定期代は節約できる!

定期代は節約できる!電車通勤のサラリーマンが必ず買っている「定期券」ですが、定期代は節約術を駆使して安くすることが可能です。

定期代に年間20万円以上支払っている方も多いので、払っているお金が大きい分節約効果も高いです。大した手間もない方法ばかりなので、ぜひ実践してみてください。

場合によっては、最大2万円以上も安くなります。今回は、定期代の節約術について詳しく解説していきます。


 

クレジットカードで購入する

クレジットカードで購入するJRや東京メトロなど、自社が出しているクレジットカードだけでなく、VISA・MasterCard・JCBなど国際ブランドであれば対応できる会社が増えています。

例えば、あなたの定期代が年間24万円とします。現金で購入した場合は全くポイントが付きませんが、還元率1.5%のクレジットカードで購入すると3,600円分のポイントが付きます。

大きな買い物をする場合も同じですが、クレジットカードを有効活用出来ていない人は、かなり損をしています。定期代節約の第1歩として、クレジットカードは必ず活用してください。

↓クレジットカードの選び方は下記の記事をチェック
年会費無料で最強のクレジットカードはこれだ!4つのカードをランキングで紹介

 


株主優待券を利用する

株主優待券を利用するJRや東京メトロなどでは行っていませんが、各私鉄では株主優待による半年間全線乗り放題の特典を出している会社が多いです。

定期券は購入した区間以外はお金が別途掛かりますが、半年間の全線乗り放題であればどこまで乗っても料金は掛かりません。

半年間の全線乗り放題をもらうには、株を購入するためにかなりの資金が必要になります。しかし、ヤフオクで販売されており、私鉄で長い区間を通う人であれば半年間の全線乗り放題を利用した方が安くなります。

例えば、あなたが京急電鉄の半年間全線乗り放題をヤフオクで購入したとします。あなたが京急久里浜→品川(約53分)で通勤している場合、半年間の定期代は115,400円となります。

ヤフオクで京急電鉄の株主優待(半年間全線乗り放題)を検索してみると、約80,000円で購入できます。つまり、115,400円 – 80,000円 = 35,400円 の節約に繋がります。

さらに、京急久里浜 → 品川 以外の区間でも無料で乗れるというお得さです。ほとんどの鉄道会社で、5月に6月~11月分、11月に12月~5月分の定期券がオークションで売り出されるため、チェックしてみましょう。

「電車の半年間全線乗り放題」だけでなく、「電車・バスの半年間全線乗り放題」もあります。バスも使っている方は、こちらを検討してみてください。