他行への振込手数料は完全無料にできる

他行への振込手数料は完全無料にできる銀行を使っていると「引出手数料」「振込手数料」など、様々な手数料が発生する。

しかし、銀行の手数料は無駄な出費だ。あなたが節約生活をしているのであれば、引出手数料だけでなく振込手数料も無料にするべきだ。

現在、銀行に手数料を支払っている方は、この記事を参考に完全無料を目指そう。

スポンサーリンク

 

最強のネットバンク「住信SBIネット銀行」

最強のネットバンク「住信SBIネット銀行」節約生活をする人にとって、「住信SBIネット銀行」は必須の銀行となる。

住信SBIネット銀行の最も大きなメリットは、「他行への振込手数料がランクに応じて最大月15回まで無料」のサービスだ。しかも、定額自動入金・定額自動振込のサービスまであるので、家賃の支払いや子供への仕送りなどもすべて無料になる上に自動化できる。

↓詳細の記事はコチラ
定額自動振込・定額自動入金を活用して完全無料で積立貯金をする

あなたのお金を住信SBIネット銀行に集めておけば、ランクに応じて月最大15回まで無料まで他行への振込手数料が無料になるのは大きい。例えば、ある銀行で3ヶ月の定期預金キャンペーンを行っていた場合、住信SBIネット銀行からその銀行に振り込むことで、無料で定期預金が開始できることになる。

しかし、ここで一つの疑問が生じる。定期預金キャンペーン終了後に「ある銀行」→「住信SBIネット銀行」に振込を行う際に、振込手数料が掛かってしまうことだ。この問題を解決するのが「FX口座」となる。

 

FX口座を利用して振込手数料を完全無料にする

FX口座を利用して振込手数料を完全無料にするFXの口座は、維持手数料は一切無料だ。さらに加えて、金融機関からの入金・出金が完全無料となっている。

このサービスは、私たちの代わりにFX業者が手数料を負担することで、取引を活性化したいという狙いがある。だが、取引をしなかったからといって特に問題はない。資金移動の経由地としてFX口座を活用することが可能なのだ。

例えば、A銀行で定期預金キャンペーンが終了したとする。A銀行→住信SBIネット銀行に資金を移動する場合は、手数料が数百円掛かってしまう。せっかく定期預金キャンペーンで資金を増やしたのに、これでは全く意味がない。

そこで、A銀行→FX口座→住信SBIネット銀行という順番で資金を移動する。この方法だと、完全無料で資金の移動が可能となるのだ。

次に、どのFX口座を開設するべきかを説明する。

 

DMM FXの口座開設がオススメ

DMM FXの口座開設がオススメ資金の移動用口座として、最もオススメなのが「DMM FX」の口座だ。

ローラと石橋貴明のCMを見たことがある人も多いだろう。なぜDMM FXがオススメなのかというと、「提携している金融機関が他のFX業者と比べて多い」からだ。

都市銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行だけでなく、それぞれの地銀にも対応している。370の金融機関と提携しているため、主要な銀行はすべて網羅されている。

しかも、DMM FXは口座開設キャンペーンを開催中だ。口座開設+1回以上の取引で10,000円分のAmazonギフト券がもらえるお得なキャンペーンだ。

今回紹介した資金の移動法を駆使すれば、様々な金融機関のキャンペーンを活用することができる。例えば、500万円の資金があれば、3ヶ月定期預金(平均利率0.4%とする)を活用した場合、毎年2万円を得ることができる。

FX口座と住信SBIネット銀行を活用した振込手数料の節約法は、節約家には欠かせない方法だ。ぜひ活用してほしい。

↓DMM FXの新規口座開設キャンペーンはコチラから
DMM FXの口座開設で10,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中!

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ