代表的な雑誌が網羅されて月額たったの432円「dマガジン」

代表的な雑誌が網羅されて月額たったの432円「dマガジン」あなたが電車通勤などでスマホ・タブレットを見る時間が長いのであれば、ドコモが展開している「dマガジン」は利用を検討すべきサービスだ。

「dマガジン」は、月額400円(税込432円)で雑誌が読み放題の驚くべきサービスだ。代表的な週刊誌・メンズファッション・レディスファッション・ビジネス・グルメなど、定期的に発刊されているメジャーな雑誌は、ほぼカバーされている。

雑誌のタイトル数は現在約120誌となっており、毎日のように新しい雑誌が更新されている。今回は、「dマガジン」について詳しく解説していく。

スポンサーリンク

 

dマガジンの詳細

dマガジンの詳細dマガジンは、2014年6月に開始したサービスだ。2月10日現在で、契約数は130万件を超え、着実に定着化している。

最大の特徴は、月額400円(税込432円)という雑誌1冊分にも満たない料金設定だ。この料金で、メジャーな雑誌は網羅されている。

私は、雑誌を流し読みしながら、気に行った記事はスクリーンショットで保存している。dマガジンにはクリッピング機能があるが、100記事までしかクリッピングが出来ず、雑誌によってはクリッピングが使えない物もあるためだ。

 

dマガジンのメリット

dマガジンのメリットdマガジンのメリットを詳しく解説していく。
 
 
 
家でダウンロードして後で読める

「バックグラウンドダウンロード」という機能をオンにしておけば、開いた雑誌を一冊まるごとダウンロードできる。

例えば、家で読みたい雑誌をダウンロードしておき、電車の中で読むことも可能だ。

雑誌データは重いので、端末の空き容量を圧迫してしまう。容量には気を付けて利用しよう。キャッシュ削除機能から、読んだ雑誌は簡単に削除できる。

また、通信料が大きいため、家でWiFiと繋いでダウンロードすることをオススメする。

「容量の目安」

・週刊アスキー(126ページ)=約90メガバイト
・LEON(108ページ)=約100メガバイト
・日経WOMAN(83ページ)=約80メガバイト
 
 
 
普段読まない雑誌を読める

ネットで読むメリットとして、普段は読まない雑誌を気軽に読むことができる。

あなたが男性でダイエットに興味があるとすれば、「POP-EYE」や「BRUTUS」といった雑誌を読むだろう。dマガジンを使うことで、例えば「an・an」や「女性自身」といった女性誌のダイエット特集も読むことができる。

野球・ゴルフ・釣りなど、趣味の雑誌も多く配信されている。今まで知らなかった雑誌に出会えるのも、dマガジンの魅力だ。
 
 
 
今なら31日間のお試し利用ができる

通常は7日間のお試し期間が用意されているが、今なら31日間の無料お試しが可能だ。お試し期間中に解約するのであれば、料金は全く掛からない。実際にサービスを試せるのは、嬉しい特典となっている。

お試しについて、1点注意事項がある。それは、契約日をいつにするかだ。dマガジンは日割り計算ができないので、1日でも使用すれば月額使用料が掛かる。例えば、2月26日に契約した場合だ。

・2月26日に契約 → 無料期間は3月28日まで → 3月から月額使用料が発生
・3月2日に契約 → 無料期間は4月1日まで → 4月から月額使用料が発生

つまり、月初に契約した方が、1ヶ月分の利用料を減額できる。

 

これからも機能改善が期待される

これからも機能改善が期待されるdマガジンは、バックナンバーを探すのが難しい・検索機能が使いづらいといった機能的なデメリットもある。

しかし、こういったデメリットは、開発者が3月までに改善すると宣言している。また、雑誌も今以上に増やすことを公言しているので、さらに使い勝手が良くなることは間違いない。

しかも、1度契約すれば5つの端末まで使用可能だ。家族で利用しても432円で利用できるのは、本当に凄いサービスだと思う。

「dマガジン」の公式サイトはコチラ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ