生きたお金の使い方を学ぼう

生きたお金の使い方を学ぼうあなたが「お金を貯めたい!」と思っているのであれば、「生きたお金の使い方」を学ぶことが最も大切だ。

節約家は、何でもかんでも節約ばかりしている訳ではない。お金を絞る部分は絞って、自分にとって大切な事には惜しみなくお金を使う。

惜しみなくお金を使う理由は、「消費」ではなく「投資」だと認識しているからだ。そのお金を使ったことで、それ以上の利益があることが分かっているからこそ、惜しみなくお金を使う。

今回は、「生きたお金の使い方」について、詳しく解説していく。

スポンサーリンク

 

頻繁に使う物にお金をかける

頻繁に使う物にお金をかける生きたお金の使い方をする上で、まずは「何回使うのか」を考えてほしい。

例えば、あなたが結婚式用のドレスを購入する。ドレスが3万円だった場合、5回着用するのであれば1回あたり6千円が掛かっている計算だ。たった5回着るためのドレスに、3万円出すのはもったいない。

対して、あなたがベッドを購入するとしよう。20万円の高級ベッドを購入して5年間使用した場合、1日当たり109円を支払っていることになる。「20万円のベッドは高すぎる!」と思うかもしれないが、1回当たりの使用料は安く、毎日安眠できることで疲れが取れる。このように、1回当たりの費用を算出し、それ以上に得るものがあれば「消費」ではなく「投資」となる。

私も頻繁に使用する物に対しては、お金を惜しまないようにしている。例えば、ノートパソコン・机・椅子などは高い物を使っている。また、節約といえば食費という方も多いが、食費は費用よりも健康に良いかどうかで判断している。

 

自己投資と交際費にはお金をかける

自己投資と交際費にはお金をかけるあなたが生きたお金の使い方をしたいのであれば、「自己投資」と「交際費」は惜しまずに使おう。

「自己投資」
自分の大好きなことや、生きがいに使うためのお金

「交際費」
家族や友人など誰かの幸せのために使うお金

自分の成長や経験のためにお金を使うと、人間としての魅力が出る。自分に自信がつき、前向きに明るく生きることができる。また、素晴らしい人間関係を築くために、お金を使うことも重要だ。

 

まずは家計を把握しよう

まずは家計を把握しよう「自己投資」と「交際費」には惜しみなくお金を使うと言っても、家計を全く把握せずにお金を使うのはNGだ。

家計の出費を項目ごとに把握して、節約できる項目は節約する。そして、自己投資と交際費をあらかじめ予算を立てておき、計画的に使うようにしよう。

家計簿に挫折した経験がある方は、自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」をオススメする。銀行やクレジットカードと連携し、現金で使ったお金以外は全て自動で集計してくれるので、家計簿で挫折することがなくなる。

↓マネーフォワードの詳細はコチラから
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ