安くていいシャンプーは選び方が重要

“安くていいシャンプーは選び方が重要”

「どのシャンプーを選んでいいか分からない」と言って、いろんなメーカーを試すものの、コレ!という物に出会えない人が多いです。

自分の合ったシャンプーに巡り会えない理由は、シャンプーの選び方は専門知識が必要になるためです。汚れがよく落ちるシャンプーはたくさんあるものの、肌トラブルの原因になってしまいます。

数年前から「ノンシリコンブーム」が到来しており、ノンシリコンシャンプーを使っている方は多いです。しかし、シリコン自体は悪ではありません。シリコンには髪の摩擦を軽減してくれる役割があり、髪の長い女性はシリコン入りのシャンプーを使った方が良い場合もあります。

シリコンが悪とされているのは、頭皮に汚れが残っている場合に、シリコンが付着してしまうためです。

すすぎが不十分だとシリコンがたまってしまい、付着したシリコンが剥がれ落ちる時に健康なキューティクルも剥がしてしまうことがあります。

シリコンは人によって意見が様々ですが、シリコンよりも避けてほしい成分があります。それは「合成界面活性剤」と呼ばれる物です。

合成界面活性剤は2種類あり、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」のどちらかが入っているシャンプーは避けるべきです。

硫酸は非常に酸が強く、皮膚や髪を変性させてしまう刺激の強い成分です。洗浄力が高く価格が安いことから多くの市販シャンプーに使われていますが、頭皮の皮脂を過剰に除去し、頭皮を傷つけてしまいます。

皮脂を過剰に除去してしまうと、頭皮は足りなくなった皮脂を補うために更に皮脂を分泌するようになります。この悪循環に陥ると、薄毛や頭皮の荒れの原因になるのです。




 

安くていいシャンプーの条件

安くていいシャンプーは「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」が入っていないシャンプーです。このようなシャンプーは、アミノ系シャンプーと呼ばれています。

しかし、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」が入っていないアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものは、基本的に高いです。家計を圧迫してしまうため、なかなか購入に踏み切れないのが現状です。

しかし、市販されていて「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」が入っておらず、安いシャンプーは見つけることができます。

 


安くていいシャンプー①「カウブランド 無添加シャンプー」

“安くていいシャンプー①「カウブランド

「カウブランドの無添加シャンプー」は、アマゾンでも絶大な人気の商品です。

これだけ安価にも関わらず、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」を使用していません。

ノンシリコンで無添加なので、頭皮が荒れやすい人には特にオススメです。

ただ、これまで洗浄力の高いシャンプーを使っていた方にとっては、洗浄力が弱いため満足出来ない可能性があります。頭皮の環境を整えることを第一に考えられているシャンプーなので、頭皮のトラブルには効果的です。

様々なアミノ系シャンプーを試しましたが、カウブランドはその中では洗浄力があり、汚れをしっかり落とせました。

アミノ系シャンプーを使ってみたい方は、カウブランドから試してみることをオススメします。

 

第一三共スキンケア「ミノン」

大島優子がCMに出ている「ミノン」は、ご存知の方が多いと思います。

ミノンはどのドラッグストアでも販売されているメジャーな商品ですが、アミノ系シャンプーとしてとても優秀です。

敏感肌・乾燥肌の人が愛用していますが、洗浄力は高い方です。泡立ちも良く、しっとりしますが汚れはサッパリと落ちます。

指通りも良く、パサパサにならず落ち着きます。フローラル系の香りは好みが分かれますが、個人的には好きな香りです。

 

クワトロボタニコのスカルプシャンプー

アミノ系シャンプーの中で、男性にオススメしたいのが「クワトロボタニコ スカルプシャンプー」です。

男性の場合、女性に比べ皮脂の量が多く、洗浄力が弱すぎるシャンプーは逆に頭皮が荒れる場合があります。

クワトロボタニコは、「優しさ」と「洗浄力・泡立ち」を両立させています。

育毛効果のあるエキスがたっぷりと配合されており、頭皮に対して乾燥や抜け毛の原因となるような負担をかけずに、汚れや過剰な皮脂を洗い落とすことができます。

また、クワトロボタニコはシャンプーとしては割高ですが、1本で「シャンプー」「頭皮ケア」「トリートメント」の3役をこなす、オールインワンです。

男性は特に使い分ける面倒さや時間が掛かることを嫌いますので、1本で全て賄えるのは嬉しいですね。

 

市販で安くていいシャンプーは意外に少ない

ドラッグストアには様々なメーカーのシャンプーがありますが、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」が入っておらず、安くていいシャンプーは意外に少ないです。

シャンプーの成分表を見てみると分かりますが、価格を抑えるためにこれらの成分を配合しているのです。

今回紹介したシャンプーは、コスパの高さで群を抜いています。特に肌が弱い人は、ぜひアミノ系シャンプーを使ってみてください。