増税が確定したので買うべきものを考えておこう

1

衆議院選挙では自民党が大勝し、延期されていた消費税の増税は2019年10月が決定的となりました。

消費税が10%になった場合、年間約15万円の負担増と言われています。そこで、これから増税を見越して買い物をしていく必要があります。

特に家や大型家電などはすぐに買えないので、きちんと検討する必要があります。増税の直前に購入する場合、駆け込み需要があることを売る側も分かっているので、思っていたよりも値引きにならないケースも多いです。

今回は、増税前に買うべきものをランキング形式で紹介します。




増税前に買うべきものランキング ベスト5

2

増税前に買うべきものをランキング形式で5つ紹介します。
 
 
第1位 大型家電

すぐに新型が出るパソコン・スマホを買い換える必要はありません。2%の増税よりも、その後の売れない時期に値切る方がお得なケースも多いです。

家電の中でも、増税前にはエアコン・冷蔵庫といった大型家電を狙いましょう。高額で値下がりしにくく、増税後も安売りされることはありません。

また、このような大型家電は高額なので、消費増税前に購入するメリットが大きいです。
 
 
第2位 定期券

仕事や通学で使う定期券は、必ず増税前に購入しましょう。

例えば、3ヶ月定期を毎回買っている人は、増税前は6ヶ月定期を購入するようにしましょう。電車賃は絶対に割引がないので、増税前がオススメです。
 
 
第3位 ブランド品や高額衣料

ロレックス・ヴィトン・ブルガリなど、高級ブランドは値下げされることがありません。値段も高いので、欲しいものがある人は増税前に必ず買いましょう。

スーツ・時計・靴なども同様です。増税後に大きな割引が実施されることはないので、増税前に買うのが正解です。
 
 
第4位 化粧品

百貨店の化粧品などは、増税後に安く売られることはありません。

何年も同じブランドを使っている人は、増税前にまとめ買いをしておきましょう。
 
 
第5位 娯楽施設のチケット

ディズニーランド・USJ・遊園地・水族館など、年間パスポートを持っている方は増税前に買いましょう。

娯楽施設のチケットも、消費税が上がったからといって値下げされることはありません。

 


増税前に買わなくてよいもの3選

3

次に、増税前に買わなくてよいものを3つ紹介します。
 
 
・家

人生で最も高い買い物である「家」ですが、増税前に買わなければと焦る人が多いです。

しかし、まず注意したいのが「土地は非課税」だということです。4000万円の家で土地が2,500万円であれば、消費税が掛かるのは1,500万円に対してだけです。

また、家は値引き額が大きい買い物です。増税前は駆け込み需要があることが分かっているので、値引き額が少なくなってしまうのです。

増税の直前ではなく、1年前など駆け込み需要が始まる前に買う方がベストです。
 
 
・家電

パソコンやスマホなどの家電は、消費税が上がるからといって増税前に買う必要はありません。

パソコンやスマホは増税後に大幅値引きが実施されることが多く、毎年のように新しい機種が発売されます。古い機種はすぐに安くなるので、増税よりも発売のタイミングが大事です。
 
 
・衣料品

衣料品はセールで30%~50%になるのは当たり前です。2%分の消費税よりも、セールを狙う方が安く買うことができます。

値引きないブランド品・時計・スーツなどは増税前が狙い目ですが、それ以外の衣料は買わなくてもいいです。

 

これから増税に備えよう

4

「消費税の増税はまだ先」だと思うかもしれませんが、増税前は駆け込み需要があるので、売る側の割引が低い状況です。

もし家など購入までに時間が掛かるものは、今から考えておく必要があります。今なら増税の影響はないので、割引幅も大きく金利もこれ以上は下がらないでしょう。

増税前に買うべきもの見極めて、賢く買いましょう。