年間2万円以上節約できる

年間2万円以上節約できるあなたはnanacoカードとクレジットカードを連携させる節約術をご存じだろうか?もし知らないのであれば、年間2万円以上を損している可能性がある。

クレジットカードを特集した雑誌は多いが、nanacoとクレジットカードを連携させる節約術の紹介ページは少しだけだ。

しかし、圧倒的な節約効果をもたらす方法なので、ぜひ知っておいてほしい。


 

nanacoカードで支払うメリット

nanacoカードで支払うメリットnanacoカードは、セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどの支払に使うとポイントが貯まる電子マネーだ。

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく使う方は多いだろう。100円につき1円分のポイントがもらえるので、積み重ねるとかなりの還元が受けられる。

そして、nanacoカードを使う上で最大のメリットは、税金や公共料金を支払えることだ。

固定資産税・自動車税・軽自動車税などの税金や、国民年金・国民健康保険・電気料金・ガス料金・水道料金などの公共料金を支払う事ができる。

これらの料金をnanacoで支払うことができるが、nanacoポイントをもらうことができない。しかし、クレジットカードからnanacoにチャージすることができるので、クレジットカードのポイント還元率が1.75%で支払った税金・公共料金が年間30万円であれば、5250円の還元を受けることができる。

nanacoカードにクレジットカードからチャージしたからといって、手数料などは掛からない。現金でチャージしている方は、かなり損をしている。

 


nanacoカードを無料で作る

nanacoカードを無料で作るnanacoカードを作る際には、300円の手数料が掛かる。しかし、この手数料を無料にする方法がある。

それは、イトーヨーカドーのハッピーデーである「8がつく日」(8日・18日・28日)にnanacoカードを作ることだ。発行するときに現金で1000円分をチャージすれば、300円の手数料が無料になる。

また、8のつく日にキャンペーンをやっていて、お菓子がもらえることもある。

 

nanacoとクレジットカードを連携する

nanacoとクレジットカードを連携する次に、nanacoのポイントが貯まるクレジットカードと連携をする。しかし、注意しなければならないのは、「クレジットカードでチャージをしてポイントが貯まるのは、全てのクレジットカードで対応しているわけではない」ということだ。

むしろ、クレジットカードでチャージをしてもポイントが貯まらないカードの方が多い。そこで、最もオススメなのが、1.75%の高還元率で現金還元が受けられる「漢方スタイルクラブカード」だ。漢方スタイルクラブは高還元率カードだが、nanacoカードのチャージした際にもポイントがもらえる。

私は、日頃の生活や税金まで、支払える物は全て「漢方スタイルクラブカード」で支払っている。2013年の利用金額は下記となっている。

・利用金額 : 1,988,242円
・ポイント : 37,975円分
・実質還元率 : 1.91%

通常の1.75%還元に加え、100万円以上の利用で2500円分のボーナスポイントがあるため、還元率が1.91%を達成している。

このポイントに加え、セブンイレブンやイトーヨーカドーによく行くので、nanacoポイントも4,797円貯まっている。

通常のお買物だけでなく自動車税などもnanacoカードで支払っているため、これだけのポイント還元が受けられるのだ。

↓漢方スタイルクラブカードについては、下記の記事で詳しく紹介している。
漢方スタイルクラブカード|還元率1.75%の最強カード徹底紹介

 

ポイントを貯める

ポイントを貯める漢方スタイルクラブカードからnanacoカードにチャージが完了したら、セブンイレブンやイトーヨーカドーで使ってみよう。

100円ごとに1円分のポイントが貯まるので、1年間継続して使い続ければかなりのポイントが貯まるはずだ。

漢方スタイルクラブカードでチャージをすれば、クレジットカード還元1.75%+nanacoカード還元1%=合計2.75%のポイントがもらえる。これを使わない手はない。

また、税金や公共料金を支払う場合は、nanacoポイントは付かない。漢方スタイルクラブカードでチャージした分のみポイント還元が受けられるので、1.75%分の還元となる。

税金や公共料金は、毎年支払う金額が大きい支出だ。通常ポイント還元が受けられない税金や公共料金の支払いで、1.75%還元が受けられるのは本当に大きい。

 

nanacoカードでクオカードを購入する

nanacoカードでクオカードを購入するnanacoカードを使って、還元率をさらに上げる裏技があるので紹介する。それは、コンビニでクオカードを購入する際に、nanacoカードで支払う方法だ。

コンビニで販売されているクオカードは、5,000円のカードで70円・10,000円のカードで180円のプレミアがつく。つまり、10,000円分のクオカードを購入すれば、1.8%の還元が受けられる。

クオカードをクレジットカードで購入することはできないが、nanacoカードで購入することは可能だ。nanacoカードのポイントは付与されないので、クレジットカードからnanacoカードにチャージした分の還元のみ受けられる。

つまり、クレジットカード還元1.75%+クオカード還元1.8%=合計3.55%の還元が受けられる。あなたがコンビニで買い物をする物が、全て3.55%の還元が受けられるようになるのだ。

毎日のようにコンビニを使っていれば、これまでどれだけの損をしていたのかが分かるはずだ。

 

nanacoは自動家計簿サービスとも連携可能

nanacoは自動家計簿サービスとも連携可能今回紹介した方法を活用すれば、年間2万円以上得をする方も多くいるはずだ。

nanacoカードは節約部で勧めている自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」にも連携しているので、買物をするたびに家計簿へ反映してくれる。

↓自動家計簿サービス「マネーフォワード」の詳細はコチラから
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス

一度申し込むだけで、継続的に節約ができる。ぜひ使いこなしてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ