海外旅行保険に入る必要はない

海外旅行保険に入る必要はないあなたは海外旅行に行くときに、旅行会社が勧める海外旅行保険に入っていないだろうか?

海外旅行保険に入っている方は、その費用は無駄だと思ってほしい。クレジットカードを使いこなすことで、海外旅行保険と同等の保障が受けられるためだ。

年会費有料のクレジットカードはもちろん、無料のクレジットカードでも十分な補償がある。今回は、無料クレジットカードで人気No.1「楽天カード」の海外旅行保険について、詳しく解説していく。


 

楽天カードの海外旅行保険内容

楽天カードの海外旅行保険内容楽天カードの海外旅行保険は、下記となっている。

ケガの死亡・後遺症 : 2,000万円
ケガ・病気 : 200万円
賠償責任 : 2,000万円
持ち物 : 20万円
救援者 : 200万円

有料のクレジットカード並みに、海外旅行保障が充実している。しかし、注意点がいくつかあるのでチェックしていこう。

 


海外旅行保険は利用付帯

海外旅行保険は利用付帯クレジットカードの海外旅行保険は、「自動付帯」「利用付帯」がある。

「自動付帯」とは、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が受けられる。「利用付帯」は、旅行代金を補償を受けるクレジットカードで決済する必要がある。

楽天カードの場合、日本にいるうちに「公共交通乗用具(=飛行機、電車、タクシーなど)」もしくは「募集型企画旅行(=ツアー)」の代金を楽天カードで支払った場合のみ適用となる利用付帯だ。

航空機を楽天カードで決済した場合が、一番分かりやすい。しかし、楽天カードで海外旅行保険を受ける裏技として、飛行機以外の乗り物をクレジットカードで支払う方法がある。

家から最寄駅までのタクシーでも構わないし、スカイライナーなど空港までの電車でクレジットカード払いしてもよい。少しの料金を決済しただけで、これだけの海外旅行保障が受けられるようになる。

注意点は、あくまで「日本を出国する前に支払った旅費の一部」が条件だ。現地についてから支払っても対象外になるため、必ず日本国内で決済しよう。

 

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の注意点

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の注意点旅行会社・空港・インターネットで、海外旅行保険に加入することは可能だ。もちろん料金が掛かるため、クレジットカードを使って無料で保険を受けることをオススメしている。

しかし、クレジットカードに付帯している海外旅行保険にも注意点がある。
 
 
 
・クレジットカードの海外旅行保険は3ヶ月が限度

クレジットカードの海外旅行保険は、90日が限度となっている。たまに60日が限度になっているカードもあるが、ほとんどが90日有効だ。つまり、90日以上滞在する場合は、一般の海外旅行保険をオススメする。
 
 
 
・病気で死亡した時は保険がきかない

事故での死亡は補償されるが、病気で死亡した場合には保険がきかない。病気での死亡は可能性が少なく、日本で生命保険に入っている場合はいらないだろう。
 
 
 
・医療費が足りない場合がある

海外で病院に行った場合、日本の健康保険は適用されないため全額支払うことになる。しかし、海外の医療費はありえないほど高いので、医療費が足りない場合が想定される。

海外で盲腸になり、500万円近く請求されたケースもある。楽天カードのみの保険では足りないため、他のクレジットカードの海外旅行保険もプラスしておく必要がある。

 

複数枚のクレジットカードを利用する

複数枚のクレジットカードを利用する医療費が足りない、もっと保障が欲しい。そういった場合には、複数枚のクレジットカードを利用しよう。

2枚のクレジットカードを持っていれば、2枚を足した金額が補償内容となる。楽天カード+別のカードを持っておけば、安心だ。

年会費無料の中で、もっともオススメなのが「REXカードライト」だ。

「REXカードライト」は現金還元で還元率1.25%を達成しており、年会費無料の中では現時点で最強のカードだ。しかも海外旅行保険まで充実している。

楽天カードは「利用付帯」だが、REXカードライトは「自動付帯」のため、持っているだけで保障が受けられる。補償内容は、楽天カードと同様だ。

ケガの死亡・後遺症 : 2,000万円
ケガ・病気 : 200万円
賠償責任 : 2,000万円
持ち物 : 20万円
救援者 : 200万円

海外旅行保険は、楽天カード+REXカードライトがあれば安心だ。

↓REXカードライトの詳細は下記の記事をチェック
レックスカードライトは年会費無料クレジットカードでおすすめNo.1

 

海外旅行保険における事故発生率は「26人に1人」

海外旅行保険における事故発生率は「26人に1人」「海外旅行保険なんて自分には必要ない」と思わないでほしい。海外旅行保険における事故発生率は、26人に1人となっている。事故の内訳を紹介する。

1位 治療・救援費用(42.1%)
2位 携行品損害(38.7%)
3位 旅行事故緊急費用(15.7%)
4位 個人賠償責任(1.7%)
5位 旅行変更費用(0.7%)
6位 その他(1.1%)

楽天カードで保障を受ける場合、自分が決済をすれば同行者も海外旅行保険が有効になる。しかし、同行者は決済する必要がないが、同行者も楽天カードを持っていることが条件だ。

これから海外旅行に行く方は、同伴者が持っていない場合、同伴者もカードを作っておこう。

↓楽天カードの詳細はコチラから
楽天カードは還元率1%で年会費無料|審査も通りやすい

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ