通信費は早急に見直すべき支出

通信費は早急に見直すべき支出2014年に話題になった「格安スマホ」。その中で、2014年12月からサービスを開始したのが「DMMモバイル」だ。

携帯代に月々8,000円、パソコンの通信費に月々3,000円払っている方は多い。しかし、合計で月々11,000円は明らかに払い過ぎだ。

節約をする上で、固定費の節約は必須だ。家・車・保険に次いで、通信費は見直すべき支出と認識してほしい。

今回は、DMMモバイルの詳細と活用法を紹介する。

スポンサーリンク

 

格安スマホを展開するMVNOとは?

格安スマホを展開するMVNOとは?MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。何やら難しそうだが、携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことだ。

今ではたくさんの事業者がMVNOとして、いろんなサービスを提供している。

DMMモバイルの場合、NTTドコモから無線通信インフラを借りている。NTTドコモの通信網なので、電波の入り具合や通信速度は、NTTドコモと何も変わらない。

「なぜここまで安くできるの?」と思うだろう。それは、大手キャリアに比べて維持費が安くなるからだ。

大手キャリアはテレビCMを投下したり、多くの店舗を持っている。対して、MVNO業者は広告費・人件費が圧倒的に安くなる。

そのため、格安の通信費でサービスを展開できるのだ。

 

料金

料金DMMモバイルの基本料金は、データプランで最低月々660円からとなっている。通話もできるプランだと、最低月々1,460円だ。

【データSIMプラン】

1GB : 660円
2GB : 770円
3GB : 850円
5GB : 1,270円
7GB : 2,040円
8GB : 2,140円
10GB : 2,250円

【通話SIMプラン】

1GB : 1,260円
2GB : 1,470円
3GB : 1,550円
5GB : 1,970円
7GB : 2,740円
8GB : 2,840円
10GB : 2,950円

【シェアコース】

※シェアコースはSIMを最大3枚まで使える。通話SIMを1枚加えるごとに+700円が発生する。

(8GBの場合)
データSIMプラン1枚 : 2,140円
データSIMプラン2枚 : 2,840円
データSIMプラン3枚 : 3,540円
通話SIMプラン1枚 : 2,840円
通話SIMプラン2枚 : 3,540円
通話SIMプラン3枚 : 4,240円

(10GBの場合)
データSIMプラン1枚 : 2,250円
データSIMプラン2枚 : 2,950円
データSIMプラン3枚 : 3,650円
通話SIMプラン1枚 : 2,950円
通話SIMプラン2枚 : 3,650円
通話SIMプラン3枚 : 4,350円
 
 
 
1ヶ月で使い切れなかった基本データ通信量は、翌月に繰り越される。2ヶ月後以降は繰り越されない。

通話料金は20円/30秒、テレビ電話は36円/30秒だ。通話料金は割引価格のない大手キャリア(NTT・ソフトバンク・au)などと同じ料金だが、「楽天でんわ」を使うことで半額にできる。登録料・月額使用料も一切無料だ。

↓楽天でんわの詳細はコチラ
通話料が半額になる「楽天でんわ」は最強の携帯代節約アプリ

音声通話機能の可否は下記となっている。留守番電話が使えない事が注意点だ。

キャッチホン : ×
留守番電話 : ×
転送電話 : ○
国際ローミング : ○
国際電話 : ○
迷惑電話ストップサービス : ○
遠隔操作 : ○

【対応SIMカード】

対応SIMカードは、「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3種類だ。androidスマホだけでなく、iPhone 6/6 Plus、iPhone 5S、iPhone5Cでも、もちろん利用可能だ。

番号ポータビリティ(MNP)にも対応しているため、電話番号を変更する必要がない。

【初期登録手数料・解約料】

SIMカードの初期登録手数料として、3,000円がかかる。

データSIMプランの最低利用期間は、利用開始日を含む月の末日までだ。解約手数料はない。

通話SIMプランの最低利用期間は、利用開始日の翌月1日から12ヶ月間だ。例えば、2015年1月20日利用開始の場合は、2016年1月末日迄となっている。

この期間内に解除する場合は、解約手数料が9,000円(税抜)掛かる。

大手キャリアの2年縛りは自動更新のため、1ヶ月間の更新月以外は解約料が発生してしまう。1年経てば自分の好きなタイミングで解約できるので、安いだけでなく利便性も高い。

 

オプション

オプション続いて、オプション機能を紹介する。

【テザリング】

DMMモバイルは、スマホ経由でパソコンやタブレットでインターネットができるテザリングが可能だ。テザリングが不可の格安スマホが多いので、嬉しい機能だ。

【補償】

故障などの補償は、下記の通りだ。

・自然故障、破損、水漏れのトラブル時に補償がある「端末交換オプション」(月額350円)

・セキュリティソフトが使える「セキュリティオプション」(月額250円・最大2ヶ月無料)

・2つのオプションがセットの「安心パック」(月額500円・最初の最大2ヶ月300円)

【追加チャージ】

基本データ通信量を超過してしまった場合も、追加チャージを購入すれば継続して高速データ通信を利用できる。

さらに、購入した追加チャージは購入分がなくなるまで3ヶ月間利用可能だ。

100MB : 200円
500MB : 1,000円(3月末まで600円のキャンペーン)、1,000MB : 2,000円(3月末まで1,100円のキャンペーン)

【バースト機能】

2015年3月に提供予定のアプリを利用すると、高速通信のオンとオフを切り替えることができる。

高速通信をオフにすると通信速度は最大200kbpsとなる。しかし、200kbps通信でも、最初の一定量だけは高速通信で読み込む“バースト機能”を搭載している。

メール受信など、短時間の通信に対しては非常に有効だ。バースト転送の時間内に全部受信することができれば、高速通信時と何ら変わらない。

ウェブサイトの閲覧でも1~2ページぐらいなら読み込みが完了できる。

通信速度は、高速通信ONの設定時は、下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsだ。高速通信OFF時は最大200Kbpsとなっている。

 

スマホとのセット購入

スマホとのセット購入DMMモバイルでは、スマホ端末も一緒に購入することができる。ホームページでは、ASUS「Zenfone5」をオススメの端末としている。

(ASUS Zenfone5)
一括 : 31,000円
分割 : 1,395円/月×24ヶ月

しかし、DMMモバイルでスマホを購入するのは否定的だ。Zenfone5(フリーSIM端末)であれば、Amazonで29,000円前後で購入できる。

また、端末代は上がるが、個人的にはGoogleが販売している「Nexus5」がオススメだ。メモリ容量・早さ・使い勝手を考えると、費用対効果は抜群だ。「Nexus5」は、DMMモバイルでは販売していない。

どうしても長期補償を付けたい場合はDMMモバイルから購入すればよいが、個人的には端末は別で購入することをオススメする。

 

通信費の節約術

通信費の節約術通信費を圧倒的に節約するには、パソコンとスマホの通信をまとめる必要がある。

パソコンだけ、スマホだけの通信を別で契約すると、高くなってしまうためだ。

そのためには、スマホは最小限のプランに加入しよう。DMMモバイルの、通話SIMプラン(1GB : 1,460円)だ。

通信費が1GBだと、ほとんどの方が足りない状況だ。そこで、モバイルルーターを契約する。現在最もオススメなのは、月額料金2,743円の「Yahoo!WiFi」だ。

「Yahoo!WiFi」は、通信料の上限が無く使えるモバイルルーターだ。Yahoo!WiFiは、とにかくエリア広い。ワイモバイルLTEネットワーク・ソフトバンク4G・ソフトバンク4G LTEに対応しているため、ソフトバンクが繋がる場所は繋がると思って大丈夫だ。

人口カバー率は99%となっている。これだけエリアが広いにも関わらず、スピードは下り最大165MbpsとWiMAXにも引けを取らないので、パソコンの通信もサクサクだ。普段はルーターを持ち運ぶことで、スマホの通信を使うことはほとんどなくなる。

↓詳しくは下記の記事をチェック
Yahoo!WiFiで通信料を節約する|月額料金2,743円で速度は文句なし!

Nexus5を購入した場合、全体の通信費は下記となる。全て税抜き価格での計算だ。

1,582円(nexus5 37,962円÷24ヶ月)+1,460円(DMMモバイル)+2,743円(Yahoo!WiFi)=月額5,785円(税抜)

今まで月々11,000円掛かっていた通信費が、5,785円にするうことができる。年間で62,580円の節約につながる。

通信量の制限も無く、nexus5を使っているのでスマホ機能も良い。2年縛りもなく1年が過ぎればいつでも解約できる。通信や電話もこれまで通りできるにも関わらず、通信費を約半分にすることが可能なのだ。

 

DMMモバイルの特典

DMMモバイルの特典DMMモバイルでは、サービス開始の特別特典を用意している。

【基本料金2ヶ月無料キャンペーン】

2015年2月28日までに、新規で通話SIMプランへ申し込むことが条件だ。2ヶ月間無料なので、1GBプランの場合、さらに2,920円お得になる。

【毎月の請求額に対して10%のDMMギフト券プレゼント】

DMMのオンライン・ビデオ・サービスなどに利用可能だ。終了時期は未定となっている。

これまでの格安スマホは、最低でも2GBプランが多かった。DMMモバイルは1GBで1,460円という通話SIMプランを展開しているので、さらに通信料は安くなっている。

あなたの家計は、通信費を払い過ぎていないだろうか?食費を年間6万円節約することは難しいが、通信費は節約できるのでぜひ実践してほしい。

DMMモバイルの公式サイトはコチラ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ