出費がかさむ時期こそ節約術をフル活用しよう

1

出費がかさむ時期に散財してしまい、その後の資金繰りに苦労している方へ。

出費がかさむ時期は、大型連休となる「ゴールデンウィーク」「8月」「年末年始」です。この時期に周りと同じようにお金を使っていると、後々後悔することになります。

今回は、出費がかさむ時期にどのような節約術を実践するべきか、詳しく解説していきます。




出費がかさむ時期①「ゴールデンウィーク」

2

出費がかさむ時期として、ゴールデンウィークは散財が目立ちます。また、ゴールデンウィーク後には固定資産税や自動車税の支払いがあり、結婚式も増えるためゴールデンウィークにお金を使いすぎると後悔します。
 
 
・公共施設を活用する

市や国が運営している施設をフル活用しましょう。小さな子供がいる家庭は、子育て支援館などは他の家庭は帰省や旅行に行くため、平日に比べて人が少なく存分に遊ぶことができます。

また、子供が外出をしたいということであれば、市営プールや動物園に行きましょう。市営の施設は休日価格なども設定されておらず、お得に楽しむことができます。
 
 
・住宅展示場に行く

ゴールデンウィークには、住宅展示場で様々なイベントが実施されています。小さな子供がいる家庭では、ふわふわやスライダーのような遊具が登場しますし、プレゼント企画も多く実施されているので、最寄りの住宅展示場をチェックしてみてください。
 
 
・公園に行く

ゴールデンウィークは公園に行きやすい気候なので、天気が良い日はピクニックをしましょう。テントを持っていって外で食べるご飯は、家で食べるよりも開放感があって美味しいです。

 


出費がかさむ時期②「8月」

3

次に出費がかさむ時期は、お盆など連休のある8月です。8月は帰省や旅行も増えるシーズンなので、しっかりと対策しましょう。
 
 
・「みんなの優待」を活用する

「みんなの優待」は、レジャー施設やレストランなど全国120万件以上の特別優待が受けられる会員サービスです。

月額490円(税込)が発生しますが、優待内容は無料でもらえるクーポンよりも圧倒的にお得です。さらに、1ヶ月目は無料となっているのです。つまり、8月に入ったら入会して優待をフル活用し、8月末までに退会すれば一切お金は掛からないのです。

「みんなの優待」よりもお得なクーポンを発行しているケースはほぼ無いので、本当にオススメです。

↓「みんなの優待」については下記の記事をチェック!
みんなの優待の評判|1ヶ月目の無料はフル活用すべき!
 
 
・「スカイチケット」を活用する

飛行機で旅行や帰省をする場合、必ず活用してほしいのが「スカイチケット」です。

「スカイチケット」は、国内線13社・国際線400社以上の格安航空券を比較して、購入できるサイトです。JAL・ANA・スターフライヤー・各LCCなど、格安価格で買うことができます。

スカイチケットが安い理由は「株主優待」を活用しているからです。各航空会社では、株主優待を用意しており格安価格で乗ることができます。

この株主優待をスカイチケットが用意し、格安価格+手数料という形で運営しているため、通常価格よりも格安で乗れるのです。

↓「スカイチケット」については下記の記事をチェック!
スカイチケットの評判と口コミ|格安航空券の最安値がすぐに検索できる
 
 
・冷房費の節約を徹底する

夏はエアコンを使うため、電気代が最も高い時期となります。エアコンは使い方やカバーを設置することで、大きく電気量を減らすことができます。

↓「電気代の節約」については下記の記事をチェック!
電気代を劇的に節約する9つの方法まとめ

 

出費がかさむ時期③「年末年始」

4

次に出費がかさむ時期が「年末年始」です。年末年始はお年玉などの出費もあるため、注意が必要です。
 
 
・バーゲンに行くなら年末に行って、翌年に使う物を買う

年末年始には各施設でバーゲンが実施されます。しかし、年末年始のバーゲンは散財の原因になります。

年末年始のバーゲンでは、混み合う年始ではなく年末に行くことをオススメします。年始に向けて12月28日頃から商品が充実するので、12月30日〜31日は年始に比べて商品が揃っています。また、年末年始で同じ特典(全品20%OFFなど)を実施するケースが多いので、年末に行く方が良いのです。

また、残り少ない冬に着る服を買うのではなく、翌年にも使えるベーシックな物を選ぶようにしましょう。
 
 
・帰省する

年末年始は素直に帰省しましょう。交通費は掛かるものの、実家に帰れば食費や光熱費が掛かりません。
 
 
・暖房費の節約を徹底する

冬は暖房費が掛かってしまうので、電気代が高くなります。暖房グッズを活用するなど、可能な限り電気に頼るのはやめましょう。

↓「暖房費の節約」については下記の記事をチェック!
暖房費を圧倒的に節約する方法13選

 

まとめ

6

今回は、出費がかさむ時期の節約術を9つ紹介しました。

「ゴールデンウィーク」
・公共施設を活用する
・住宅展示場に行く
・公園に行く

「8月」
・みんなの優待を活用する
・スカイチケットを活用する
・冷房費の節約を徹底する

「年末年始」
・バーゲンに行くなら年末に行って、翌年に使う物を買う
・帰省する
・暖房費の節約を徹底する

この時期の出費を少なく乗り越えることができれば、家計が大きく改善します。ぜひ実践してみてください。