4人家族の生活費は平均33.6万円

4人家族の生活費は平均33.6万円夫婦+子供2人の家族は、子供が大きくなるに連れて教育費が膨らんでいく。

そこで、子供が小さい時から生活費の節約術を実践することで、赤字家計にしない習慣を身につけることが重要だ。そこで、まずは平均値を知って、目標を立ててほしい。

総務省の調査によると、4人家族の生活費平均は月33.6万円だ。その中で食費は7.6万円を占めており、食費が占める割合が22%にも上っている。

40代が最も高くなっているが、それにしても平均値は使いすぎだと思ってしまう。交通・通信費も16%にあたる5.3万円だ。これだけ支出が膨らんでいると、少し工夫して節約術を実践するだけで、生活費は安くすることができる。

今回は、4人家族に実践してほしい節約術を4つ紹介する。

スポンサーリンク

 

ネットスーパーは小さな子供がいる家族の強い味方

ネットスーパーは小さな子供がいる家族の強い味方イオン・イトーヨーカドー・西友といった大型スーパーがサービスを展開している「ネットスーパー」。小さな子供がいる家庭には強い味方となっている。

私はイトーヨーカドーのネットスーパーを活用しているが、とにかく便利だ。私の地域では3,240円以上購入すると送料は無料で、子育て家族(交付日より4年以内の母子健康手帳提示)はそれ以下でも送料は100円のみとなる。

普段は車でスーパーに行くが、商品を詰めて持って帰る手間だけでなく、ガソリン代まで節約できてしまう。これだけサービスが良いにも関わらず、商品は全てスーパーと同じ値段だ。

しかも、注文してから最短で3時間ほどで届くシステムだ。その日の16時までに注文すれば、当日に届けてくれる。

↓ネットスーパーの詳細記事はコチラから
子育てと仕事の両立にはネットスーパーの活用が欠かせない

また、おむつや日用品をamazonで買う人が多いが、アスクルが運営している「LOHACO」の方が安い場合が多く、サービスも良い。

おむつはほとんどの場合でLOHACOの方が安く、当日配送も無料でできる。時間指定も可能なので、宅配ボックスが無い家庭には重宝するサービスだ。

amazonでは日用品を買う場合に2,500円以上のまとめ買いが必要だが、LOHACOは1,900円以上で送料が無料となる。

↓LOHACOの詳細はコチラの記事をチェック
おむつが安い通販は「LOHACO」|Amazonよりも安く買える

 

食費の節約術

食費の節約術4人家族は食費の支出が多いが、平均値の7.6万円は高すぎる。全体の支出の22%を占めてしまっている。

4人家族の場合、食費の理想額は手取りの15%だ。手取りが40万円であれば、6万円以内に抑える必要がある。

まず、外食は必要最小限に抑えるべきだ。家族4人で外食した場合、安くても1回で4千円程度が掛かってしまう。月5回の外食をすると、月2万円もの出費になってしまう。これでは、食費を15%以内に抑えるのは困難だ。

スーパーで買い物をする場合、できるだけ行く回数を減らそう。1週間分の作る料理をある程度決めておき、1週間分の食材を必要最小限で買うことで、大きな節約につながる。

↓その他の食費節約術は下記の記事をチェック
一週間節約献立レシピ|家族4人でも週3,000円で乗り切ろう

 

通信費の節約

通信費の節約スマホが普及したことで、家計の支出が増えたのが通信費だ。

家族4人でスマホ・パソコンの通信費が3万円という家庭も多い。通信費にここまでお金を使ってしまっていては、お金が貯まる訳がない。

格安SIMを活用すれば、通信費は半額以下に抑えられる。格安SIMカードは安いものの、人件費・広告費などを掛けずに運営しているため価格を抑えており、サービス内容は大手キャリアと大して変わらない。

私もドコモの白ロム端末にDMMモバイルの格安SIMを使っているが、これまで不自由なことは全くない。当時で最新のXperia Z3を使っており、今でもサクサク使えている。

通信費の節約術は、一度取り入れると年間10万円以上の節約になる。必ず活用してほしい。

↓通信費の節約術は下記の記事をチェック
Xperia Z3の白ロムを購入!格安SIMで携帯代を月3,691円で運用する

 

まずは家計簿を付けよう

まずは家計簿を付けよう4人家族の生活費はどうしても高くなってしまう。「そもそも家計簿をつけていない。」という方は、はっきり言って論外だ。

まずは、3ヶ月ほど家計簿を付けてほしい。3ヶ月家計簿をつけると、自分の家計がどれくらい支出しているかが見えてくる。

家計簿を付けるには、自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」がオススメだ。マネーフォワードの凄いところは、銀行やクレジットカードの使用状況を全てまとめて、自動で家計簿にしてくれることだ。

例えば、あなたが共働きで銀行口座が2つ、携帯電話が2つ、クレジットカードを3枚使っているとする。家計簿を付けるためには、それぞれのサイトにログインをして、利用額や残金を確認して家計簿に記載する必要がある。

しかし、マネーフォワードを使えば、あらゆるサイトの入出金履歴をマネーフォワードのサイトで見ることができる。マネーフォワードが自動で情報を集約してくれて、家計簿に入力してくれている。

マネーフォワードを使うことで、家計簿で挫折することは無くなるだろう。

↓マネーフォワードの詳細は下記の記事をチェック
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ