ランチが500円で食べられる「ランチパスポート」

1

1000円以上もするランチが、たった500円で食べられることで人気となっている「ランチパスポート」

2014年に東京で発売されて、またたく間に全国に広がりました。日経トレンディの2014年ヒット商品「ご当地ヒット大賞」を受賞したほどです。

ランチパスポートとは、1冊1000円程度で販売されているグルメガイド本です。購入者が掲載されている店舗に持っていくと、割引が受けられるようになっています。

例えば、通常で700円以上のランチが500円で購入できるなど、購入して買うだけあって通常のクーポンよりもかなりお得な内容となっています。今や42都道府県・80エリア以上で販売されています。

ここまでランチパスポートが広まったのは、クーポンを販売するという仕組みにあります。購入者はランチを格安で食べられる、お店は掲載料が掛からない、出版社は1,000円で本を売ることができるという仕組みが人気につながったのです。

そのランチパスポートでは、アプリでのサービスも実施されています。これだけお得にも関わらず、初月無料で使えるのです。




ランチパスポートのアプリとは?

2

ランチパスポートのアプリは、月額380円で使えるアプリです。書籍に比べてアプリは対象地域が限られますが、首都圏や都市部に住んでいる方は確実にお得です。

アプリのサービスが良い理由は「都道府県単位で購入できる」ことです。例えば東京では、書籍は11のエリアに分けられています。11冊のランチパスポートを買うと11,000円が掛かりますが、アプリでは月額380円で利用できるのです。

アプリはインストール自体は無料なので、まずはインストールしてみることをオススメします。

 


ランチパスポートは初月無料!まずは試してみよう!

3

ランチパスポートのアプリは、初月無料で利用することができます。

首都圏に住んでいる方に関わらず、これは使えます。例えば、現在(2018年8月)では全国80店舗で利用可能な「串家物語」で割引を受けられます。

通常価格1,618円~1,726円 → 1,080円になるクーポンなので、これはお得です。初月無料なので、このクーポンだけ使って退会しても、お金は全く掛かりません。

その他にも、お得なクーポンがたくさんあります。まずは1ヶ月使い倒してみてはいかがでしょうか?

「ランチパスポート」の公式サイトはコチラから