貯金

毎月2万円貯金するために実践すべき節約術5選

毎月2万円を貯金するのは難しくない!

1

「貯金したいけれど、毎月の収支がギリギリで貯金ができない。」と悩んでいる家庭は多いです。

現在全く貯金が出来ていないのであれば、まずは毎月2万円貯金することを目標にしましょう。毎月2万円であれば、節約術をいくつか実践すれば簡単に達成できます。

今回は、毎月2万円貯金するために実践すべき5つの節約術を紹介します。

続きを読む

節約が苦手なあなたが貯金するために実践すべき節約術5選

1

節約が苦手なあなたへ

1

「お金を貯金したいけど、節約が苦手ですぐに挫折してしまう」というあなたへ。

根気のいる節約術を実践しようとすると、どうしてもストレスがかかってしまいます。毎日忙しいのに、自炊で節約レシピを覚えたり、電気を使わないようにするといった努力は長続きしません。

今回は、節約が苦手な方でもできる節約術5選を紹介します。

続きを読む

節約・貯金をする方法|主婦のあなたがやるべき節約術7選

1

節約上手な主婦はここまでやっている!

1

貯金ができる家計を作るには、主婦の方の節約スキルがとても重要です。家計でお金を使うのは、主婦の方が多いからです。

「毎日お弁当を作る」「スーパーの特売品を買う」「コンセントをこまめに抜く」などの節約も大事ですが、細かい節約術だけでは貯金は貯まりません。

今回は、主婦の方が行うべき効果の高い節約術を7つ紹介します。

続きを読む

手取り20万円のやりくり貯金生活|必ず実践すべき節約術5選

夫婦で手取り20万円でも貯金はできる!

1

「今月も貯金ができなかった」と悩んでいるあなたへ。

結婚してこれからマイホームが欲しい、子供を作りたいと思っていても、お金が必要になってきます。しかし、収入が少なくて貯金ができないという家庭は多いです。

今回は、夫婦で手取り20万円の家庭を例にして、効果の高い5つの節約術を紹介します。

まず、夫婦で手取り20万円の場合、理想的な支出金額を作ってみました。
 
 
「固定費」(82,000円)

住居費 : 70,000円
通信費 : 8,000円
保険料 : 4,000円

「変動費」(98,000円)

食費 : 45,000円
水道光熱費 : 10,000円
日用品・雑費 : 5,000円
趣味・娯楽費 : 10,000円
被服費 : 10,000円
交際費 : 8,000円
その他 : 10,000円

貯蓄 : 20,000円

合計 : 200,000円
 
 
この金額を見て、どう思いましたか?こんなに支出を抑えることはできないでしょうか?

しっかりと節約すれば、実現できない金額ではありません。1つずつ節約術を実践しましょう。

続きを読む

手取り25万円で貯金を貯めるためのやりくり術5選

kakei

手取り25万円で貯金をするためには?

“手取り25万円で貯金をするためには?”

手取り25万円で貯金ができないというあなたへ。

手取り25万円というと、税金など控除された前の金額は30万円前後になると思います。

子供がいても不自由なく暮らせる金額ですが、「お金が貯まらない」という悩みを抱えている方が多いです。

そこで今回は、手取り25万円の方が実践すべきやりくり術を紹介していきます。

続きを読む

節約せずに貯金を年間200万円貯める方法|4大固定費を削減しよう

1

固定費を大胆カットしよう

“固定費を大胆カットしよう”
節約本と聞くと「節約レシピ」や「光熱費の細かい節約法」といったイメージがあります。

今回紹介する「節約せずに年間200万円を貯める方法」という本は、セコセコ節約するのではなく、固定費を大胆に節約しようという趣旨の本です。

著者は女性のファイナンシャルプランナーです。夫婦同時失業を経験している面白い経歴の持ち主です。

今回は、本の中から「保険料」「自動車代」「住宅費」「教育費」の4つに分けて、解説していきます。

続きを読む

貯金のモチベーションを保つために知っておくべき3つのこと

motivation

貯金のモチベーションを維持するには?

“貯金のモチベーションを維持するには?”

これまで何度も「貯金をするぞ!」と意気込んで始めても、挫折をしてしまう人は多いです。

挫折をしてしまう人は、意思が弱いからではありません。モチベーションを維持する方法を知らないだけです。これは、ダイエットや資格の勉強にも言えることです。

貯金のモチベーションを維持することができれば、ある程度の貯金が貯まります。ここまで来ると、通帳の残高が目に見えてきて楽しくなり、貯金は苦ではなくなります。

続きを読む

貯金・節約をするために主婦が実践すべき7つのこと

setsuyaku

貯金・節約のために実践すべきこと

“貯金・節約のために実践すべきこと”
あなたが節約を学んで貯金をするためには、今回紹介する7つの節約術は必ず把握しておきましょう。

主婦なら誰もが実践できる内容を紹介しますが、7つ全てを実践できている方はほとんどいません。

節約に関する考え方を少し変えて、一つずつ実践するだけで確実に貯金ができる家計になります。詳しく紹介していきます。

続きを読む

子育て中でも貯金ができる節約術5選

子育て中はお金が掛かる

子育て中はお金が掛かる「子供が産まれるまでは順調に貯金が出来たのに、産まれてからは全く貯まらない」という家庭は多いです。

児童手当が毎月1万5千円出て、会社からも子供に対する手当がある場合が多いです。しかし、子供の食費・衣服・おもちゃ・ベビーカー・チャイルドシートなど、必要なものはたくさんあります。

今回は、子育て中に実践してほしい節約術をまとめて、詳しく解説していきます。

続きを読む

手取り18万円の一人暮らし|家計の内訳と貯金をする方法3選

手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能

手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能「手取り18万円でも一人暮らしは可能でしょうか?」という問い合わせを受けました。

手取りとは、本来の給与から税金や社会保険料を差し引いた金額です。年収で言うと、ボーナスも含めると300万円前後になります。

年収300万円なので決して高い給料ではありませんが、かなり低い金額でもありません。一人暮らしは十分に可能ですし、この金額で一人暮らしが出来ないのは問題です。

しかし、一人暮らしをしても貯金が出来ないのでは不安ですね。結婚資金や将来のことを考えると、一人暮らしで生活力を付けつつ貯金もする必要があります。

今回は、手取り18万円での一人暮らしについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

節約生活で年間100万円を貯金するコツ5選

貯金をするには固定費の削減と副収入が大事

貯金をするには固定費の削減と副収入が大事あなたが「節約生活をして貯金を貯めよう」と思っているのであれば、貯金するためのコツを把握しておくべきです。

貯金をするために、自炊をする・電気をこまめに消すなど小さいことから始める人が多いです。しかし、この節約生活は2つの問題があり、続かないことが多いです。

1つ目の問題は、節約した金額が分からないことです。1食や1日当たりどれぐらいの節約になっているか見えないため、モチベーションが続かないのです。

2つ目の問題は、毎日継続しなければならないことです。習慣化出来て苦痛が無いのであればいいのですが、ほとんどのケースで継続できません。体調を壊したり、仕事が忙しくなったりすることで、節約をやめてしまった方が多いです。

そこでオススメの節約生活としては、固定費の削減と副収入を得ることです。難しい知識が必要なイメージを持ってしまったかもしれませんが、誰にでも出来る方法なのでご安心ください。

今回は、節約生活をして年間100万円を貯金するためのコツを紹介していきます。

続きを読む

低収入でも貯金はできる!お金を貯めるコツ4選

低収入でも貯金はできる!

低収入でも貯金はできる!「自分は低収入だから貯金はできない」と諦めてしまう方は多いですが、私は貯金が出来るかどうかは収入とは関係ないと思っています。

あなたが貯金を出来ないのは低収入だからではなく、お金の貯め方を知らないからです。低収入でもしっかりと毎月の予算を立てて、貯金が出来ている人はたくさんいます。

今回は、低収入でも貯金をするとコツについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

手取り30万円で毎月5万円を貯金するやりくり術4選

手取り30万円でも毎月5万円貯金できる!

手取り30万円でも毎月5万円貯金できる!「あなたは毎月いくら貯金していますか?」

貯金額の目安としては、月収10%~15%程度となります。手取り30万円の方が貯金をする場合、毎月5万円貯められると理想ですね。

教育に必要なお金は1人1,000万円、老後までに貯めておきたいお金は3,000万円と言われています。毎月5万円貯めたとしても、3,000万円貯まるまでに50年掛かることになります。つまり、最低限でも毎月5万円は貯めたいところです。

今回は、手取り30万円で毎月5万円を貯金するやりくり術4選を紹介します。

続きを読む

ブタ財布は貯金ができない!貯まる財布になるために必要な6つのこと

貯金がある人は必ずと言っていいほど財布が綺麗

貯金がある人は必ずと言っていいほど財布が綺麗貯金がある人の特徴として、必ずと言っていいほど「財布が綺麗」です。

貯金ができない人は、レシートが大量に入っていたり、ポイントカードばかり入っていてパンパンになる、いわゆる「ブタ財布」になっています。

財布が綺麗な人は、財布の中身や金額もしっかりと把握しています。財布の中を見てみて、「こんなカード入ってたんだ。」という方は、自分が把握できるカードだけを入れるようにしましょう。

今回は、ブタ財布を卒業して貯まる財布になるために必要な6つの知識を紹介します。

続きを読む

新社会人の貯金目標はいくらに設定すべき?目標達成のための節約術6選

 

新社会人の年間貯金目標は50万円が妥当

新社会人の年間貯金目標は50万円が妥当「4月から新社会人になるから、将来のために貯金をしよう!」と意気込んでいる方は多いでしょう。

学生の頃は、親の助けが大きいです。実家に住んでいて、アルバイト代は自分の欲しいものに使えるという生活をしていた方は大変です。一人暮らしをするのであれば、生活費や貯金などすべてのお金の流れを把握する必要があります。

貯金をするには、様々なコツがあります。何も考えずに余った金額を貯金しているだけでは、お金は貯まりません。

新社会人の年間貯金目標を聞くと「100万円」と答えるケースが多いです。しかし、新入社員は夏のボーナスがなく、冬のボーナスも満額支払われないケースが多いため、厳しいハードルだと思います。(逆に夏のボーナスがもらえる方は100万円でも良いかもしれません。)

私は、新社会人1年目の貯金目標は「50万円」が妥当だと思います。毎月4万2千円の貯金が目安になります。

初任給が19万8千円として、ここから所得税・雇用保険・健康保険・厚生年金を引くと手取りは16万円〜17万円となります。16万円の内4万2千円なので、約4分の1は貯金に回すことになります。ボーナスが50万円見込めるのであれば、ボーナスに手をつけずに毎月の給与内で生活するようにしましょう。

今回は、新社会人の貯金方法を詳しく解説していきます。

続きを読む