上手なお金の使い方を知ることは何よりも大事

上手なお金の使い方を知ることは何よりも大事あなたは自分自身が「お金の使い方が上手だ」と言い切れるだろうか?

お金の使い方は、節約生活をする上で最も大事なことだ。節約生活とは、ムダな物や普段の生活に掛けるお金を少なくして、自分の好きな趣味や人生に投資することだ。ただお金を節約して貯金が増えるだけでは意味がない。

自分の趣味や人生に投資することで、様々な知識・経験が増えて幸せな人生を送ることができる。

今回は、上手なお金の使い方について、詳しく解説していく。


 

自己投資をする

自己投資をするお金は使ったら無くなってしまう。自己投資にお金を使うことで、使うと無くなるお金が使っても無くならない「知的財産」に変わる。

自分に投資をして知的財産を増やすことで、明るい人生を送ることができる。旅行をする、映画を観る、本を読む、勉強をする、スポーツをするといった事にお金を投資すれば、健康で楽しい生活ができる。

「そんなに色んな事に費やすお金は無い」と思うかもしれない。もちろん、旅行の時に可能な限り安いプランを見つけるといった節約術は必要だ。

例えば、私はよく本を読む。しかし、全ての本を買っているわけではない。

以前紹介した「カーリル」というパソコンアプリを利用すれば、アマゾンのホームページを見ながらその本が近くの図書館にあるかどうか確認ができる。

図書館はネット上で予約をすれば、一番近い図書館に送ってくれて、準備ができたらメールで知らせてくれる。図書館で探す手間が無く、完全無料だ。

現在、図書館が扱っている本の種類は多い。図書館で取り扱いのない本だけを買っているので、大きくお金を節約した上で好きな本を読むことができる。

↓「カーリル」については下記の記事をチェック
図書館で本代を節約|「カーリル」と「amazon」を使いこなす

あなたの工夫次第で、様々な趣味にチャレンジすることが可能だ。自分の好きなことをしていく内に、自分のやりたい事や生きがいが見つかるものだ。

 


積立貯金をする

積立貯金をする積立貯金をしている人は、意外に少ない。給料を他銀行の積立口座に移すには、振込手数料が掛かってしまい毎月の手続きも面倒なため、続かないのだ。

しかし、目標を持って積立貯金をすることで、「お金が貯まっている」という実感が出る。給料が振り込まれる口座に何となく貯めておくだけというスタイルだと、今月いくら貯まったかが把握できなくなってしまう。

この問題を解消するのが、「定額自動入金」「定額自動振込」というサービスだ。毎月自動で銀行口座に入金し、好きな口座へ振込をしてくれるというサービスだ。

「定額自動入金」は無料サービスとなっており、「定額自動振込」も毎月3回までであれば他行への振込が無料だ。この超便利なサービスが展開されたことで、積立口座へお金を移動することが自動で行えるようになった。

最初は毎月3,000円ずつでも構わないので、少しずつ積立貯金をスタートしよう。

↓「定額自動入金」「定額自動振込」については下記の記事をチェック
定額自動振込・定額自動入金を活用して完全無料で積立貯金をする

 

家計簿を付ける

家計簿を付ける上手なお金の使い方をするためには、家計簿を付けることが必須だ。

家計簿を付けることで、「こんなにお金を使っていたのか」と思うだろう。まずは家計簿を付けることが大切なので、どの費用を節約するといったことは、家計簿を付け始めて3ヶ月が過ぎたあたりで大丈夫だ。

家計簿を付けるだけで「今月は使いすぎないようにしよう」という気持ちが出てくる。これだけでも上手にお金を使うことができる。

家計簿を付け始めて3ヶ月が経ったら、何にどれくらいのお金を使っているのかが把握できる。次に行ってほしいのは、各項目の予算を立てることだ。

例えば、「食費3万5千円」「光熱費1万5千円」「通信費7千円」といった具合に、月の目標金額を決める。この目標金額を達成するために、今月はどんな節約術をするかを決めよう。

これを繰り返していくことで、必ず上手なお金の使い方ができるようになる。

家計簿は、節約部でオススメしている自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」が、無料サービスで最も優れている。これだけのサービスが無料で利用できるので、ぜひ使ってみてほしい。

↓「マネーフォワード」については下記の記事をチェック
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

 

財布を出す回数を減らす

財布を出す回数を減らす上手なお金の使い方が出来る人は、そうでない人に比べて圧倒的に財布を出す回数が少ない。

例えば、上手にお金を使う人はまとめ買いをする。1週間に1回スーパーに行って、必要な物だけを買うのだ。

上手にお金を使えない人は、1週間に何度もスーパーに行く。その日に安い物を買うという目的なので、本人は安い物を選んで節約ができていると思っている。

しかし、1週間に何度もスーパーに行くと、どうしてもムダな物を買ってしまう。その日特売になっていたから、急に食べたくなったからという理由で買ってしまうのだ。

お金を貯めたいと思うのであれば、財布を出す回数を減らそう。

 

固定費を節約する

固定費を節約する上手にお金を使う人は、固定費は徹底的に節約をする。そして、浮いたお金を自分の好きな事に回す。

例えば、普段の生活では安い物を買っているけど、携帯代には全く無頓着といった方は多い。しかし、例えば毎月8,000円を支払っているのであれば、年に96,000円が掛かっていることを認識してほしい。

携帯代を3,000円節約することは簡単だが、食費を3,000円節約することは難しい。しかも、携帯代は一度安いプランにしたり、電話料が安くなるアプリを入れれば、その後は何も気にしなくても節約になる。

↓携帯代に関する記事は下記をチェック
・ワイモバイルのMNPは格安!携帯代を半額に節約しよう
・「楽天でんわ」が3分無料キャンペーン開催中!何度でも利用可能

その他、生命保険・光熱費・住宅ローンといった固定費は、一度削減すれば大きな効果がある。一度見直してみよう。

 

車を持たない生活をする

車を持たない生活をする自分の好きなことにお金を回したいのであれば、車を持たない生活をすることだ。(車が好きなことであれば問題ないが)

家計のお金の中で、住宅の次に負担が大きいのがマイカーだ。住宅費は必ず掛かるが、マイカーは持たなければ費用を0円にできる。

月々のコストは、一例として下記のようになっている。

・駐車場代 : 月1万5千円
・ガソリン代 : 月5千円
・任意保険 : 年間5万円
・自動車税 : 年間4万円
・車検費用 : 2年で10万円

年間のコストは38万円だ。しかもこの金額に車体代は含まれていない。

現在では、カーシェアリングも普及もかなり進んでおり、タイムズのカーシェアリングである「タイムズカープラス」は特によく見かけるようになった。

カーシェアリングを活用すれば、車の費用を格段に下げることができる。ぜひ検討してみてほしい。

↓タイムズカープラスの記事は下記をチェック
カーシェアリング「タイムズカープラス」は超便利!メリット・デメリットを紹介

 

上手なお金の使い方はどれだけ投資にお金を回せるかで決まる

上手なお金の使い方はどれだけ投資にお金を回せるかで決まるあなたがお金を使う時、大きく分けると「消費」「浪費」「投資」に分けられる。

・浪費
お酒やたばこ、その他ぜいたく品など。
無くても生活に困らないものや、特に意味の無いもの。

・消費
衣食住など、生活するのに必要なもの。

・投資
自分の能力を高めたりお金を増やしたりするための勉強や資産運用。また、経験を深めるための旅行など。

まず節約をしなければならないのが浪費だ。節約をする上で、対象のほとんどは浪費になる。また、消費も工夫次第で節約をすることができる。

上手なお金の使い方をする人は、お金を使う時に「浪費・消費・投資」を意識して使う。この意識を持つだけで、あなたは必ずお金が貯まるようになる。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ