生活費は月5万円節約できる!

生活費は月5万円節約できる!「今月も貯金出来なかった…。」と嘆いていますが、何から節約していいか分からないという人は多いです。

「老後には3000万円の貯金が必要」「子供1人につき1000万円の学費が必要」など、不安を煽る情報はよく聞きます。しかし、ほとんどの家庭ではお金を貯められていないのが現状です。

今回は、今貯金出来ていない家庭が月5万円の貯金をするために、必要な5つの節約術を紹介していきます。

 

生活費の節約術① 通信費の節約

生活費の節約術① 通信費の節約最近の家庭では、通信費が3万円程度掛かっている家庭も多くなっています。

携帯代が月8,000円×3人として、家の光回線に6,000円というパターンをよく見ます。しかし、月に3万円も通信費が掛かっていては、お金は貯まりません。

通信費を節約したいのであれば、まず「格安スマホ」をオススメします。これだけニュースや雑誌で取り上げられているにも関わらず、格安スマホの利用者は少ないです。

その理由として、「格安スマホに乗り換えるのは大変そう」「使い勝手が悪くなるのではないか」という不安が大きいと思います。しかし、実際使ってみると、今まで大手キャリアで使っていたのとあまり変わりません。

格安スマホでは、ほとんどがドコモの通信網を使っています。ドコモが通じる場所であれば通じるので、電波が届かずストレスが溜まることもありません。

格安スマホを使えば、通信費は半額程度に抑えられます。仕組みを理解して、ぜひ乗り換えましょう。

↓主婦の方に向けた格安スマホの詳細はコチラ
主婦向けにおすすめする格安スマホ・SIMカード3選

↓学生の方に向けた格安スマホの詳細はコチラ
節約したい大学生が選ぶべき格安スマホ3選

 


生活費の節約術② クレジットカードを活用する

生活費の節約術② クレジットカードを活用するもしあなたが「何となく作ったクレジットカードを使っている」「還元率は考えたことがない」のであれば、すぐにクレジットカードを切り替えることをオススメします。

多くのクレジットカードでは、還元率は0.5%程度です。さらに、何となくカードを作った人は、ポイント交換を行っていないケースも多いです。

例えば「リクルートカード」であれば、年会費無料にも関わらず還元率は1.2%となります。さらに、ホットペッパービューティーなどでポイントが使えますので、定期的に行く美容院で無駄なくポイントが使えます。

最近ではコンビニ・ファミレスなども含め、ほとんどの場所でクレジット払いが可能です。年間200万円をクレジット払いする場合、24,000円分のポイントが貯まることになります。

これまでと同じように買い物をしているにも関わらず、現金払いやクレジットカードのポイント交換をしていない方に比べて月2,000円・年間24,000円の節約に繋がるのです。

↓リクルートカードの詳細は下記の記事をチェック!
年会費無料の最強クレジットカード「リクルートカード」のメリット・デメリット8選

 

生活費の節約術③ 電気代の節約

生活費の節約術③ 電気代の節約電気代の節約は、こまめに電気を消すといった方法ではなく、努力をしなくても効果が高い方法がたくさんあります。

契約の見直し・節電グッズの購入など、最初に取り入れれば継続的に電気代の節約になる方法から始めましょう。

電気代の節約術は、誰にでも当てはまり一生役に立ちます。ぜひ一度取り組んでみてください。

↓電気代の節約術は下記の記事をチェック!
電気代を劇的に安くする節約術|30%削減する6つの方法

 

生活費の節約術④ 車を手放す

生活費の節約術④ 車を手放す毎月の生活費で大きなウエイトを占めるのが、車の費用です。

車のローン・車検・自動車税・任意保険・ガソリン代・駐車場代といった様々な費用が掛かります。毎日通勤などで使用する場合は仕方がないですが、土日しか乗らないのであれば車を手放すことも考えましょう。

最近では、カーシェアリングも普及しています。スマホで予約して近くの駐車場で使うだけなので、手間なくスーパーなどの用事でも使用出来るようになりました。

あなたの家の近くにカーシェアリングがあれば、検討の価値ありです。

↓カーシェアリングについては下記の記事をチェック!
カーシェアリングの大手3社を比較|どうやって選ぶべき?

 

生活費の節約術⑤ 食費の節約

生活費の節約術⑤ 食費の節約誰にでも実践できる節約術が「食費の節約」です。

食費の節約で最も大切なのは、1週間分の食材をまとめ買いすることです。食費の節約には様々な方法がありますが、最も効果の高い方法だと思います。

1週間分の献立と食費をある程度予算化しておき、無駄な物は買わないようにしましょう。1週間分をまとめ買いすると、荷物が多くなるので自然と無駄な物は買わなくなります。

↓食費の節約術は下記の記事をチェック!
食費節約のコツは1週間分の食材を「まとめ買い」すること!

 

効果の高い節約術から取り入れよう

効果の高い節約術から取り入れよう「月5万円貯金したい!」と思ったら、細かな努力ではなく効果の高い方法から取り入れましょう。

車・通信費など、毎月の負担が大きい費用を節約すると効果が高いです。保険料や外食費なども当てはまりますね。

1つずつ節約術を習慣化していくことで、月5万円を達成しましょう。