パソコンの処分費は高い!無料回収業者を活用しよう

ノートパソコン・若い女性

古くなったパソコンを使わなくなり、今も物置に残っている。そんな方は多いのではないでしょうか?

パソコンを捨てるには費用が掛かり、しかも4,000円・5,000円など結構な出費です。そこでオススメなのが、パソコンの無料回収サービスです。着払いで送ることができるので、送料も無料となります。

「高額な廃棄費用が掛かるのに、無料って怪しい・・・。」「個人情報とかパスワードって大丈夫?」と思うかもしれません。そこで、パソコンの無料回収業者を選ぶ上で、しっかりとデータを消去してくれる業者を選ぶ必要があります。

今回紹介する「パソコンダスト」は、米国家安全保障局や米国防衛省準拠方式に対応した機器で完全にデータを消去してくれます。それでも心配な方は、有料ですが消去証明書も発行できます。その手軽さと安全性から、口コミの評判が高いサービスとなっています。

「こんなに古いパソコンでも大丈夫なの?」と思った方も心配はいりません。どんなに古いパソコンでも引き取ってくれますし、パソコンは着払いで送れます。詳しく紹介していきます。




そもそも何で無料回収できるの?

2

まずは、無料回収の仕組みから紹介します。

パソコンやディスプレイモニターは、平成15年から始まった「資源有効利用促進法」により、メーカーによる自主回収・リサイクルが義務化されました。

自治体では処分・回収が出来ないため、不燃ゴミ・粗大ゴミでは出せません。デスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・CRTディスプレイなどがこの制度の対象です。

無料回収だけでなく着払いで業者に送れるのは、業者にとっても利益があるからです。利益を出す方法は、「中古として販売」もしくは「リサイクル」となります。

「中古として販売」は、まだ動くパソコンを修理し、データを削除した上で売る方法です。また「リサイクル」は、内部の部品から金属などを摘出して販売します。基盤やCPUに含まれる金・銀・銅・レアメタルなど、販売価格が高い物が多くあります。

どんなに古いパソコンでも引き取れるのは、古いパソコンの方が高価な金属を取り出しやすいためです。今よりも金属加工技術が未熟だった時のパソコンは、逆に価値があるのです。

 


「パソコンダスト」は家電・楽器・自転車なども回収してくれる

3

パソコンダストが他の業者よりもオススメな理由は、「パソコンが1台入っていれば他の物も引き取り可能」なことです。

送料無料で回収してくれるのは、下記の商品となります。

・液晶モニター
・液晶テレビ
・デスクトップパソコン(自作PC可)
・ノートパソコン
・スマートフォン
・タブレット
・ハイスペックゲーム機(プレステ3,4、Wii、xbox360)

送料無料の商品が1つでも入っていれば、その他の商品を一緒に送ることで一緒に引き取ってくれます。パソコンダストの評判が良い理由です。

注意点として、パソコンダストでも回収できない商品があります。下記の商品は引き取り不可となります。

・冷蔵庫
・洗濯機
・ブラウン管
・プラズマテレビ
・CTRモニター(一体型を含む)
・大型複合機(コピー機)
・木製家具
・布製家具

 

パソコンダストの回収方法3選

4

パソコン出すとで無料回収をしてもらうには、下記3つの方法があります。
 
 
宅配回収

宅配回収で送料はパソコンダストの負担なので、全国どこからでも無料回収が可能です。

無料回収の対象商品が1点でも入っていれば、他の物も一緒に梱包可能です。宅配業者は、日本郵便「ゆうパック」・佐川急便「飛脚宅配便」のどちらかで、サイズ・重さに制限があります。

・日本郵便「ゆうパック」
箱の3辺の合計が170cm以内で重量が30㎏まで

・佐川急便「飛脚宅配便」
箱の3辺の合計が160cm以内で重量が30㎏まで
 
 
持ち込みによる回収

持ち込みできる回収センターは以下の2ヶ所です。予約は必要ありません。

・パソコンダスト 東村山センター
住所 : 東京都東村山市恩多町5-32-3

・パソコンダスト 八潮センター
住所 : 埼玉県八潮市緑町4-23-33
 
 
出張回収

パソコンダストでは、東京都・神奈川県・埼玉県の地域で、送料無料品目が5台以上ある場合に限り、スタッフが出張回収に来てくれます。

 

データ削除を自分でやるのは難しい

5

パソコンを処分する場合、オークションや中古販売店に売りたいという方も多いでしょう。

しかし、そこでネックになるのが「データ削除」です。データの完全削除を自分でやるのは難しく、現在のデータ記憶媒体は、専門業者でないと完全削除は出来ないようになっています。

「パソコンダスト」であれば、専門スタッフが1つ1つ手作業で取り出し、独自ソフトでデータ消去を行います。リサイクル可能だと判断したハードディスクに関しては、NSAやDoDの準拠方式に対応した「KesenderXG1010」(株式会社ワイ・イー・シー製)というハードディスク消去機を用いてデータ消去を行います。

また、リサイクル不可と判断したハードディスクは「CrushBox DB-30ProⅢ」(日東造機株式会社製)というハードディスク破壊機で、破壊してしまいます。

こういった大変なデータ削除も業者が対応してくれるのは、無料回収を利用する大きなメリットです。

 

パソコンダストは対応も良い

6

パソコンダストがオススメなのは、様々な商品を無料で引き取ってくれるだけではありません。

電話問い合わせの対応も良く、私は持ち込みできる回収センターに行きましたが、とてもスムーズに対応してくれました。ほとんど手間なく、簡単に捨てることができます。

もし不要なパソコン・スマートフォン・タブレットなどがあれば、ぜひ活用してみてください。

「パソコンダスト」の公式ページはコチラから