節約グッズで光熱費など大きく削減できる

節約グッズ

節約して家計の出費を減らしたいのであれば、節約グッズを取り入れて光熱費などの支出を削減することが重要です。

節約術の中でも、使用する時間や頻度を減らす方法は大変です。節約グッズを使った節約術だと、一度取り入れれば継続的に節約することが可能になります。

今回は、節約グッズのおすすめランキング12選を紹介します。


節約グッズのおすすめランキング12選

節約グッズ2

それでは、節約グッズをランキング形式で12個紹介していきます。
 
 
 
第12位「充電式電池」

アマゾンのプライベートブランドで展開している充電式の電池は、コスパ抜群の商品です。

約1,000回の充電ができるにも関わらず、この価格を実現しています。

充電式の電池は「あとちょっとで無くなりそう」という時に気軽に充電できるのもいいですね。

 
 
 
第11位「着る毛布 mofua」

着る毛布は安い商品も多いですが、私は「着る毛布mofua」をオススメします。

安い毛布は「着ることができる毛布」という印象ですが、mofuaは「着て動ける毛布」という表現が適切です。動いても襟元がはだけず、fu-moを着ていても家事ができます。

袖口も細く絞れるので、適切な長さにたくし上げて洗い物も可能です。マイクロファイバー製なので軽くてフカフカで、洗濯機で洗うことができます。

 
 
 
第10位「Ag+除菌フロート」

アイリスオーヤマが展開している「Ag+除菌フロート」は、入浴後にお風呂に浮かべておくだけで残り湯を綺麗にしてくれる商品です。

銀イオンが雑菌の繁殖を抑え、ヌメリや臭いを除去してくれます。6~12時間後には、浴槽内の雑菌が99%除菌できるという優れものです。

翌日の沸かし直しはもちろん、残り湯を洗濯に使う時も綺麗な水で洗えます。単三電池3本で6ヶ月使えるので、とても経済的です。

 
 
 
第9位「洗い桶」

ため洗いをした方が水道代の節約につながります。洗い桶はオススメの節約グッズですが、その中でもシリコン製の洗い桶をオススメします。

シリコン製なので、シンクや食器を傷つけることがありません。コンパクトに折り畳めて、持ち上げることなく排水することも可能です。

脚が付いているので、洗い桶の下に汚れも溜まりません。

 
 
 
第8位「お風呂の保温シート」

お風呂の保温シートは湯船に浮かべておくだけで、お風呂の保温ができる商品です。外気に触れるのを防ぐので、2人以上で住んでいる家庭では必ず使ってほしいです。

温度表示付きの保温シートも販売されています。入る前に一目でお風呂の温度が分かるので、追い炊きが必要かどうかがすぐに分かって便利です

 
 
 
第7位「カウブランド 無添加シャンプー」

amazonで圧倒的な人気を誇っている「カウブランド 無添加シャンプー」は、実際に使ってみて本当にオススメです。

美容院に売っている高いシャンプーは、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」といった肌を傷める洗浄成分が入っていません。「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」が入っていないアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものは、高額な商品ばかりです。家計を圧迫してしまうため、なかなか購入に踏み切れないのが現状です。

カウブランドの無添加シャンプーは安いにも関わらず、洗浄成分に「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」を使用していません。安価にも関わらずアミノ系洗浄成分が配合されており、皮膚に優しいですが洗浄力も満足できます。

 
 
 
第6位「激落ちクロス マイクロファイバー10枚入り」

超極細繊維(マイクロファイバー)で汚れを落とすクロスで、洗剤を使わなくても汚れが簡単に落ちます。

10枚入りで600円程度となっており、費用対効果が高くamazonで圧倒的な人気商品となっています。食器拭き・シンク周りの掃除・液晶ディスプレイ拭き・床拭きなど、様々な場面で重宝します。

マイクロファイバーのクロスを使ったことがない方は、ぜひ試してみてほしいです。

 
 
 
第5位「レンジでパスタ」

節約料理の「パスタ」ですが、1人分を作るのは無駄が多いです。大きい鍋を用意してお湯を沸かし、ザルで湯切りをするので、鍋とザルを洗う必要が出てきます。

そこでおすすめしたいのが「レンジでパスタ」です。この容器にパスタと水を入れてチンするだけで、簡単にパスタが作れてしまう商品です。

無駄にお湯を沸かす必要がなく、パスタを電子レンジで茹でている間に他の料理を作ることが出来ます。

 
 
 
第4位「コンクールF」

マウスウォッシュ「コンクールF」は、歯医者さんでもよくオススメされている商品です。

普通のマウスウォッシュと違い、水で薄めて使用する商品です。100mlで1,000円近いので高いと思うかもしれませんが、薄めて使うため700回使用することができます。1日朝晩で2回使用したとしても、約1年間使用できます。

殺菌力が非常に高く、殺菌効果は12時間も持続します。使っていると、お口の中のネバつきが軽減されるのが分かります。

虫歯・口臭などで悩んでいる方は、コスパ・性能ともに抜群のコンクールFを試してみてほしいです。

 
 
 
第3位「ちびくろちゃん」

一人暮らしに欠かせない節約グッズが「ちびくろちゃん」です。

電子レンジで一人分だけご飯が炊ける優れものです。ちびくろちゃんの良いところは、研ぐ・水切り・つけおき・炊く・おひつ代わりにするのが全てこれひとつで出来ることです。

ご飯を炊いてそのまま食べられるので、洗い物が少なくて済みます。電子レンジで13分炊くだけなので、経済的ですぐに食べられます。

そして、驚くほど美味しく、炊飯器で炊いたご飯と比べても味は見劣りしません。備長炭が配合されており、プラスチック臭くないのも嬉しいです。

 
 
 
第2位「なかぎしの敷き毛布」

「なかぎしの敷き毛布」は、布団の中を温めてくれる商品です。

スイッチを入れると、ベッドの中がすぐに暖かくなります。この安さなのに日本製で、水洗いも出来るので衛生的です。

電気代は、毎日5時間使用したとしても月に約60円です。部屋全体を無駄に暖めることなく、乾燥もしません。電気なので、火災の心配も少ないです。

これがあれば、高い布団は必要ありません。

 
 
 
第1位「節水シャワーヘッド」

お風呂のシャワーを節水シャワーヘッドに取り替えるだけで、水道代・ガス代を大きく節約出来ます。

節水シャワーヘッドは、シャワーの出る穴を少なくして水の量を減らす節約グッズです。穴を少なくするだけなので、水圧は変わりません。

約30~50%の削減につながり、価格も安いので1位に選びました。

 


節約グッズは生活を豊かにする

節約グッズは、単純に支出を削減できるだけではありません。

快適な生活や時短につながる商品が多く、しかも安いのでコスパはかなり高いです。

今回紹介した12個の節約グッズで、気に入ったものがあればぜひ取り入れてみてください!