節約家とケチは違う

節約家とケチは違うあなたが節約家を目指しているのであれば、「ケチな人」と思われないようにしよう。

節約家とケチな人では、天と地ほどの差がある。目的を持ってお金の使い道を考えるのが「節約」。お金を使わないこと自体が目的になっている人が「ケチ」だ。

ケチな人は、まわりを不快にさせてしまう。対して節約家は、他の人から賢いと思われている。

ムダな出費をせず、大切な事や人のためにお金を使える人が節約家だ。あなたには、節約家を目指してほしい。




 

ケチな人の特徴

ケチな人の特徴ケチな人の特徴を知ることで、節約家との違いを認識することができる。ケチな人の特徴を3つ紹介する。
 
 
 
・人にお金を使うことができない

ケチな人は、ご祝儀や冠婚葬祭費さえも出し惜しむ場合が多い。お金は自分のためだけに使いものだと思っているのだ。

しかし、お金は使ってこそ自分に巡り巡って返ってくるものだ。人を幸せにするお金の使い方をしよう。
 
 
 
・いつもお金がないと言っている

ケチな人は、基本的にお金が無い。お金に対してシビアに見えるが、実はお金の使い方が下手なので、ムダな事にお金を使ってしまっている。

また、ケチな人はお金が無いのを人のせいにする。自分より給料がいい、自分よりも残業がないといったことばかりを見ている。

しかし、自分よりもお金がある人は、見えないところで努力をしている。何の努力も無しに、人のせいにする人にお金があるわけがない。
 
 
 
・割引が好き

節約家は、その商品が価格に見合うものかを判断して購入する。しかし、ケチな人が注目するのは割引率だ。

安い物が好きなのではなく、高かった物が割引されて安くなったものが好きなのだ。元値は関係なく、その商品の価値も関係ない。

スーパーに行っても、賞味期限ギリギリで安い商品ばかり買う人がいるが、一度立ち止まって自分にとって価値のある物かどうか考えて見よう。

 


ケチな人はまわりの目を気にしない

ケチな人はまわりの目を気にしないケチな人は、基本的にまわりの目を気にしない。他人にどう思われても、自分が良ければ問題ない。

節約をする目的は、お金を貯めて本当に必要な物を買ったり、お金があることの安心感を得るためだ。決して得をした気分になるためではない。

本当の節約家は、まわりの人を幸せにできる人だ。ケチな人の特徴を覚えておき、あなたは節約家を目指そう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ