コストコの年会費を払わずに無料で入場する方法6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コストコは年会費を払わなくても無料で入れる!

1

「コストコに行ってみたいけど、年会費がネックとなって行けない。」という方は多いです。

近隣に住んでいれば会員になっても良いのですが、近くにコストコがなくて年に1回行くかどうかという方にとっては、年会費を払ってまで行こうとは思いません。

しかし、コストコは値段が安いだけでなく、コストコでしか手に入らない商品も多いです。スーパーなのに、テーマパークに来ているような感覚なので、「一度行ってみたい!」という方が多いです。

そこで、今回はコストコの年会費を払わずに、無料で入る方法について詳しく解説します。

 





コストコの年会費

2

まず、コストコの年会費について解説します。コストコの会員には、「法人会員」と「個人会員」があります。

法人会員 : 4,158円(税込)
個人会員 : 4,752円(税込)

個人会員よりも、法人会員の方が年会費が安く設定されています。もしあなたが会社を経営していたり、個人事業主である場合は、法人会員での入会を検討してみても良いですね。

 



コストコの年会費を払わずに無料で入る方法6選

4

コストコの年会費を払わずに、無料で入る方法について詳しく解説します。

コストコに無料で入る方法①「コストコ会員と同伴で入店する」

もし友達や親戚などでコストコ会員がいるのであれば、一緒に入店することで無料での入場が可能です。

コストコ会員証は、1枚で大人2名まで(合計3名)の入場が可能です。また、18歳未満の子供は人数制限がありません。

例えば、大人1名+子供2名の家族であれば、3家族(大人3人+子供6人)でも、1枚の会員証で入場することができます。

また、後述する1日パスポートなどは、会員価格+5%の上乗せ金額が掛かってしまいますが、コストコ会員と同伴であれば+5%は掛からず会員価格で購入することができます。

デメリットとしては、同伴者は会計が出来ないことです。全員で一緒に会計をして、後でシェアをする必要があります。

コストコに無料で入る方法②「家族カードを作る」

一緒に住んでいる家族が既にコストコ会員なのであれば、家族カードを作りましょう。

コストコ会員は、1枚だけ無料で家族カードを作ることができます。家族カードがあれば、本会員と同じ条件でコストコに入店できます。

家族カードを作る上で、条件は下記の2つです。

・18歳以上であること(高校生不可)
・本会員と同じ住所に住んでいること

注意点としては、同じ住所に住んでいる必要がある点です。例えば、一人暮らしをしている子供や、実家の母親は家族カードを作ることができません。

一緒に住んでいれば、戸籍上の家族でなくても家族カードが作れます。例えば、同棲中の彼女も家族カードを作ることができます。

コストコに無料で入る方法③「コストコの商品券を持っていく」

コストコの会員証が無くても、コストコの商品券を持っていれば入店することが可能です。

コストコ会員の人に商品券を買ってきてもらうか、オークションで仕入れることもできます。フリマアプリやヤフオクなどで、よく出品されています。

また、商品券はお釣りも出るので、無駄になることがありません。コストコのガソリンスタンドでも使用することができます。

デメリットとしては、入店前のサービスカウンターで手続きが必要です。身分証が必要となります。また、会員価格ではなく会計+5%の上乗せ価格となります。

この特別入場は、これまで特別入場をしたことがない方限定の特典となります。これまでこの方法で入場したことがある方は、入ることができません。

コストコに無料で入る方法④「コストコのプリペイドカードで入店する」

コストコには商品券だけでなく、プリペイドカードも発行されています。

そして、商品券同様にこれまで入店したことがない方は、プリペイドカードを持っているだけで1回に限り入店ができます。

会員価格+5%の上乗せがあります。また、プリペイドカードは5,000円~入金が可能です。入場する際の手続がありますので、身分証明書を必ず持っていきましょう。

コストコに無料で入る方法⑤「コストコ会員になった後に解約をする」

コストコ会員は、1年が経たない段階で解約をした場合、年会費は全額戻ってきます。

つまり、コストコ会員になって買い物をして、その後すぐに解約をすると年会費は一切掛かりません。(その日のうちに解約をするのは気まずいですが・・・)

また、1年以内に引っ越すことが決まっている場合などは、何度か買い物をしてから解約することで、年会費が全額返ってくることを覚えておきましょう。

コストコに無料で入る方法⑥「1日フリーパスを持っていく」

コストコでは、定期的に販売されている「コストコライフ」という雑誌で、1日特別招待券が付いていることがあります。

しかし、最近ではコストコライフで1日フリーパスを見ることが非常に少なくなりました。メルカリ・ヤフオクなどで転売が多いため、対策をしているものと思われます。

商品券・プリペイドカードと同様に、会計の際には+5%の上乗せ価格となります。また、1回利用したことがある方は利用できません。

 

コストコ会員とどちらがお得なのか検証しよう。

3

コストコ会員になるには、年会費4,752円(税込)が必要となります。

コストコ会員になると、+5%の上乗せ価格が無くなります。つまり、95,040円以上の買い物をするのであれば、コストコ会員になった方がお得です。

あなたがコストコに何回いくのか、しっかりと検証してみましょう。とりあえず行ってみたい方は、商品券やプリペイドカードがオススメです。



【関連記事はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加