眼精疲労による肩こり・頭痛が酷い方へ

眼精疲労による肩こり・頭痛が酷い方へ最近ではパソコンやスマホにより目が酷使されており、眼精疲労による肩こりや頭痛に悩まされる方が多いです。

酷い症状だと、吐き気やめまいにまで繋がってしまいます。仕事上パソコンをずっと見なければならない人も多いでしょう。

そこで今回は、眼精疲労の対策アイテムでコスパ最強のグッズを3つ紹介します。

 

なぜ肩こりや頭痛になるのか

なぜ肩こりや頭痛になるのか眼精疲労の対策アイテムを紹介する前に、なぜ肩こりや頭痛が発生してしまうのかを解説します。

まず肩こりですが、人の目の周りには薄い筋肉が集まっています。目を使い過ぎると、目の周りの筋肉が疲れたり、コリを溜めてしまいます。

その疲れが首や肩に広がることで、筋肉が硬くなり血の巡りが悪くなります。その結果、肩こりに繋がってしまいます。

また、頭痛は頭の血管が何らかの理由で拡張して太くなり、血管周辺の神経を刺激するために痛みが起こります。首や肩の筋肉が緊張して凝り固まると、血管不良になり拡張してしまう結果、頭痛に繋がってしまいます。

 


眼精疲労の対策アイテム①「あずきのチカラ」

眼精疲労の対策アイテム①「あずきのチカラ」ホットアイマスクで有名なのはめぐりズムですが、私は「あずきのチカラ」をオススメします。

その理由は、何度でも繰り返し使えるためです。めぐりズムは使い捨てなので1回当たり65円程度と高額ですが、何度も使用できるあずきのチカラは経済的です。

価格は本日時点で625円の送料無料です。200回使用可能なので、1回当たり何と3円程度です。これだけ安ければ、気兼ねなく使用できます。

使い方は、レンジで温めるだけです。温める時間を調節することで温度調整が可能なので、好みの温度に出来ることも嬉しいです。

 

眼精疲労の対策アイテム②「DHC ブルーベリーエキス」

眼精疲労の対策アイテム②「DHC ブルーベリーエキス」次にオススメするのが、ブルーベリーのサプリメントです。

ブルーベリーが目の疲れに効果的なのはご存知の方が多いですね。アントシアニンというポリフェノールの一種である成分が、抗酸化作用や疲労回復効果をもたらします。

目には情報を伝えるロドプシンという物質があり、ロドプシンは光を受けると分解され、また再合成され元の状態に戻ります。

目を使い過ぎると目がショボショボするのは、ロドプシンの再合成が追いついていないためです。このロドプシンの再合成を促す働きがアントシアニンにはあり、視覚機能が改善するのです。

仕事で毎日のようにパソコンを長時間使っている方は、ブルーベリーのサプリメントをオススメします。

 

眼精疲労の対策アイテム③「めぐりズム ホットアイマスク」

眼精疲労の対策アイテム③「めぐりズム ホットアイマスク」最後に、めぐりズムのホットアイマスクも紹介しておきます。

あずきのチカラよりも優れている点は、耳に掛けることができ、使い捨てなので衛生的だということです。

あずきのチカラは寝て使う必要がありますが、めぐりズムは耳掛けがあるので座っていても使用できます。軽いので、出張や旅行に持っていくのであれば、めぐりズムがオススメです。

 

出来るだけスマホは見ないように

出来るだけスマホは見ないように眼精疲労の対策アイテムを紹介しましたが、仕事でパソコンを長時間使う方は、スマホはあまり見ないように心がけましょう。

スマホを見る時間を減らして、今回紹介したアイテムを使うことで、眼精疲労は改善できるはずです。グノシーやスマートニュースなど、何となく見てしまっている方も多いと思います。

肩こりや頭痛に悩まされることが無くなれば、快適な毎日が過ごせます。ぜひ活用してみてください。