シェアカーで車の費用を圧倒的に抑える

シェアカーで車の費用を圧倒的に抑える車に掛かる費用は家計を圧迫しているが、車を手放すことは出来ないという方へ。

最近ではシェアカーが普及し、車を所有しなくても使いたい時に車が使えるようになっている。スマホやパソコンから予約して時間単位で使えるので、レンタカーには無い便利さがシェアカーにはある。

車に掛かる費用を、あなたはきちんと把握しているだろうか?年間で掛かる費用は、一般例として下記の金額だ。

・ガソリン代:約6万5000円
・自動車税:3万9500円
・重量税:3万円
・車検:6万円
・自賠責保険料:1万5110円
・任意保険料(新規):21万円
・その他整備費:2万5000円
・駐車場代:24万円(2万×12ヵ月)
―――――――――――――――――
合計=68万4610円
※年間走行距離5000km以下を想定
※2年毎にかかる費用は1/2で計算

年間走行距離5,000km以下なので、週末にしか車に乗らない方の一般例だ。68万4610円の費用を節約できれば、あなたの家計はかなり楽になる。

しかし、シェアカーは実際に使いやすいのか、知らない人と気持ちよくシェアカーができるのかが気になるところだろう。今回は、タイムズカープラスに会員登録をしている方のアンケート結果から、シェアカーのメリット・デメリットを紹介していく。

スポンサーリンク

 

どんな時にシェアカーを活用しているか

どんな時にシェアカーを活用しているかまず、利用者がどんな時にシェアカーを活用しているのかを紹介していく。

最も多いのが、週末のお出かけや近所への用事だ。

・週末にショッピングセンターへ行く
・病院に行く
・塾の送り迎え
・自家用車とは別にママ用のセカンドカーとして

レンタカーを借りるほどではない場面は多くあるが、シェアカーを活用することで日常のちょっと外出したい時に重宝している。

また、その他の用途でもシェアカーは便利だ。

・全国の出張先で使える
・旅行先で使える

タイムズは全国のいたるところにあるため、出張先や旅先で使えるのは大きなメリットだ。レンタカーだと手続きに時間が掛かったり、1日中借りる必要があるためだ。

 

シェアカーのメリット

シェアカーのメリット次に、シェアカーのメリットを6つ紹介する。
 
 
・とにかく安い

最も大きなメリットが、価格面だ。自家用車を持っている場合、車の購入費・車検費用・税金・保険・ガソリン・駐車場代といった費用が掛かる。こういった費用が一切掛からないシェアカーを利用することで、車の費用は圧倒的に抑えられる。
 
 
・ちょい乗りができる

15分206円から借りられるので、ちょっとスーパーに行ったり、家族を駅まで迎えに行くといった使い方ができる。
 
 
・ガソリンを満タンにして返却する必要がない

レンタカーの場合、ガソリンを満タンにして返却しなければならない。シェアカーはガソリンを満タンにする必要がないので、ちょっとの利用でも使いやすくなっている。
 
 
・24時間借りられる

レンタカーの場合、営業所の時間が8時~20時であれば、その時間内に返却しなければならない。特に、旅行で20時以降も乗りたいという場面は多いものだ。24時間好きな時に返却できるのは、シェアカーの大きなメリットだ。
 
 
・手続きが簡単

レンタカーの場合、店舗に行って説明を受ける必要がある。契約をしてから車を借りるため、手続きが面倒で時間が掛かってしまう。

シェアカーは、スマホかPCから予約をして、駐車場からそのまま利用するだけだ。煩わしい手続きが一切ないのは嬉しい。
 
 
・旅行先や出張先で借りられる

旅行先や出張先でレンタカーを借りるのは面倒だが、シェアカーであれば気軽に借りられる。旅行先で車でしか行けない場所も多いので、ちょい乗りができるシェアカーは重宝する。

 

シェアカーのデメリット

シェアカーのデメリット次にシェアカーのデメリットを紹介する。シェアカーのサイトに行けばメリットは色々と書いてあるが、デメリットは書かれていないものだ。デメリットも把握した上で、利用を検討しよう。
 
 
・月額基本料金がかかる

タイムズカープラスの場合、月額利用料は980円だ。この980円はシェアカーの利用料として充当できるので、980円分までは利用料は掛からない。

しかし、一切シェアカーを利用しなかった場合でも月額980円は掛かってしまう。1回しか使う予定がないのであれば、レンタカーを利用しよう。
 
 
・他の予約が入っていると乗れない

他の予約が入っていて、借りたいのに借りられない場合がある。事前に予約をすれば問題ないが、「今すぐ乗りたい!」と思った時に借りられない場合があるので注意が必要だ。
 
 
・チャイルドシートは持ち込み

自家用車の場合、チャイルドシートを車の中に置きっぱなしにできる。しかし、シェアカーの場合は、チャイルドシートを持ち込む必要がある。
 
 
・荷物を積みっぱなしにできない

チャイルドシートもそうだが、荷物を積みっぱなしにできないのはデメリットだ。ゴルフバッグなどを置いておきたいという方も多い。
 
 
・時間内に返却する必要がある

予約した時間内に返却する必要がある。例えば、病院で思っていたよりも待たされた場合、超過料金が取られてしまう。利用金額は使った分だけなので、余裕を持って予約しておこう。
 
 
・乗り捨てができない

レンタカーの場合、他のお店に返却できるところが多い。しかし、タイムズカープラスの場合、借りた駐車場に返却する必要がある。
 
 
・前の使用者がキレイに使っていない可能性がある

レンタカーの場合は、毎回清掃が入るので必ず綺麗な状態で借りることができる。シェアカーの場合、運営側で定期的に清掃に入るが、毎回ではない。

嫌な思いはしたことがないが、もし前の使用者のマナーが悪ければ車内が汚い場合もある。
 
 
・たばこが吸えない

喫煙者の方は、車でたばこを吸う方も多いだろう。シェアカーは禁煙のため、一切たばこは吸えない。たばこを吸わない人にとっては、嬉しいルールだ。

 

タイムズカープラスを活用しよう

タイムズカープラスを活用しよう月に2~3回しか車に乗らないにも関わらず、車の維持費や駐車場代を払っている方は、シェアカーを活用するべきだ。

車に荷物が置けないなどデメリットはあるものの、圧倒的に車の費用を押さえることができる。

タイムズカープラスは、シェアカー業界で最大手だ。全国にあるタイムズでシェアカーを運用できるメリットは、他社を圧倒している。

↓「タイムズカープラス」の料金などは、下記の記事で詳しく解説している。
カーシェアリング「タイムズカープラス」は超便利!メリット・デメリットを紹介

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ