ドラッグストアは安い

ドラッグストアは安いドラッグストアに行くと「安い!」と思う日用品や食品をよく見かける。近くのスーパーよりも格段に安くなっていて、日用品を目当てにドラッグストアに行く人も多いだろう。

今やドラッグストアでは、あらゆる物を買うことができる。日用品・食品が豊富に取り揃えられており、薬品や化粧品以外のコーナーの方が大きいほどだ。

しかし、なぜドラッグストアでは安く日用品や食品が手に入るのだろうか?今回はその理由を3つ紹介する。

 

①日用品や食品には利益を求めていない

①日用品や食品には利益を求めていないスーパーでは、日用品や食品を売ることで利益を得ている。しかし、ドラッグストアで利益を得ているのは、原価率の良い化粧品や薬品だ。

そこで、ドラッグストアでは、日用品や食品をスーパーより安く提供することで来店してもらい、化粧品や薬品の購入もしてもらうビジネスモデルを取っている。

日用品や食品に利益を求めていないため、安く提供できるのだ。

 


②チェーン展開による大量注文

②チェーン展開による大量注文ドラッグストアは、全国チェーンのお店がほとんどだ。マツモトキヨシ・セイムス・ウェルシアなど、様々な地域で見かける。

全国でチェーン展開しているため、日用品や食品を仕入れる際にはスーパーの何十倍という量を一度に注文する。

大量注文をすることで、商品の単価を下げることができるのだ。単価が下がるため、当然お店での販売価格は安くなる。

 

③ドラッグストアの大半は直営店

③ドラッグストアの大半は直営店コンビニはフランチャイズ展開のため、本部に売上の一部を渡さなければならない。

しかし、ドラッグストアはほとんどが直営店のため、そういった費用が掛からない。

この理由から、コンビニに比べ価格差を有利に付けられる。例えば、ドラッグストアでは500mlのお茶が60円なんてことがよくあるが、コンビニでは絶対に見られない。

 

品揃えも多いドラッグストアを使いこなそう

品揃えも多いドラッグストアを使いこなそうドラッグストアは安いだけでなく、最近では品揃えの豊富さにも驚く。また、プライベートブランドの取扱も多い。

特売品を狙ってあちこちのスーパーに行くよりも、ドラッグストアで買いそろえた方が結果的に安かったりする。

これまでドラッグストアを活用してこなかった方は、ぜひ一度覗いてみてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ