iPhoneを高く売るために知っておいてほしい知識・設定方法

iPhoneを高く売るために知っておいてほしい知識・設定方法あなたがiPhoneから新しいスマホに機種変更する時、古いiPhoneは家に置いたままだろうか?

iPhone4s・iPhone5からの機種変更が多いが、iPhoneは古くなった物でも高値で売れる。家に置いておくのはもったいないので、新しいスマホを買ったら古いiPhoneは売ることをオススメする。

今回は、iPhoneを高く売るための4つのコツと3つの注意点を紹介する。

スポンサーリンク

 

iPhoneを売るには?3つの方法がある

iPhoneを売るには?3つの方法があるiPhoneをどこで買い取ってもらえるのか?選択肢は大きく分けて3つある。
 
 
①キャリアに下取りしてもらう

キャリアでは下取りキャンペーンを行っているが、一番損をしてしまう方法だ。現金でなくポイント還元になってしまう。手っ取り早く売却できるので、面倒な方は利用しよう。
 
 
②ヤフオクなどネットオークションで販売する

一番高く売れる方法が、ネットオークションだ。ただ、初心者がヤフオクでスマホを販売するのはハードルが高い。時間は掛かるがちょっとでも高く売りたいという方や、ヤフオク経験者はオススメだ。
 
 
③専門買取業者に売却する

最もオススメ
の方法が、専門買取業者に売却することだ。買取価格が高く、壊れている箇所があっても基本的には買い取ってくれる。宅配買取を行っているので、地方に住んでいる方でも売却できる。

 

買取価格を上げる4つのコツ

買取価格を上げる4つのコツ買取価格は、同じ機種でも条件が違うと買取価格が大きく違う。買取価格を上げるための4つのコツは下記だ。

付属品をできるだけ揃える
⇒1点欠品していると300円〜500円の減額

保護フィルムは外さない
⇒保護フィルムを貼ったままなら+7,000円〜10,000円

本体の汚れやほこりを拭き取る
⇒拭き取るだけで+2,000円〜4,000円

iOS8にアップデートしない
⇒もしまだiOS7なら、アップデートはしない方が良い。iOS8にアップデートしただけで、買取価格が数千円違ってくる場合がある。

 

iPhoneを売る時に注意すべき点3つ

iPhoneを売る時に注意すべき点3つiPhoneの中には、写真や電話帳などの大切なデータが残っている。iPhoneを売る場合、下記の点に注意しよう。
 
 
・写真/ビデオをパソコンに取り込む

住所録・カレンダー・メールボックスなどのデータは、iCloudに自動で保存されているはずだ。アプリや音楽も再ダウンロードができるので、問題ない。

しかし、iPhoneで撮影した写真やビデオは、パソコンに取り込んでおかないと無くなってしまう。売る前に必ず取りこんでおこう。
 
 
・ネットワーク利用制限を確認する

iPhone固有の製造番号(IMEI)を調べ、その番号がネットワーク利用制限がされていないか携帯電話会社のホームページでチェックしよう。

難しい言葉が並んだが、分割払いの残額や携帯料金の延滞が無ければ、ネットワーク利用制限には引っ掛からない。
 
 
・すべてのコンテンツと設定を消去する

最後に、個人情報が残らないように全てのデータを削除しよう。

全てのデータを削除するのは簡単だ。「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、画面の指示通りに進めば、全てのデータが消去される。

 

iPhoneを売るには「iPhone55」がオススメ

iPhoneを売るには「iPhone55」がオススメiPhoneの買取は、様々な専門業者がある。その中でオススメなのが「ダイワンだ。

iPhoneの買取サイトとしては、他のサイトよりも高い買取価格となっている。また、外出不要の集荷サービスを行っており、ダンボールが届き宅配業者が商品を引き取りに来てくれる。送料も無料だ。

携帯が古くても中古正常動作品の買取であれば、必ず買い取ってくれる。見積もりは下記のホームページで携帯機種や状態を選択するだけなので、1分で買取価格が分かる。もちろん見積もりは無料だ。

「ダイワン」の公式ページはコチラから

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ