毎月の水道代を確認しよう

毎月の水道代を確認しようあなたは普段の生活でどれだけ水道代が掛かっているか、意識しているだろうか。

4人家族の水道代月平均は7250円だ。あなたの家計はどれくらいの水道代が掛かっているだろうか?節約生活をするのであれば、無理な節約はせずに5000円以下を目指してもらいたい。

今までと同じ生活をする中で、意識を変えて節約グッズを活用するだけで、水道代は圧倒的に節約できる。以前、節約部では水道代の節約方法を紹介したが、今回はさらに詳細に紹介する。




 

水をどこで使っているかを知ろう

水をどこで使っているかを知ろう家の中で水を使うところは、トイレ・お風呂・キッチン・洗濯だ。一般家庭だと、下記の割合で水を使っている。

トイレ: 28%
お風呂 : 24%
キッチン : 23%
洗濯 : 17%
洗顔など : 8%

1位はトイレ・2位はお風呂・3位はキッチンとなっている。1位がトイレというのは、意外ではないだろうか?

今回は、水道を使っているトップ3(トイレ・お風呂・キッチン)での水道代節約方法を紹介していく。

 


トイレでの水道代節約

トイレでの水道代節約まずは、1人あたりが使用しているトイレでの水道代を紹介する。

1人が1日に使う水の量は、約230ℓだ。トイレで使う量はそのうちの28%にあたる64.4ℓとなる。

1回あたり、約2.8円
1日あたり、約23.4円
1月(30日計算)あたり、約672円

トイレだけで約672円もの出費となっている。4人家族の場合は、月に約2688円もの出費となっているのだ。

そこで、トイレでの水道代を節約するために、下記4つの方法を実践してみてほしい。

①大・小を使い分ける

レバーの「大」「小」を使い分けていない人は意外に多い。「大」は約8ℓ、「小」は約6ℓなので、使い分けることで水道代を節約することができる。

②節水型トイレに変える

あなたが持ち家に住んでいるのであれば、節水型トイレに切り替えることをオススメする。設置する時に多少高くついても、ランニングコストで元が取れるからだ。従来品に比べ、約1/3の水量で流す事ができる。

③ロスカットを使う

持ち家ではないという方にオススメなのが「ロスカット」だ。

タンクに取り付けるだけで、トイレの排水量を30%以上セーブできるという節約グッズだ。取り付けた後はメンテナンスもいらない。排水量をセーブするにも関わらず、水圧は維持できる。

一度設置すれば半永久的に節約ができるので、取り付けてみよう。

 
④外出先で済ませてしまう

これだけ家計を圧迫するトイレなので、可能な限り外出先で済ませてしまおう。

 

お風呂での水道代節約

お風呂での水道代節約あなたはシャワーの方が水道代が節約できると思っていないだろうか?

1人暮らしでは、おそらくシャワーの方が安く済む。しかし、4人家族などの場合だと、ほとんどの場合がお風呂に溜めたほうが安くなるのだ。

浴槽1杯分の水の量は、シャワーを15分間使用した量に相当する。4人家族の場合、1人15分シャワーを毎日利用すると、1ヶ月で21600ℓ・約8000円にも上ってしまう。(ガス代も高い)

お風呂での節約方法は、下記の3つを実践してほしい。

①節水シャワーヘッドを使用する

節約生活をする中で、必ず活用してもらいたいのが「節水シャワーヘッド」だ。

節水シャワーヘッドとは、シャワーの出る穴の数を少なくして水の量を少なくすることができる節約グッズだ。約40%の節水をすることができる。

「シャワーの勢いが無くなるから、汚れがなかなか落ちないんじゃないの?」と思うかもしれないが、シャワーの穴が少ないため、水圧はむしろ高くなる。快適な使用感で水道代が節約できるのは嬉しい。

また、節水シャワーヘッドは手元に一時止水スイッチが付いている物が多い。こまめに水を止めることができるので、より節水効果が高い物のなっている。

節水シャワーヘッドの中でも人気がある商品が、下記の「カクダイ リラックスシャワ」だ。

 
②お風呂の残り湯を洗濯に使う

お風呂の残り湯を洗濯に使うのは、よく知られている節約方法だ。しかし、意外に実践している人は少ない。「お風呂の残り湯だと、服に体の垢が付いてしまうんじゃないの?」と思う方が多いからだ。

そういった方は、洗濯の時に「洗い」だけ残り湯を使ってほしい。「すすぎ」は普通の水を使うことで、清潔に洗濯ができる。

③SUPERアカパックンを使用する

あなたは毎日お風呂のお湯を入れ替えているだろうか?どうしても湯垢が出てしまい、臭いがあるので毎日入れ替えるという方が多いと思う。

そこでオススメなのが「SUPERアカパックン」だ。お風呂に浮かべるだけで、お風呂の汚れを大幅に軽減してくれる。

特殊繊維で油を吸い取る商品で、船舶事故の原油を回収する繊維と同じ素材が使われている。バスタブの湯垢がなくなり、翌日に洗濯物をしてもニオイは無い。湯船に浮かべるだけで効果絶大だ。

メンテナンスも必要なく、繰り返し400回使用できる。お風呂を毎日入れ替えなくても気持ち良く入れるので、かなりの節約につながる。

 

キッチンでの水道代節約

キッチンでの水道代節約あなたはキッチンで食器を洗う時、水を出しっぱなしですすいでいないだろうか?

5分間水を出しっぱなしにした場合、約60ℓの水が使われている。月に約2200円もの水を使ってしまっている。

そこで、下記2つの節約術を実践してほしい。

①基本はため洗い

まず、水を流しっぱなしで食器を洗うというのは最悪だ。水道代を節約するためには、必ずため洗いをしよう。ため洗いをした後の水ですすぐだけで、大きな水道代の節約効果がある。

また、キッチンの洗い場が広い場合は、洗い桶を2つ使うと良い。片方の桶に水と洗剤を入れておき、使い終わった食器は洗剤の入った桶へ入れる。

もう片方の桶には水だけを入れておき、洗剤入りの桶の中で洗った食器を、水だけの桶に移すことでほとんどキレイになっている。

あとは軽くすすぐだけで良いので、とても楽だ。

②食器を洗う順番を工夫する

ほとんどの方は、桶の中にある食器を上から洗う方が多い。食器の洗う順番を変えるだけで、洗剤も水道代も節約になる。

順番は、ほとんど汚れていないはしやスプーン → コップ・やかん → お皿 → 鍋・フライパンなどの調理道具となる。汚れが少ない物から洗うと洗剤のつけ足しや水の量も少なくて済む。

③節水コマを使用する

水道の蛇口を節水コマにすることで、水道代の節約につながる。節水コマは通常のコマに比べ、ゴムの部分が厚くなっており、流水量は半分に抑えられるのだ。

④食器洗い乾燥機を使う

食器洗い乾燥機の普及率はまだ1割程度だが、長い目で見るとお買い得だ。水の量は手洗いの10分の1で済むので、水道代と時間が節約できる。

手が荒れてしまう人にも、水仕事が少なくなるのでオススメだ。

 

まとめ

まとめ水道代を圧倒的に節約する11の方法を紹介したが、あなたはどれくらい実践できていただろうか?

あなたに合った方法を取り入れて、現在の水道代から20~30%の節約を目標にしてほしい。

水道代は一生発生する費用なので、今節約術を身につければ一生役に立つスキルだ。必ず身につけよう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ