まずはお金に向き合うことが重要

まずはお金に向き合うことが重要あなたはお金が貯まる生き方が出来ているだろうか?

「お金の話は嫌い」「お金はそのうち貯まる」と思っている方は、お金にきちんと向き合ってほしい。お金の勉強はしない、お金に興味を持とうとしない人は、お金が貯まる訳は無いからだ。

「お金の勉強方法なんて分からない。」という方もいるが、書店に行けばお金に関するコーナーが大きく取られている。節約・年金・株・FX・保険・住宅・税金など、書店の本をたくさん読むだけでお金が貯まるようになる。

今回は、お金が貯まる生き方をする上で理解すべき4つのステップを紹介する。

 

お金の貯まる生き方① 家計の収支管理

お金の貯まる生き方① 家計の収支管理家計の収支を管理することは当たり前のことだが、出来ていない人が多い。

「家計の管理」→「各費目の予算を決める」→「節約術を実践する」という流れになるのだが、「家計の管理」の段階でお金は貯まるようになる。

私は、可能な限り全ての決済をクレジット払いにしている。コンビニで100円のコーヒーを買う場合でもクレジット払いだ。マクドナルドなど、クレジットカードが使えない場合は電子マネーを使用する。

なぜここまで徹底するのかというと、全て自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」に自動連携されるためだ。現金を使うとアプリから入力する手間(大した手間ではないが)が発生するため、全てカード払いにしている。

↓「マネーフォワード」の詳細は下記の記事をチェック
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

しかも、クレジットカードで買えば、私はリクルートカードプラスを使っているので2%のポイント還元がある。月15万円程度はクレジットカードを使うので、毎月3000円分のポイントをもらうことができる。また、電子マネーは年会費無料で高還元率の「オリコカード ザ ポイント」を利用している。

↓「リクルートカードプラス」の詳細は下記の記事をチェック
リクルートカードプラスは還元率2.0%|最大限活用する方法10選

↓「オリコカード ザ ポイント」の詳細は下記の記事をチェック
Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のメリット・デメリットを紹介|年会費無料の最強カード

私は毎日パソコンを利用しているので、マネーフォワードを必ず見るようにしている。そして、自動連携されたデータにチェックだけ入れる。この作業をするだけで、「今月は使いすぎているな」「外食が多いな」と思うようになり、出費に対してブレーキをかけることができる。この作業は1分もかからない。

もちろん節約術は多く実践しているが、この出費に対する気持ちのブレーキは大きな効果がある。出費を把握することができたら、「食費は月4万円」「通信費は月1万5千円」といった費目ごとの目標を決めよう。

 


お金が貯まる生き方② 節約術を実践する

お金が貯まる生き方② 節約術を実践する「家計の管理」「各費目の予算計画」が出来るようになったら、節約術を実践しよう。

「今月は食費4万円以内に挑戦する」「今月は契約を見直して通信費を月1万5千円にする」といったように、毎月目標を持つことが望ましい。一つ一つできるようになれば、驚くほどあなたの家計は改善していく。

節約術を実践することに決めたら、まずは節約効果の高い方法から始めよう。先ほどクレジットカードの活用法を紹介したが、クレジットカードを変更するには携帯料金・電気料金・amazonの登録など、様々な契約変更が必要になる。最初は手間が掛かるが、節約効果が継続して長い目で見ると効果が高い。

また、お金が貯まる方法としては「収入-貯金=支出」を徹底することが必要だ。「収入-支出=貯金」で余った金額だけ貯金をする方法は、お金が貯まらない典型だ。予算計画を立てて貯金分を最初に差し引いてしまうことで、お金が貯められるようになる。

そこで活用すべき節約術は、住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」だ。貯金用の口座として住信SBIネット銀行の口座を開設し、他銀行から定額を自動で入金する「定額自動入金サービス」を設定する。例えば、月3万円と設定すれば、自動的に毎月3万円を貯金用口座に貯めることができる。とても便利なサービスにもかかわらず、手数料は無料だ。

↓住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」は下記の記事をチェック
定額自動振込・定額自動入金を活用して完全無料で積立貯金をする

このように貯金を自動化してしまうことで、確実にお金が貯まるようになる。ここで紹介した節約術はほんの一部だ。今月節約する項目が決まったら、節約部の中で該当する記事を探してみよう。

 

お金が貯まる生き方③ 自分で稼げるようになる

お金が貯まる生き方③ 自分で稼げるようになるお金を貯める上で重要なのが「自分で稼げるようになる」ことだ。

現在はパソコン1台でお金を稼ぐ方法が多くある。ヤフオクで不用品を販売したり、アンケートモニターを利用するといった誰でもできる方法から、データ入力の仕事など個人で請け負うサービスも充実している。

アルバイトなどではなく、自分で稼げるようになると隙間時間でお金が入るようになる。アルバイトは週に3日以上で時間も決まっているというケースがほとんどだが、自分で稼げるようになると時間の制約がなくなる。これほど大きなメリットはない。

お金が貯まる人は、収入源をいくつも持っている。本業・副業・投資といった様々な収入源を持つことで、生活は格段に楽になる。

 

お金が貯まる方法④ 自分に投資する

お金が貯まる方法④ 自分に投資するここまで3つのステップができるようになったら、積極的に自分への投資を心がけよう。

これまでは出費を減らすことに注力していたが、出費をすることで更にお金が貯まるようになるのが「投資」だ。

例えば、食器洗い乾燥機を買うことで、あなたの自由な時間が増える。その隙間時間を使って副業をすると、食器洗い乾燥機の値段以上に収入を増やすことができる。

お掃除ロボット・全自動洗濯機などの家電だけでなく、本などの教養も有効だ。やる気がアップするのであれば、美味しいコーヒーマシンも有効かもしれない。(私はマッサージチェアが欲しいが、場所の問題もあり意見が通りそうにない。。。)

ここまでの4つのステップができるようになれば、貯金1000万円の目標でも数年で達成することが可能になる。やることは多くあるが、一つずつステップアップしてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ