、切手・ハガキ・年賀状や、クオカードなどのプリペイドカード、各自治体指定のゴミ袋なども不可となっています。

宅配便の送料は各社バラバラです。セブンイレブンやサークルKサンクスでは、ヤマト宅配便をクレジットカードで支払えますが、ファミリーマートではファミマTカードのみ可能となっています。

 

コンビニでクレジットカード払いをするメリット3選

4

次に、クレジットカード払いをするメリットを3つ紹介します。
 
 
・ポイントが貯まる

クレジットカード払いの最大のメリットが「ポイントが貯まること」です。

今現在で最もオススメのクレジットカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%を達成している「リクルートカード」です。コンビニでの年間の支払額が10万円の場合、1,200円分のポイントがもらえます。

↓「リクルートカード」の詳細はコチラから
年会費無料の最強クレジットカード「リクルートカード」のメリット・デメリット8選

コンビニに限らず、ファミレスやスーパーでも必ずクレジットカードを使うことで、かなりのポイントが貯まります。
 
 
・支払いがスムーズ

これまでコンビニでクレジットカード払いをしたことがない方は、ぜひ一度試してみてください。

「こんなにスムーズに支払えるの?」と驚くはずです。カードを差し出せば店員は分かってくれますし、10,000円以下であればサインや暗証番号も必要ありません。

また、1回払いのみなので、支払い回数を聞かれることもないのです。現金払いよりも圧倒的にスムーズです。混雑した店内でも、全く心配ありません。
 
 
・家計簿アプリと連携出来る

私は家計簿アプリで家計を管理しており、クレジットカードを使うと自動で家計簿に反映されます。

しかし、現金払いをすると自分でアプリから入力する必要があります。コンビニで支払う機会は多いので、家計簿を自動化出来るメリットは大きいです。

 

コンビニでクレジットカード払いをするデメリット

5

これだけメリットのあるコンビニでのクレジットカード払いですが、デメリットを挙げるとすれば「少額払いにクレジットカードを出すのが恥ずかしい」ということでしょうか?

また、クレジットカード払いは店舗側に手数料が掛かります。手数料が3%の場合、100円購入すると3円の手数料が掛かっているのです。

このことを知っている方は、クレジットカード払いを控える傾向があります。

 

クレジットカード払いは店員から感謝される

6

デメリットを紹介しましたが、実はクレジットカード払いは店員から感謝されます。

つり銭の間違いもなく、カードを通すだけなので現金払いよりもスムーズだからです。コンビニのアルバイトは、クレジット手数料なんて考えていません。

ここまでメリットの多いコンビニでのクレジットカード払いを、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?