食費の目標はエンゲル係数から考える

食費の目標はエンゲル係数から考える「食費を節約したい!」と思っている方は、まずは全体の平均値を把握してみよう。

食費は安くすればいいという費用ではない。栄養バランスや満足感を考えずに、食べなければ食費は安くなる。しかし、結局は医療費などが高くつくだけで、全く意味がない。

そこで、まずは平均値を把握して、自分の家庭との金額差を知ろう。そして、食費の目標金額を設定し、1日当たりの金額を把握することで節約につながっていく。

3人家族の場合、食費の平均は68,000円となっている。消費支出の平均が296,000円のため、エンゲル係数(消費支出に対する食費の割合)は23.0%だ。平均よりも下を目指すのであれば、3人家族で月5万円が目安になる。

月50,000円ということは、1日当たり1,666円となる。1食500円が目安になるが、3人家族で1食500円というのは達成に努力が必要となる。

また、食費はエンゲル係数で考えるのは、その人によって適した食費は異なるためだ。エンゲル係数が25.0%を超えているのであれば、平均以上だと思ってほしい。目標値としては、エンゲル係数を20%程度にしよう。

エンゲル係数の他に、収入から目安を出す方法もある。消費支出を把握できていない方が参考にしてほしい。

一般的に食費は収入の15%以下が望ましいので、月の収入が30万円ならば4万5千円、40万円ならば6万円が目安となる。

まずは、現状で月にどれくらいの食費が掛かっているかを把握して、目標値を決めよう。




 

食費の節約術① 週に1〜2回でまとめ買いをする

食費の節約術① 週に1〜2回でまとめ買いをする食費の節約で第一歩として実践してほしいのが、「スーパーに行く頻度を減らす」ことだ。

3日に1回以上もスーパーに行く人は要注意だ。何となくスーパーに行くと、いらない物まで買ってしまう可能性が高い。

スーパーで月に4万円の買い物をすると目標を決め、月に4回スーパーに行くとする。この場合、1回あたり1万円が予算となる。この予算の中で、「肉・魚」「野菜」「調味料」「趣向品」など、ある程度の予算を決めておこう。

また、1週間分のレシピをある程度決めておき、冷蔵庫の中を見て買う物を事前にピックアップしておこう。何も考えずにスーパーに行くと無駄な物を買ってしまうが、事前に買う物を決めておくだけで無駄な物を買わなくなる。

 


食費の節約術② クレジットカードで購入する

食費の節約術② クレジットカードで購入する食費の節約をする上で、必ず現金ではなくクレジットカードで購入してほしい。

食費が月5万円とすると、年間で60万円も支払うことになる。現金で購入すると一切ポイントはもらえないが、ポイント還元率1.5%のクレジットカードで購入した場合、9,000円分のポイントがもらえる。

9,000円あれば、外食が2回程度できる金額だ。しかも、クレジットカードで決済をすれば、家計簿アプリと連携すると家計簿を付ける必要もなくなる。

↓家計簿アプリの詳細は下記の記事をチェック!
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

クレジットカードはサービスの改悪や募集の停止も多い。現在お得なクレジットカードは随時紹介していくので、しっかりと把握しておこう。

 

食費の節約術③ スーパーの特典を把握する

食費の節約術③ スーパーの特典を把握する各スーパーでは様々なキャンペーンを行っている。5%OFFの日や火曜市といったイベントは、把握しておくとお得な買い物ができる。

例えば、スーパーで大手のイオンでは、キャンペーンや株主優待を駆使するとかなりお得に買い物ができる。

↓イオンの買い物術は下記の記事をチェック!
イオンをお得に使いこなす12の知識|株主優待・クレジットカードなど

また、イトーヨーカドー・イオン・西友などが展開しているネットスーパーもオススメだ。ネットスーパーはある程度の金額を購入すれば送料は無料で、スーパーと同じ金額で購入できるからだ。

スーパーまでのガソリン代や袋に入れる作業も、すべてスーパー側になる。重い商品も玄関先まで運んでくれる。また、スーパーでは買いながら今いくら買っているのかが分からないが、ネットであれば今いくら買い物かごに入っているのかが分かるので、「この商品は次回に買おう」という選択もネットスーパーであれば可能だ。

自分の使っているスーパーをフル活用して、食費を節約しよう。